カテゴリー: 歯科関連

Previous Page

歯科技工士とは?

歯科技工士は、歯科医師の指示に従って、歯科治療や、最近では審美歯科治療のために
必要なさし歯や金冠、入れ歯や矯正装置などを製作したり、修理を行っています。
医師の指示といっても、その治療の目的とニーズ、および患者さんの歯型やレントゲン写真などが
与えられるだけで、実際に、そのニーズを満たし、患者さんの歯にピタリと合って、
かみ合わせの良い見た目にも、咀嚼にも優れた義歯等が作成できるかは、
歯科技工士のスキルと経験に関わっているといえます。
歯科医師にとって、患者さんの歯にピタリと合う歯を作成してくれる歯科技工士は、
良きパートナーであり、歯科医院の専属にと依頼されるケースが多くなります。

ですから、常に最新の技術を学び続け、応用や工夫をこらし、自身のスキルを磨き、
経験を積んでいくことは、歯科技工士にとって、とても大切なことになります。
また、患者さんに喜んでもらう、違和感のない、自然の歯と同等の機能を果たしてくれる歯を作成するには、
歯科医師や歯科衛生士との円滑なコミュニケーションをとることも重要になります。
歯科技工士になるには、歯科技工士養成機関において所定の課程を修了することが必要です。
歯科技工士を養成する学校は現在、全国に55校ほどあり、高校卒業以上の者が入学することができます。
その多くは専門・専修学校ですが、短期大学や4年制大学もあります。
所定の養成機関を卒業見込みの者は、厚生労働大臣が定める歯科技工士国家試験を受験できます。
知識を問う「学説試験」とスキルを審査する「実地試験」で構成されており、
毎年1回試験が実施されています。

試験に合格すると、都道府県知事の公示により合格証書が発行されます。
合格証書と免許申請のための書類を住所地の保健所に届け出て、歯科技工士名簿に登録が行われると、
厚生労働大臣による歯科技工士免許を取得できるという流れになっています。

免許を取得して、歯科技工士として活躍する場は以下のような場所です。
歯科医院に専属の歯科技工士として勤務することができます。
歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士が医師を筆頭にチームを組んで、患者さんの治療に当たります。
歯型の作成や実際にできた物を合わせる場面に立ち会うことができ、
患者さんに一番近い場所で自分の力を発揮できる職場といえます。

また、歯学部附属病院や歯科を設置している総合病院やなど大きな病院では、
歯科技工室が設けられ、そこに配属されて仕事をすることもあります。
病院の場合、歯の治療や審美的な治療がメインの歯科診療所とは違い、
口腔の病気や大きな事故による歯の欠損など、特殊な処置が必要な患者さんも多く、
求められる技術もより高度になることが考えられます。
その分、様々な症例に接することができ、自分の経験やスキルを高めることが可能です。
歯科医院よりも、歯科技工所で働く歯科技工士の数は多いかもしれません。
歯科医院によっては、規模や経営的にあらゆる人材を確保することは難しく、
医師と歯科衛生士のみで、歯科技工は外注というケースが多いからです。

歯科医院や病院からの発注を受けて、指示された物を仕上げ納品を行います。
歯科技工所によっては、各歯科医院や病院の担当を決めて、医師からの要請があれば、
直接、患者さんの治療に立ち会ったり、直接、納品を行う場合などもあります。
また、歯科技工所を経て、独立開業して、歯科医院などからの請負をする起業家、歯科技工士もいます。
中には、これまでにない審美歯科治療のための新たな製品を開発するなど、
創意工夫をこらし、時代のニーズを先取りしていく強者もいます。
歯科器材や材料メーカーなどに勤務して、歯科器材や材料の研究開発に携わる仕事もあります。

Categories: 歯科関連
歯科医師の様々な情報について

歯科医師といえば、世の中にはたくさんあります。
まずは歯科医師になるためには歯科大学あるいは大学の歯学部を6年修了し、
卒業し、国家試験に合格することで資格が得られます。
これは昔から変わっていないようです。

そこで、実際に歯科医師がどのような仕事を行っているかというと、
一番の仕事は患者さんの歯の治療です。
これには様々な技量が必要になりますが、僕の家では父親が歯科医師なので、昔からよく見ています。
まずは手先が器用であることが求められます。
歯科医師の仕事は非常に細かい作業があります。
ましてや相手が人間の体なので失敗は許されません。
これが一番の問題だと思います。
その中で確実な治療をやっていくので大変なのではないかと思います。
それに歯科医療も日々進歩しており、最近ではインプラントも確立されてきたので、
これの活用もさかんになっていると思います。

そうしたインプラントをやっていくには
専用の手術室が必要であったり、それなりの設備も必要になってきます。
そういったことをクリアした上で歯科医療は行われています。
こういった歯科医療はこれからもどんんどん進歩していくと思うので、
僕自身もそれにはもっと注目していきたいと思っています。
このように、歯科医師の仕事は日々難しい問題が出ています。
それに最近は歯科医師が過剰になっているので、競争相手が多く、
なかなか収入を得るのも難しくなっているようです。

こういう問題については共存共栄も大切だと思います。
もちろん、昔と違って虫歯患者が減っていることはありますが、それは歯科医師の指導により、
歯へのケアの意識が高まっていることはあるのではないかと思っています。
こういった努力をし、健康な人達を増やしていくことも必要だと思います。
歯科医師については様々な情報がありますが、
これから歯科医師を目指している方はまずは歯科医師に体験談をきくのも良いと思います。

その上で自分の気持ちが変わらないのであれば、挑戦してみるのが良いと思っています。
これからも歯科医師の志願者は増えていくと思いますが、より質の高い医療を求められていると思うので、
そこについてしっかりと頑張ってもらいたいと思っています。
歯科医師はこの世の中には必要な医師ですが、その役割はますます重要になっていくと思います。
特にインプラントはこれからは入れ歯に代わっていくと思うので、治療費の面などまだまだ解決しなければ
ならない問題は多いと思いますが、少しずつ進歩していくことが必要なのではないかと思っています。
僕自身ももっとこういった世の中の問題を考えることで歯科医療に関心を持つことが
できるのではないかと思っています。

こういった努力をしていくことで、歯科医療の様々な情報が得られるのではないかと思っています。
歯科医師は儲かるという時代は終わっていると思います。
これからはいかに腕を磨いていくかということになるので、それだけ厳しいと思います。
歯科医の求人探しは歯科医の専門求人サイトが便利なので利用しましょう。

Categories: 歯科関連
歯科衛生士の仕事について

歯科衛生士と聞いてまず思い浮かぶのは歯医者さんです。
ネガティブなイメージをもちやすい歯医者さんですが、治療中に優しく声をかけてくれたり、
丁寧に説明をしてくれたりと緊張を和らげてくれる存在が歯科衛生士です。
この歯科衛生士さんがいるといないのでは治療の進み具合や、患者さんの精神状態も大きく左右します。

では、歯科衛生士とはどんな仕事でしょうか。
まず資格の取り方から説明します。
専門学校に通って専門的な知識を学びます。
実習で実際の診療所で経験を積んで卒業の後国家試験に合格すると歯科衛生士の資格を習得できます。
卒業の後の進路は大半が歯科医院です。

歯科衛生士の主な仕事は、予防歯科、歯科診療補助、歯科保健指導などです。
予防歯科は歯磨きの仕方を指導したり、
歯周病の予防の為に歯石の除去を行ったり、歯にフッ素を塗ります。
虫歯や、歯周病になる前に予防を呼びかけます。
歯科診療補助は歯科医が治療中にそばに立ち器具の受け渡しや
患者さんのケアなど治療のサポートをします。
また使用する器具の準備や、使用済みの器具の滅菌消毒も仕事の一つです。
患者さんの口に直接触れる物なので清潔がとても重要です。
歯科保健指導は主に小学校、中学校などで行う歯ブラシ指導の仕事です。
子供のうちから歯ブラシの習慣をしっかり付けておくと虫歯のリスクが少なくなるので、
分かりやすく、親しみやすく指導できることがポイントになります。

その他にも歯科医院の中で発生するさまざまな雑務もあります。
歯科衛生士に今後求められる事は、高齢者への対応です。
近年少子高齢化が進んでおり、高齢者の一人暮らしが増えてきました。
その中で寝たきりの方や、自分で歯ブラシがうまくできず、
口の中の衛生が保てない状態のかたも多くいます。

そのような方を対象にした在宅診療があります。
在宅診療で歯科衛生士が求められる事は口の中の衛生を保ち清潔にしてあげる事です。
口の中が汚いと雑菌を飲み込む事になりかねず、病気を呼ぶ事もあります。
口の中を清潔に保てれば、入れ歯の調整ができたりと次の治療に入る事ができるので、
この口内環境を整えてあげる事がとても重要になってきます。
歯科衛生士の仕事は日々患者さんとの触れ合いの仕事なので、とてもやりがいを感じる事ができます。
スキルアップの為に個人病院や、総合病院に転職するのも良い経験になると思います。
個人病院の良い所は地域のつながりが強いのでなじみの患者さんのお世話ができます。
また、受付、治療、掃除など一日の中で様々な仕事を分担して
やって行くので一日の中でめりはりができます。

総合病院は比較的重度の患者さんが治療に来院するので、外科手術など、
の治療に携わる事ができ、歯科衛生士としてのスキルが上がります。
様々な症例も見る事ができます。
自分にあった歯科医院を選ぶ事でモチベーションをあげる事が
できるのでいろんな特徴の医院を探してみてください。
歯科衛生士の専門求人サイトで探すと見つかりやすいと思います。
ぜひ活用しましょう。
自分の個性を生かせる医院を見つけられると良いですね。

Categories: 歯科関連