カテゴリー: 歯科関連

Next Page

医師の一日

単純に資格として考えた時、最も取得難易度が高いと言われているのが医師です。
医学部に合格するだけでもとてつもなく高いハードルを越えなければなりません。
ですが医学部に入学して終わりではありません。

入学からです

むしろそこからが本当の意味でのスタートです。
在学時には医学部入試以上の勉強に励まなければならず、一般的な大学生活とはまったく異なる生活を強いられるのです。
卒業するだけでもとても難しいのですが、国家試験に合格しなければならないのです。

まさに「勉強漬け」の日々を送らなければならないのですが、では医師はどのような一日を過ごしているのかと言えば、医師もまた様々なタイプがありますので、どのような医師なのかによってライフスタイルは大きく異なります。開業医であれば自分の自由です。自分の好きな時に診察時間を設ければ良いのです。
大学病院に勤務している場合、患者を診るだけではなく、研究、さらには医学部の学生に指導も行わなければならないケースも出てくるのです。
研究内容を論文にまとめたり、さらには学会もあります。

多忙な時間を過ごす事になりますので、プライベートの時間がほとんどないと嘆いている医師も珍しくありません。
勤務医の場合は勤務先の病院次第になります。
どのくらいの権限があるのかによって異なるのですが、どのような医師であっても大前提として、患者を診察するだけが仕事ではありません。

医学は常に進歩しますから、医師になったからといって勉強をしなくとも良い訳ではありません。
研究を行っているのであれば、睡眠時間を割いてでも研究を行い、自分自身で何かしら医学に発展したいと考える医師もいます。
このように、医師もまた、様々な一日を過ごしているのです。

更には医師と言っても様々です。
外科医、内科医、精神科医、産婦人科医。
もちろんこれだけではありません。

様々です

まだまだ細分化しているのですが、どのような生活かは医師によって大きく異なるのです。
例えば医師は医師でも地位の高い所まで上り詰めれば、患者を診察する事がほとんどなくなるケースもあるのです。

また、患者を診るよりも研究に没頭していたい理系気質の強い医師もいれば、患者を診察してこそ医師だと考えている医師もいます。
それぞれ哲学が異なれば、勤務体系やスタイルも変わってきます。
その点では医師ほど様々な一日を過ごしている職業はないかもしれません。

開業医であれば自分の好きな時に好きなように働く事が出来るようになるのです。
このような事が可能なのは、それだけ医学の世界が幅広いからです。
広い意味で考えた時、それらの行動は全て基本的に医学の発展に寄与している事になるといっても過言ではないのですから。

Categories: 歯科関連
保健師の一日

多くの人の健康を根底から支えるのが保健師です。保健師は国家資格になりますので、国家試験に合格する必要があります。
合格する事で保健師として働く事が出来るのですが、どのようなお仕事なのかと言えば健康増進、病気の予防。
これが主なお仕事になります。

医者との大きな違いは、医者は患者が健康であれば用はありません。
なぜなら、治療が主な仕事だからです。
反対に保健師は治療行為で患者の役に立つのではなく、予防が主な仕事になります。

予防と言う概念

いつまでも健康でいられるように、様々な指導を行うのですから、医師とは実はまったく目的が異なる存在になります。
保健師が働く場所としては産業保健師、学校保健師、行政保健師になります。
そのため、どの保健師なのかによって一日の過ごし方はまったくことなってくるのです。

行政保健師の場合、いわば公務員になります。
基本的にはここがメインと言っても良いでしょう。

地域の住民の健康保持のために住民からの相談を受けたり、自宅療養している住民を訪問するのもお仕事です。
また、公務員としてのお仕事もありますので、それらもこなさなければならないおかげで比較的忙しくなるのです。

保健師の違い

産業保健師の場合、医師や人事労務の担当者と連携して企業の従業員の管理を行います。
特に近年では企業は従業員を働かせるだけではなく、メンタル面のケアもとても重要視されていますので、産業保健師の存在もにわかにクローズアップされる事になっているのですが、この場合いわば民間企業に勤める事になりますので、どのような一日になるのかは勤め先によって大きく異なります。

行政保健師の場合は基本的に公務員扱いになりますから時間もきっちりしています。
ですが産業保健師の場合はあくまでも「企業に雇ってもらう」形になりますから、企業次第になるのです。
企業で健康面に不安を抱えている人が大勢いれば休む間もなく働かなければなりません。

最後の学校保健師は生徒と職員の健康管理を行います。
保健室の先生をイメージする人もいるかもしれませんが、厳密に言えば微妙に異なります。
また、保健師は「看護士免許」を有する事が義務付けられていますから看護士と保健師の両方の資格を持っている事になりますので、病院に勤務しつつ、患者の状況に合わせるケースもありますし、介護施設でのニーズも高まってきています。

メンタル面も含め、誰にとっても健康はとても大切なものです。
ましてや高齢者ともなってくると話し相手がいるだけで状況は大きく変わってくるのですから、知識だけ持っていれば良いのではなく、コミュニケーション能力も問われる事になるのです。
多くの人を安心させる事が仕事になるのですから、理屈や知識だけあれば良いのではないのです。

Categories: 歯科関連
歯科技工士の一日

近年、審美歯科がとても関心を持たれています。
歯並びにも気を付けたいと考えるようになった人が増えているのは、歯科技術が高まったおかげで矯正治療も手軽に行えるようになってきている現実があるからです。
そこで活躍してくれるのが歯科技工士です。

歯科技工士とは

歯科技工士とは、国家試験に合格する事で就く事が出来るお仕事で、歯に詰める物を作成するお仕事です。
ですが歯科技工士は患者の口に手を入れる事は出来ません。
そこは歯科医、歯科衛生士の領分です。

一方、詰め物等、いわゆる「歯科技工業務」を行う事が出来るのは歯科医と歯科技工士のみです。
歯科衛生士には出来ません。
ですが歯科医はそれ以外にもいろいろな事を行わなければならないため、技工業務は歯科技工士に任せるケースも多いのです。

小さい歯科医院ですと歯科医がすべて自分で行うケースもあるのですが、大きな歯科医院の場合、分業が徹底しているおかげで詰め物等の歯科技工業務はすべて歯科技工士に任せる所もあるのです。
では歯科技工士の一日はといえば、基本的には詰め物を作る事になります。
依頼があったら作る。

これになります。患者と触れ合う事はなく、場所も様々です。
例えば独自の技工所を持っている人もいれば、歯科医院に努める形で歯科技工士として活躍している人もいます。
また、稀ではありますが自分自身で営業して仕事を取っている歯科技工士もいます。

そのような歯科技工士の場合、さすがにずっと技工業務ばかり行っている訳にはいきません。
営業活動も行わなければならないのです。
技術職ではありますが、あくまでも患者の要望があってこそのものです。

患者のために

勝手に作って販売するのではなく、患者に合った詰め物を作成しなければならないのですから作り置きしておく事など出来ません。
患者によって求められる事がまったく異なります。つまり、働いている場所によってまったく状況は異なってきます。評判の歯科医院に努めている場合、ひっきりなしに詰め物を作る環境になります。
ですが独自に行っている場合は、評判を呼ぶようになれば様々な歯科医院から依頼が来るかもしれませんが、逆に仕事が全然来ないケースも考えられるのです。

雇われているか、あるいは自分だけで行っているのかによってかなり違いが出てきますが、その分報酬は違います。
特に歯は固く、伸縮性のあるものではありません。

伸び縮みする特性があれば多少サイズが違う物であっても強引に装着させる事が出来るかもしれませんが、歯は伸縮性がありませんので、少しでもサイズが異なればどうする事も出来ないのです。
そのため、仕事では正確性が問われます。
患者の歯の状態に合っていない詰め物を作った所で意味がありませんし、歯科医側としてもそのような歯科技工士には依頼したくないでしょう。

Categories: 歯科関連
歯科衛生士の一日

歯科医院には大きく分けて三つのスタッフがいます。
歯科医、歯科衛生士、歯科助手です。
歯科医はいわば一番の責任者になります。

法律的にもすべての治療が許されていますので、歯科医の技術によって治療の質も変わってくるのですが、では歯科衛生士とはどのようなお仕事なのかと言うと、主に分類するとなると「予防処置」「診療補助」「保健指導」になります。
また、歯科助手とは異なり国家資格となります。

国家資格です

そのため、歯科助手のように誰もが簡単になる事が出来る訳ではありません。
国家試験に合格してこそですので、主に専門学校の卒業生が多いです。

では歯科衛生士はどのような一日を過ごすのかと言えば、大半が歯科医院に務めている形になりますので、その日の患者次第になります。
例えばですが、歯科医しか出来ない施術ばかりが入っている場合は一日助手として歯科医をサポートする事になりますが、歯科衛生士だけでも十分に可能な治療ばかりであれば、歯科医に任せきりにされる事もあります。

特に歯科衛生士は歯石除去を担当する事が多いのです。
歯石除去は歯科衛生士でも行えるのですが、歯科医からするとそこまで高度な技術を求められている訳ではありません。
そのため、歯科衛生士の力量アップ、経験のために任せる事が多いのです。

歯科医としてもそこで余計なエネルギーを割くのではなく、歯科衛生士では出来ないような高度な治療にこそ自分のエネルギーを集中させたいという思いがあるのです。
つまりは歯科衛生士の一日は患者次第になるのです。
極端な例ではありますが、仮に務めている歯科医に患者がこなければ、一日何もする事はありません。

様々なスタイル

患者を待ちながら時間を潰す事になりますが、人の絶えない評判の歯科医院ともなれば休む暇もなく、常に患者と向き合ったり歯科医のサポートを行ったりしなければならないのですから、どこに務めるのかによって事情は大きく異なってくるのです。
お給料等、待遇も大きく変わってきますので、歯科衛生士はどこで働くのかによって仕事はもちろんですが、歯科衛生士としての将来、さらにはライフスタイルそのものまで多くく変わってくるのです。
そのため、どの歯科医院が良いのかくらいは調べておくべきです。

特に歯科医院は増加傾向にあります。
いつだかお話したように、歯は一生モノです。誰もが出来ればいつまでも自分の歯でいたいと思うものです。
つまりは需要がそれなりにあるのです。

他の病院の場合、人が健康であれば医師の出番はありません。
ですが歯に関してはどうしても歯科医の出番が出てきます。
そのような独特の事情のおかげで歯科医院は増加傾向にありますので、どの歯科医院で働くのかによって歯科衛生士としての生活はまったく違うのです。

Categories: 歯科関連
歯科助手

歯科医院に行くと歯医者がいろいろと口の中を見てくれていると思っていたのに、気付いたら違う人が自分の口の中であれこれしている。
そのようなケースもあるのですが、それは歯科助手が代わりに行ってくれているケースです。

治療区分がありますので、歯石除去程度であれば歯科衛生士でも行う事が出来るのです。
ですが歯科助手の場合、歯科医の脇について助手として道具を出したりバキュームを持っていたりすることになります。
歯科助手のお仕事はいわば「歯科医のサポート」になりますので、歯科医院によって仕事内容はかなり異なります。

サポートです

歯科医次第になりますので、積極的に患者の前に立ってもらう歯科医院もあれば、あくまでも助手という立場を弁えたものでしかない所もあります。
特に歯科助手は資格が必要な存在ではありません。専門学校もありますが、専門学校を卒病しなければ歯科助手として働けない訳ではありません。
歯科医院に行くと、稀に歯科助手のアルバイト募集がありますが資格制度ではありませんので、誰でも働く事が出来ます。

ですが専門的な知識はそれなりに必要になってきます。
患者と対面するケースはもちろんですが、歯科医のサポートを行うのですから、正しい知識がなければサポートを行う事は出来ません。
これが実はとても難しい事なのです。

なぜなら、先にお話ししたように歯科助手は資格制度ではありません。
「歯科助手」という資格はなく、誰もがすぐにでもなれる仕事です。
その分、人によって差が出るのです。

個人差が顕著です

中には歯科医に匹敵するかのような歯科治療の知識を持っている歯科助手もいるかもしれませんし、ほとんど何もしらないものの、助手として気が利く事から重宝されている歯科助手もいるかもしれません。
歯科医院で研修を行い、歯科助手の知識を高めてくれるような所もあれば、独自に勉強しなければならない所もあります。
独自に勉強しなければならないとなると、勤務時間以外で頑張らなければならないのですからなかなか簡単な事ではありません。

ですが歯科助手として働き続けるためには歯科治療の知識がなければ歯科助手として役に立つ事が難しいのです。
資格制度であれば、資格取得する事で「資格分の知識を持っている人」になるのですが、資格制度ではないだけに、個人差が出やすいのです。
また、働く側としても全員が全員一流の歯科助手を目指している訳ではありません。

専門学校等を出て歯科助手としてもっともっとスキルアップしていきたいと思っている歯科助手もいれば、単純に家から近いからパートで働いている歯科助手もいます。
その点では「歯科助手」という言葉はとても幅広いものがあるのです。
この点こそ、歯科助手の最大の特徴なのかもしれません。

Categories: 歯科関連
歯学研究者

歯科の世界の進化は発展が目覚ましいものですが、その発展を影から支えていると言っても過言ではないのが歯学研究者になります。
どのようなお仕事なのかと言えば、言葉からも分かるように歯科に関する研究になります。
研究者ではありますが、基本的には歯医者です。

国家試験に合格し、歯医者として患者と向き合ううちに歯学研究者の道も見えてくるものです。
歯科医でもない人間がいきなり歯学研究者になろうと思っても難しいのです。歯科業界は実は物凄く進化が目覚ましい業界でもあります。

かつての歯科治療と言えば虫歯や差し歯、入れ歯。
歯石除去程度で、稀に矯正治療があるくらいでした。
ですが近年ではインプラントやホワイトニングといったように、審美歯科の観点からのものも増えているのです。

これらは技術がなければ行う事が出来ない歯科治療ですが、初めから行われていたものではありません。
歯学研究者たちの努力があればこそのものなのです。
また、まだまだ様々な形で研究が進んでいるのです。

歯の寿命

これには様々な理由があるのですが、歯は永久歯になったら永久に付き合っていかなければならないものです。
人間の体は案外便利に出来ているもので、自然治癒う能力があります。
怪我をすれば改善に向かっていくものですし、髪の毛や爪のように勝手に伸びていくものもあります。

睡眠や急速、栄養補給によって体は何をするでもなくとも健康を保つ事が出来るのです。
ですが歯だけは別です。
歯に関しては自然治癒能力がありませんので、例えば風邪気味だなと思った時は病院に行くでもなく、とりあえず安静にしておくだけでも案外体調が持ち直すケースも珍しくありません。

ですが歯に関してはどれだけ放置していても改善する事はありません。
むしろ悪化していくだけでしかないものなのです。
出来ればいつまでも自分自身の歯でいたい。

いつまでも自分の歯

そのように思うのはなんらおかしな話ではありません。
また、自分自身の歯ではなくなってしまうとしても、自分自身の歯のような感覚でいたいと思う人もいるでしょうし、歯並びが悪いからなんとかしたいと考えている人もいます。
このように、歯に対しての思いは人それぞれです。

自分自身の力だけではどうする事も出来ないような事もあるのですから、歯科医に頼るしかありません。
その際、患者を助けてられる技術があるかどうか。

それは歯学研究者たちの力にかかっていると言っても過言ではないのです。
歯科医と比べると身近な存在ではない分、どうしても遠い存在のように思えてしまう人もいるかもしれませんが、むしろ歯学研究者たちの研究から生まれた技術を歯科医が我々に提供してくれているのですから、我々の歯の健康を陰から支えてきてくれた存在なのです。

Categories: 歯科関連
歯列矯正とは

歯科矯正という言葉を耳にしたことがある方も多いと思いますが、歯科矯正とは歯並びを綺麗にする治療が一般的です。
見た目ももちろん綺麗になるのですが、かみ合わせや発音、全身の健康にも良い影響を与える治療として近年更に注目を集めています。
ここでは、歯科矯正について記述していきたいと思います。

歯科矯正を受けるメリット

歯並びの悪さにコンプレックスを感じている方の中には、それが原因で仕事に行くのが嫌になってしまったり、交友関係に悪影響を与えることもあります。
人によっては非常に深刻な悩みとなっていることも多く、歯並びの悪さが与える影響は意外にも大きいと言えるのです。

歯科矯正を受けることで綺麗な歯並びを手に入れることが可能となり、明るく前向きになれる可能性がある、というのは大きなメリットと言えるでしょう。
また、歯並びを良くすることで噛み合わせが良くなり、ブラッシングの効果も高くなるというメリットもあります。

また、歯並びの悪さを気にして人前であまり話すことができなかった、大きな口を開けて笑うことができなかったという方も、歯科矯正治療を受けることによりこうした悩みからも解消されるのではないでしょうか。

歯科矯正の方法

歯科矯正にはいくつかの方法があり、患者の希望で選ぶことができます。
もちろん、歯科医師が最も効果のあると考えられる治療法を提言してくれるとは思いますが、基本的には患者自身が選ぶことができます。

ワイヤー矯正は最も一般的に知られた矯正方法で、歯の表面にワイヤー装置を取り付けて歯の矯正を行います。
一番実績のある方法としても知られており、効果も高い方法として認知度も高いです。

高い効果を得ることができるというメリットがある反面、矯正装置が見えてしまうというデメリットもあります。
口を開けると異様な状態が他人に見られてしまうため、それを嫌ってワイヤー矯正に踏み切れない方は少なくありません。

矯正装置を周りから見られるのが嫌だ、という方はマウスピース矯正がお勧めです。
また、クイック矯正や舌側矯正といった方法も矯正装置が見えない方法ですから、仕事の都合などでワイヤー矯正を受けることができない、という方にはお勧めの方法となります。

また、歯科矯正は時間を掛けて行うものですが、あまり時間を掛けることができないという方もいるでしょう。
そうした方にはインプラント矯正、クイック矯正、ダイレクトボンディング法といった矯正が有効的です。

歯科矯正治療に携わることで、歯並びにコンプレックスを持つ方の悩みを解消することができます。
現在では歯科矯正やホワイトニングを専門に行う審美歯科も多いですから、歯科業界に興味のある方は検討してみるのも良いでしょう。

Categories: 歯科関連
人気ホワイトニング

歯を白く綺麗にしたい、という方に有効な施術がホワイトニングです。
女優やモデルといった芸能人の多くが行うことでも知られていますが、現在では一般の方も当たり前のようにホワイトニングを受けているのが現状です。
ここでは、ホワイトニングを受けたいという方のために、お勧めの審美歯科クリニックをご紹介したいと思います。

ティースアート

ティースアートは、日本初のホワイトニング専門サロンとして知名度も高いため、知っている方も多いのではないでしょうか。
15年という長い実績を持っており、信頼性の高いホワイトニングサロンとして知られています。

メニューも8種類と豊富ですし、どの程度の白さにするかといった希望も出すことができます。
銀座や新宿、渋谷、日比谷、自由ヶ丘に施設があり、ブライトスマイルと呼ばれるコースはインターネット上の口コミでも高い評価を受けています。

コースには、ズームホワイトニングやルマホワイトニング、マイルドホワイトニング、パワーブリーチといった施術が設定されています。

口コミでは、先生やスタッフが親切で緊張せずに施術を受けることができた、エステ感覚で通うことができるホワイトニングサロン、効果が長続きする、といった声が多く聞かれます。

ワイズデンタルキュア

女優やモデルといった芸能人からも多大な支持を得ている審美歯科クリニックがワイズデンタルキュアです。
ホワイトニングの施術が高い評価を受けていますが、セラミック治療も好評となっています。

人気のコースはプリンセスホワイトニングと呼ばれるコースで、特殊光を用いたクリニックでの治療とホームケアがセットとなった大変お得なコースとなっています。

また、他にもシンデレラホワイトニングやマーメイドホワイトニングといったコースが設定されており、お値打ちな価格で治療を受けることができます。

インターネット上の口コミを見てみると、モデルが通っているクリニックなので安心して治療を受けることができる、平日は夜22時まで営業しているから助かる、自宅でのケアを合わせればより効果を持続させることができる、といった声が多く聞かれます。

また、この他にも首都圏に18の施設を持つ大型クリニック、ハピュア、女性スタッフのみのクリニックで様々なファッション誌でも紹介されるほどの実績を持つフランシュールといったホワイトニングサロンも高い人気を誇っています。

歯が綺麗だと笑顔がより美しくなりますし、性格もより明るく前向きになれるのではないでしょうか。
また、こうしたホワイトニングサロン、クリニックで働くことによって多くの方に喜んでもらうこともできますよね。
ホワイトニングを受けたい方、ホワイトニングサロンで働きたい方は参考にしてみてください。

Categories: 歯科関連
麻酔の方法

歯医者に一度も行ったことがないという方は少ないと思いますが、歯科治療の中では頻繁に麻酔が用いられることはご存じだと思います。
麻酔をせずに治療を行うと強い痛みが生じてしまい、治療に支障がでるばかりか患者の体に負担が掛かってしまうため、歯科治療では麻酔が行われるのです。
ここでは、歯科治療で行われる麻酔について記述していきたいと思います。

表面麻酔法

歯科治療で行われる麻酔は基本的に局所麻酔となります。
時に部分麻酔と呼ばれることもあるこの麻酔ですが、局所麻酔言ってもいくつかの方法に分かれています。

表面麻酔法とは、麻酔薬を歯茎に塗布することで感覚を麻痺させる麻酔法です。
歯科治療で行われる麻酔は注射で行われるもの、と認識している方が多いと思いますが、注射による麻酔はそれ自体に痛みが生じるため、表面麻酔法が用いられるのです。

表面麻酔法を施すことによって麻酔注射による痛みを軽減し、患者の体に掛かる負担を下げます。
実際にどうするかというと、麻酔薬をしみこませたガーゼやコットンロールを使い、歯肉に塗った麻酔が流れないように抑え、麻酔を効かせます。

軽い痛みが生じる歯石クリーニング、乳歯の抜歯といった施術にも用いられることが多いです。

浸潤麻酔法

さきほど説明した表面麻酔法は歯肉に直接麻酔薬を塗布することで麻酔を行う方法です。
しかし、あくまで表面から浸透させるという方法のため、強い痛みが生じる治療にはこの麻酔だけでは不十分です。

そこで用いられるのが浸潤麻酔法と呼ばれる麻酔です。
この麻酔が、一般的によく知られる歯科治療における麻酔となり、専用の注射器を用いて麻酔が行われます。
痛みをとり除きたい部位の歯肉に直接注射し、治療における痛みを和らげるのです。

浸潤麻酔の注射を経験したことがあるという方は多いと思いますが、浸潤麻酔はそれ自体が痛みを生じることが多く、殆どの患者から嫌われている麻酔でもあります。
しかし、前述した表面麻酔と合わせて行うことで痛みを軽減することが可能となります。

また、近年では先の細い注射針が用いられたり、麻酔薬の温度を調整することで以前に比べると随分痛みを和らげることに成功しています。
ピストルのような形をした電動注射器も少ない痛みで麻酔を行うことが可能です。

このように、現在ではいかに痛くない麻酔を行うか、ということに歯科業界全体で力を入れていますから、安心して治療を受けることができるようになりました。

歯科治療において麻酔は非常に重要な施術で、絶対的に必要となりますが、やはり患者の体に掛かる負担を少しでも少なくする必要があります。
現在でもより痛くない麻酔が研究されていますから、いつの日が全く痛みのない麻酔法が誕生するかもしれません。

Categories: 歯科関連
資格の色々

歯科関連でもっとも有名な資格といえばやはり国家資格である歯科医師資格ではないでしょうか。
歯科医師としての業務に携わるには絶対的に必要となる資格であるし、この資格があれば歯に関わる全ての治療に携わることが可能となります。
また、歯科関連の資格には歯科医師資格以外にも様々なものが存在します。
ここでは、歯科に関わる資格について記述していきたいと思います。

歯科衛生士

歯の治療は歯科医師だけでも可能ではありますが、実際の業務においては歯科衛生士のサポートが必要不可欠となります。
病院でいえば看護師と同等の存在である歯科衛生士は人気の職業でもありますし、高い専門知識と技術を兼ね備えた専門職となります。

歯科衛生士の資格は厚生労働大臣によって認定を受けることができる国家資格です。
この資格を取得することで、歯科医師の指示を受けながら歯科予防処置、歯科診療補助といった業務に携わることが可能となります。

歯科衛生士資格を取得するには養成学校で所定のカリキュラムを受ける必要があり、カリキュラムを終了することによって受験の資格が与えられます。
試験は1年に一度行われ、毎年3月に実施されています。

歯科治療において必要不可欠な歯科衛生士として働くための資格は現在でも高い人気を誇っています。

歯科技工士

歯科治療を受けたことがある方ならご存じだと思いますが、歯の治療によっては詰め物をしたり、矯正装置を取り付けたりすることがあります。
虫歯になってしまった箇所に、加工物を詰めて貰ったという方は多いのではないでしょうか。

こうした充填物や加工物、また矯正装置の作成や修理、加工を行うのが歯科技工士です。
歯科治療の現場において歯科衛生士、歯科医師と共に必要不可欠な存在である歯科技工士は、患者の口に直接触れて治療を行うということはできませんが、高い専門技術で歯科医師の治療をサポートすることが業務となります。

大学や短大、または専門学校で所定のカリキュラムを終了することで歯科技工士免許の試験資格が与えられます。
実際の試験では、しっかりとした知識を身に付けているかどうかを確認する学説試験と、技術をチェックする技術審査、すなわち実地試験が行われます。

歯科技工士の資格試験も歯科衛生士試験と同様、1年に一度実施されており、2月中旬から3月中旬にかけて各都道府県ごとに行われます。

ここに取り上げたのは国家資格のみですが、この他にも歯科助手や歯科助手検定、認定歯科助手、歯科メディカルクラークなど、様々な民間資格もあります。
国家資格を取得することで実際の治療に携わることが可能となりますが、国家資格以外の資格でも歯科業界で働ける可能性は大いに広がるでしょう。

Categories: 歯科関連