カテゴリー: 看護・医師関連

Previous Page · Next Page

メディカルクラーク

メディカルクラークとは医療事務技能審査試験に合格する事で名乗れるものです。
いつかお話したように、医療事務は誰でもなれるものです。
一人前にこなすためにはそれ相応の知識が必要なものではあるのですが、医療事務になるための資格はありません。

つまり、医療事務を募集している所に応募する事は誰でも出来るのです。
医療事務の専門学校や通信教育を行ってくれている教育施設もありますが、それらは国家資格のように試験を最終目的としているのではなく、知識を深める事を目的にしています。
つまり、ベテランの医療事務も新人の医療事務も経験値は異なれど、同じ「医療事務」である事には違いないのです。

医療事務の中で

医療事務従事者からすると、それまでどれだけ頑張って来ても、資格を必要とする訳ではないですから何も知らない新人さんがやってきて、全然出来が悪いのに自分と同じように仕事をしている事に対してあまり良い気持ちにならない人もいるかもしれませんが、そのような人たちにとってメディカルクラークはありがたいものでもあるのです。
メディカルクラークは医療事務のスキルがどれくらいあるのかを問われるのです。
レセプト業務や窓口対応、カルテ管理等、医療事務で求められる能力を持っている事を証明する資格でもあるのです。

2級と1級があるのですが、メディカルクラークの資格を保持しているのであれば、医療事務をしっかりとこなす事が出来る証明でもあるのです。
自分自身がどれくらいの事が出来るのかを判断してもらう材料になるのですし、雇う側としてもメディカルクラークを持っていれば「ある程度はやってくれる」と計算が立ちます。
先にもお話したように、医療事務は誰もがなれるものです。

選べるのです

医療事務のスタッフに欠員が出たがために募集をかける。
これはおかしな事ではありませんが、どのような医療事務のスキルを持った人間が来てくれるのかは未知数です。
ましてや明確な資格等がある訳ではありませんから、永らく医療事務に従事していた人が来る可能性もあれば、これから医療事務の道に進みたいと考えている、その時点では医療事務の知識をほとんど持っていない人間がやってくる可能性もあるのです。

ですが「メディカルクラーク募集」とすれば、医療事務がどのようなものなのか分かっている人間がやってくるのですから不安もありません。
医療事務に努めている人間としても目標にする事が出来ますし、アイデンティティにもなります。

2級に関しては平均合格率はおよそ6割程度で、1級はさらに難易度が高いのですが、難易度が高いからこそ取得する価値があるのです。
このように、メディカルクラークは医療事務スタッフには目標として、雇う側としては一つの指標となってくれる事なのです。

Categories: 看護・医師関連
ICDコーディング

医療の世界は医師と看護師だけで成り立っていると思ったら大きな間違いなのです。
医師や看護師は患者の前に出るお仕事ですから多くの方がご存知の事かと思いますが、病院内には医師と看護師だけがいる訳ではないのです。
むしろ他にも様々なスタッフがいるのです。

ICDコーディングもその一人です。
直接患者と触れ合う訳ではありませんから、名前さえ知らない、名前程度は知っているけど何をする人なのかはよく分からない人も多いのではないでしょうか。
ICDコーディングとは、簡単に言えば病気のデータベースの整理整頓になります。

医療は日本だけで行われているものではありません。
世界中で必要とされているものです。
そのため、国際的に病気を分類しているのです。

国際的なものです

ICDは「国際室病分類」の略でもあるのです。
正確には、「International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems」の頭文字を取って「ICDコーディング」となっているのですが、とても大切なお仕事でもあります。
なぜなら、医療の世界は日々進化しているとはよく言われていますが、一部の研究者達だけで進化させているものではありません。

患者あってこそなのです。
マウスの実験だけで医療が進化している訳ではありません。

病院に訪れる患者は、言い方は悪いかもしれませんが今後を担うデータにもなってくれるのです。
そのため、どのような診療を行ったのかは医療スタッフとしてしっかりと記録しておく事が求められるのです。
症例はデータの一つなのです。

データベースです

これを症例毎にしっかりとデータベース化しておこうというのがICDコーディングなのです。
これにより、例えば研究の際にも役立ちますし、同じような症状の患者が来た時に以前はどのような治療を行ったのか。

回復に向かったのはどのような理由なのかが分かるのです。
そしてデータが多ければ多い程、医療も役立つのですからデータを整理しておく事はとても大切なのです。

欲しいと思ったデータを探すのに時間をかけていては合理的ではありません。
データ整理さえしておけば短時間で済む事が、整理されていないがために長時間かかるようでは本末転倒です。

ICDコーディングはデータベースを整理するためのお仕事なのですが、大きな病院ともなると患者数も多いですからとても大変です。
ですが自分自身の仕事によって医療をより効率よく行う事が出来るようになりますので、責任重大なお仕事とも言えるのです。
どのような世界に於いてもデータ整理はとても大切ですが、医療の世界は医療の進化そのものもかかっているのです。

Categories: 看護・医師関連
医療管理秘書士

医療管理秘書士は、どのような職業なのかといえば、医療秘書書士の上級になります。
医療秘書士の資格を試験で合格して入手する事で医療管理秘書士の資格申請を行う事が出来るようになるのです。
ではこれらの職業がどのようなお仕事なのかと言えば、病院で受付を行ったり、病院長や診療部長、医部長等、ちょっとした役職にある人間の事務的処理を行う事で、管理する人間が余計な事を考えずに医療に携わる事が出来るようにするものです。

医療の世界における秘書と考えて良いかと思うのですが、医師もとても忙しいものです。
患者の診察だけではなく、学会や研究も行わなければならないですし、講演会、医大勤務であれば学生の指導も行わなければなりません。
また、自分の近隣だけで仕事がある訳ではありません。

スケジューリングです

例えば学会が遠くであれば当たり前ですが会場まで出向かなければならないのですから移動方法も確保しなければならないのです。
これらをすべて一人で管理しようと思ったら医療どころではありません。
それらをすべて管理した上で患者の診察まで行うとなると、何が何やら分からないような状況になってしまうケースとて決して珍しい話ではありません。
そこで活躍してくれるのが医療管理秘書士です。

医療管理秘書士が出来る事は医療管理秘書士が行えば良いのです。
会場までの足の確保やスケジュールの管理。

医師が自らで行うとなると、そもそも時間の工面さえ簡単ではありません。
安請け合いしたものの、他の用事とバッティングしてしまっているともなれば自分自身の信用性の問題にさえ発展しかねません。

医師として集中するために

ですが医療管理秘書士がしっかりとスケジュール管理を行えば、そのような事もありません。
医師は目の前の事だけに集中すれば良いのですから、より高いパフォーマンスを発揮する事が出来るようになるのです。

これがとても大切な部分なのです。
医師も人間です。

余計な事ばかりに気を取られていては肝心な部分に対してパフォーマンスが落ちてしまう事にもなりかねません。
移動手段を調べたり手配していたら寝不足になってしまって、本来の領分である医療行為に支障をきたしてしまうようでは意味がありません。

そのような事にならないためにも、医療管理秘書士が裏方として活躍するのです。
秘書としてどれだけスケジュール管理を行う事が出来るのかによって、医師のパフォーマンスや信頼性まで変わってくるのですから決して疎かには出来ないお仕事でもあるのです。

医療関係者くらいしかその名前を知らないかもしれませんが、医師が余計な事に気を使わなくてよいようにするためのお仕事です。
その点では感覚で仕事をこなすのではなく、きっちりとしたものが求められるのです。

Categories: 看護・医師関連
医療情報技師

医療情報技師がどのようなものなのかは、まだまだあまり知られていないかもしれません。
その理由として、医療情報技師は2003年に開始された民間資格です。
医療関係の仕事は国家資格のものが多いですから、民間資格のものはあまりありません。

医師はもちろんですが、看護士、放射線診療技師等、基本的に国家資格になりますので誰もがすぐになれるような職業ではありません。
強いて挙げれば医療事務が資格を必要としないものですが、基本的には何かしらの国家資格が求められるのが医療の現場です。

民間資格です

ですが医療情報技師は民間資格になります。
ではどのような事を行うのかといえば、病院の情報システムの開発や保守、運営。

これらが主な業務となるのです。
近年、「IT化」とも称されているように、様々な所でインターネットを用いたシステム作りが行われています。
データベースを共有する事で合理的なお仕事が行えるようになったり、それまででは考えられないような利便性のあるシステムが生まれたりしているのですが、医療の世界とて例外ではありません。

患者の情報や治療方針等、様々な事を共有する事で医療に携わるスタッフがより連携する事が出来るようになりますし、分かりやすい医療を行う事が出来るようになっています。
ですがそれらシステムは導入すれば良いだけではありません。

運用が大切です

導入してしっかりと運用しなければならないのです。
そこで活躍してくれるのが医療情報技師なのです。

医療の世界の情報技術を駆使するスペシャリスト、それが医療情報技師です。
年に一度、マークシート式での試験になります。

情報処理技術系、医学医療系、医療情報システム系の三科目の受験になるのですが、情報技術だけではなく、かといって医療の知識だけではなく、両方が求められます。
ちなみに合格率は3割程度と決して高くはありません。
その理由として、合格判定基準が公表されていません。

ですが難易度そのものは決してそこまで高いものではなく、基本情報技術者の試験よりも簡単だろうと言われています。
ですがあくまでも民間資格になりますので、この資格を取得する事で必ず独占稼業に就ける訳ではありません。
実際、この資格を取得していないものの、病院のプログラムやシステムを担当している人もいますので、あくまでも自分の力量を問うものと考えるくらいが良いのかもしれません。

それでも資格を持つ事で自分自身のアピールになるのはもちろんですが、自分自身のモチベーションにもなります。
取得のための勉強で得た知識が仕事で役立つかもしれないのですから、取得して無駄になるような事はありません。
ですが、決して必ず持っていなければならない訳ではありませんので、判断は各々次第ですね。

Categories: 看護・医師関連
医療事務

医療は決して医師だけで行うものではありません。
医師がいなければ成り立たないものではありますが、医師だけでも成り立たないのも事実です。

医師だけではなく、看護士も必要ですし、近年では医療チームを組む事で、様々なジャンルの人材を集めて治療にあたるケースもあります。
診療放射線検査技師や薬剤師といったように、直接患者と関わるではないにせよ、必要とされる存在も多々あるのですが、医療を根底の部分から支えているのが医療事務と言っても良いかもしれません。
医療事務のお仕事は医療を受けた患者に対して記録を付けたり会計業務を行ったりします。

治療面で医師と患者の架け橋となってくれるのが看護士ですが、医療事務もまた、同じような役割を担っているのです。
特に会計面では医療事務のスタッフがいろいろと計算したり請求する事になりますので、医療に於いてとても大切な存在である事には間違いありません。
ですが医療事務は資格がなければ就けないお仕事ではありません。

医療事務で働ける人

極端な話、誰もがすぐにでも医療事務として働く事は出来ます。
ですが、働く事が出来てもやはりそれなりに専門的な知識は必要になってきます。
特に医療は保険との兼ね合いもあります。

それらの知識がなければ務まるものではありませんので、それ相応の知識が求められてきます。
専門学校で勉強してから就職するケースもあれば、通信教育等で独自に取得してパートで働いている主婦もいます。
医療事務はいわば病院の数だけ求められる存在ですし、医師や看護師がそのような業務を行うとなると患者への診療が疎かになってしまいます。

医療における分業という点では医療事務はとてもありがたい存在でもあるのです。
また、医療事務は将来性があります。
なぜなら、この世から医療がなくなる事はまず考えられません。

これからのニーズ

更には少子高齢化も進んでいますので、医療事務のニーズはこれから更に高まっていく事が予想されているのです。どの業種も人材不足が顕著です。
外国人労働者に頼る事も出来ますが、医療事務の場合は医療用語も飛び交いますから、なかなか簡単にはいきません。
また、医療事務はコミュニケーション能力も問われます。

患者にとっては医療費だけではなく、どのような治療なのか。
どれくらい治療期間がかかるのか。

医師や看護師ではなく、医療事務のスタッフしか分かっていないような事もありますので、患者を納得させたり安心させたりと、ただ会計業務を行えば良いだけではないのです。
患者の事もしっかりと考慮しなければならないのは、ただの会計業務ではなく、医療事務が医療スタッフの一員でもあるからです。
医療は医師と看護師が診察するだけのものではなく、様々な角度から行われているものなのです。

Categories: 看護・医師関連
診療放射線検査技師

いきなり「診療放射線検査技師」と言われても一体それが何を意味しているものなのかよく分からない人も多いかと思いますが、診療放射線検査技師は簡単に言えばレントゲンやCT、MRI等を撮影するお仕事です。
それらの総称として「診療放射線」という言葉が用いられているのですが、そもそもいわゆるレントゲンやCTは、医師、歯科医、そして診療放射線検査技師だけに許されている事なのです。
近年の歯医者ではレントゲンを撮る事も珍しくないのですが、資格の有用性から考えると決しておかしな事ではないのです。

むしろ当然と言っても良いのですが、歯科医であればそれをもとに治療方針を決めるのですが、医師の場合にはいろいろな事を行わなければなりません。
さすがに患者一人に付きっ切りと言う訳にはいきませんから、レントゲンやCTは診療放射線検査技師に任せるケースが多いのです。
これらを用いる事で体の中を見る事が出来ます。

現代医療と放射線

外見からだけでは判断する事が出来ない体の中を確認する事が出来ますので、現代医療に於いてとても大切な役割を担っている職業になるのですが、診療放射線検査技師は誰もが就けるお仕事ではありません。
国家資格になりますので、国家試験に合格しなければならないのですが、そのためには診療放射線検査技師養成課程のある大学や専門学校を卒業する事で受験資格を得る事が出来ます。
学校の方では座学よりもむしろ技術を身につけるための実習がとても多いのが特徴です。

医療の進化はとても目覚ましいものですが、体の中をと思ったらどうしても診療放射線に頼らざるを得ません。
胃カメラのように、体の中を見る事が出来るカメラもありますが、それらはあくまでもカメラを中に入れる事が出来る部位しか確認出来ません。
その点診療放射線は体の隅々まで調べる事が出来ますので、ガン治療等、なくてはならないものでもあるのです。

女性の需要

一方、女性の診療放射線検査技師の需要も高まりつつあります。
これはやはり乳がんの影響です。
女性にとって乳がんは女性特有のもので、誰もが無関係とは言えない症状かと思うのですが、チェックする際、やはり男性の診療放射線検査技師ではあまり良い気はしないものです。

そのため、女性の診療放射線検査技師が求められているのです。
近年ではがん細胞を破壊するための放射線治療も担当するようになっていますので、様々な形で活躍が見込めるお仕事となっています。

特に医療の進化のおかげで、ガン以外はほとんどが治療出来るようになってきています。
ですがまだまだガンはなぜ発症するのかさえ分かっていないのですから、ガン治療のための設備や診療放射線検査技師の存在はこれからますます重宝される事でしょう。

Categories: 看護・医師関連
獣医師になるには

獣医師として働く前に

医療は、内科、外科、皮膚科など部門別に分けられた医師と人間に属さない動物の治療を司る獣医師に分別されます。
両方とも国家資格を設定しており、資格をるために大学に進学して専門課程を終了することを前提とします。

医師や獣医師は、深い知識と柔軟な知恵な養成する学習を重ねるために国公立または私立の大学を最低6年間通います。
勉強の忙しからか、他学部の学生に比べて学業に比重を置くの割合が大きくなり、大学生ならではのサークル活動やアルバイトする時間などが削られてしまうのはは避けられない状態となります。

医学部や獣医学部は、臨床実験や生態観察に参加することがあり研究の基礎を学ぶ時間を大幅に費やしていきます。
獣医学部は、献体された動物を解剖して勉強する時間が設けられます。

初期の頃は、身の毛が走り見るに忍びない学生も沢山います。
しかし、1年2年と続けることで自主的に場慣れする学生が毎年いますから身構えて恐れることはありません。

獣医師と医師

医師との比較で、治療の矛先が人間から動物に変化しただけと短くまとめられてしまいますが、対象の違いが職業の色を際立ってを判別させています。

そもそも、獣医師と医師を別々にする意味があるかという素朴な疑問が湧きますが、人間とその他動物の生態を知っていくと根本的な構造の違いに気づかされて2つに分ける意味を納得します。
処方薬レベルの話をしますと、人体に効く薬剤は動物には無効であるのが平常です。

逆の見地から、動物に使う薬剤が人体には不適切ということもあります。
治療法に統一性がなくなってくると学ぶべきスキルが限度量を超えてしまい、職業の段階から2つの専門家を育てる意味がでてきます。

医療業界を牽引する医師と獣医師は、専門の医学を扱う2種類の流派に枝分かれした唯一性のある職業と考えるのが公式な見解です。
獣医師は、求人不足に悩まされ若手の発掘に追われています。

改革としては、獣医学部に進む学生を増やすことで国家資格を得る有資格者をつくり、次の担い手を生み出そうとするきっかけができるかが課題となります。

獣医師になるためには?

医療業界は内科、外科、皮膚科などを中心とした医師と動物の治療に専念する獣医師に別れます。
どちらも国家資格を必須としており、資格を取得するまでに専門課程で学習することになります。

医師や獣医師は、専門的な勉学を重ねるために国公立や私立の大学に6年間通います。
他学部の学生より学業が忙しくなるのは必然的であり、サークル活動やアルバイトをする時間が少なくなるのは覚悟しなければなりません。

特に、医学部や獣医学部は臨床実験に立ち会うことが度々あり、生態についての分析を深く追求していきます。
獣医学部は、動物の体を解剖して研究する時間があります。

最初は、慣れずに吐き気を催す学生もいます。
ただ、数をこなすことで自然に克服する学生が多くいますから、執拗に心配することはありません。

人材不足

動物に効く薬剤が人体には無効ということもあり、治療法を検討する上で基礎レベルから各々の学問を構築する必要がありました。

医療を引っ張る医師と獣医師の両方は、生命の救済を目指す目的では共通しても違うベクトルで治療する職業と分けて考察するのが一般的な見方です。
獣医師については、人手不足で次世代のホープが十分育っていないのが突きつけられた問題とされています。

獣医学部に入る学生が増えて有資格者を輩出していけば、人材不足を解消して求人が活発になります。

Categories: 看護・医師関連
獣医師の一日

獣医師のスケジュール

獣医師は、早朝から深夜まで手一杯働くのが当たり前となる仕事です。
医療に携わる人々に課された激務をこなすハードスケジュールは、獣医師にも求められており医師とあまり変わらない忙しさです。

敢えて嬉しい面を挙げるとするならば、人間の患者ほど動物の患者が往来するペースは激しくないので、合間の休みを取る時間を確保しやすいという優位点があります。
業務の大半は、疾患や怪我を負った動物の治療を施す仕事です。

治療を行う動物は人間以外の種族全般であり、哺乳類であったり爬虫類であったり鳥類だったりと1つに限定されません。
沢山の生物を見なければいけないという点では、人体のみを診断する医師より苦労する部分がでてきます。

動物全般の生態についての深い知識を持っているのが前提となりますし、患った動物の病気と具体的な治療法を正確に判断していかなければなりません。
例えば、人間とは別の哺乳類を診るとしても犬や猫などそれぞれ違った薬剤や手術を選択する必要性が生まれます。

種族の生態を見抜いて、スムーズな診断が重要視されます。

病気の進行具合によっては、既に回復の見込みのない動物が現れることがあります。

飼い主に病状を丁寧に説明して精神的なフォローをするのは、獣医師として働く者の責務となります。

獣医師の過ごし方

獣医師は、朝昼晩といつでも仕事に入れる体制を整えておく仕事と言えるでしょう。
激務の度合いを指摘するならば、医療に関わる医師と変化ないくらいとみなすのが適当です。

患者数の多さを含めれると、人間の患者より動物の患者の方が減少してしまうので、多少は余裕を持った仕事が獣医師になるとできると想定されます。

獣医師の基本的な業務は、怪我や疾患によって苦しめられている動物を回復させることです。
治療を受け持つのは人間以外の動物全般であり、種族に限定されず哺乳類であったり爬虫類であったり鳥類だったりと、運ばれてくる動物は何か予想がつきません。
守備範囲が拡大するという意味では、人体に決まっている医師より辛い部分もあります。

求められるスキルとしてはあらゆる種族の生態を学習することになりますし、通院した動物によりベストな治療を施していかなければなりません。
同じ哺乳類を治すにしても人間、犬、猫などでは三者三様それぞれの身体的機能に準じた治療法が存在します。

獣医師は動物の性質を知り、病気に先行する手を尽くしていくのが必然的となります。
動物の抵抗力の強さによって、攻めに入るか守りを固めるかを選択していくことになります。

完治する可能性を計算するのも獣医師の大事な責務であり、飼い主のアフターフォローまで気遣ってこそ立派な獣医師であると言えるでしょう。

Categories: 看護・医師関連
獣医師とは

獣医師の職業

獣医学は、通称動物の医師と呼ばれる職業です。
治療の対象が、人間から動物に変わっただけと端的に考えてしまいますが、この変化が職種の差別化を明確にしています。

何故、獣医師と医師を区別する必要があるかといえば、人間とその他動物の生態が全くというほど異なるからです。
人体に効く処方薬であっても、動物には無効であるものがあります。

また、動物に効く薬剤が人体には適用外ということもあります。
治療法に明らかな違いがでてくると、それぞれのスペシャリストを養成する必要がでてきます。

医療業界に属する医師と獣医師は、専門の医学を志す分野であっても独立した職業と考えるのが世間での見方です。
獣医師については、働き手が少なく志願者の増加が課題とされています。

今後、獣医学部に進学する学生が増えて国家資格を取得する人材に恵まれていけば求人状況は変わってきます。

<h3>獣医師として働く</h3>
獣医師は、朝から夜まで働きづめとなる仕事です。
激務の程度で比較するならば、医師とあまり変わらないと判断するのが妥当です。

しかし、人間の患者より動物の患者の方が少ないので、余暇を取る時間は獣医師の方が断然に多くなります。
基本業務は、言うまでもなく動物の治療です。

対象となるのは人間以外の動物であり、哺乳類であったり爬虫類であったり鳥類だったりします。
範囲が広いという意味では、人体を診る医師より苦労する面があります。

各種の生態について詳しい知識が求められますし、病気を患った動物に適切な処置を施していかなければなりません。
哺乳類だけに限定してみても人間、犬、猫などでは各々に合った適切な治療の仕方があります。

獣医師は種族の特徴を見極め、迅速な診断が必然的となります。
また、動物は抵抗力に欠ける種類がおり既に手遅れということがあります。

病気の完治の見込みを判断するのは、獣医師にとってはなくてはならない技量です。

獣医師の資格

国家資格を取得すべちき点では共通しており、働き始めるまでには取得までの勉強をしなければなりません。

医師や獣医師は、他の職業よりも勉学に費やす時間が長いと指摘されます。
大学に行って6年間の専門課程を通過して、晴れて資格を取れれば医師や獣医師の入り口に立てます。

大学通学時は自由な活動が許されていても、ゼミなどの参加で制限されてしまうのは仕方ありませんし、勉学が中心になるのは医師や獣医師を目指す上での通過点と考えれば納得いくでしょう。

獣医学部に限ってみても追求する課題は山のようにあり、寝る時間が惜しくなります。
臨床実験の回数は2桁3桁となっていき、生態についての分析は日夜問わず深く追求していきます。
学生の最初の難関となる解剖の時間もあります。

初めての解剖は、慣れずに目を背けてしまう学生もいます。
しかし、回数を重ねることで自ずと耐性をつける学生が沢山いますから、過剰に気にすることはありません。

Categories: 看護・医師関連
精神保健について

うつ病患者が増えています

近年、うつ病などの精神疾患に罹患する人が増えています。
生まれつき何らかの事情で精神に障害がある方だけでなく、家庭環境や職場環境でのストレスから精神疾患を患う方が多いのです。

幼児虐待やいじめなどに起因する登校拒否や引きこもりなど、子供時代から始まり、社会に出て仕事の頑張りすぎや仕事での挫折、人間関係が上手くいかない等の事情からうつ病を患うことがあります。

精神病院に通院したり入院する患者の割合のなかでも、働き盛りの30代から40代が最も多く、次いで50代の責任ある世代や20代の若者と続きます。
ストレス社会の現代生活だけでなく、最近では高齢化社会という日本が抱える問題も影響しており、高齢者においても老人性うつ病を発症する人が多いです。

身体能力の低下や配偶者や兄弟姉妹、友人などの死がきっかけで喪失感を味わい、気持ちが沈んで何事もできなくなってしまうという症状です。

精神保健福祉

このように現在、精神疾患の患者数は国内で300万人を超えており、2011年7月には厚生労働省がガンや脳卒中、心筋梗塞と糖尿病の四大成人病に、精神疾患を加えた五大疾病への対応を急務とする方針を掲げています。
その一端を担うのが精神保健福祉の分野です。

精神保健福祉においては、メンタルヘルスクリニックや精神病院などでの専門家による治療のほか、精神保健福祉士やソーシャルワーカーと呼ばれる専門職や、心理カウンセラーなどによる本人および家族へのサポートが重要になります。

これらの専門家は薬物療法や入院によるケアなどを通じて治療を行うほか、機能訓練や心理カウンセリングなどを実施し、元の日常生活に戻れるようサポートしたり、職場復帰や社会復帰をサポートしています。

精神疾患のサポート

もっとも、精神疾患が治癒するまでには長い時間を要することも少なくありません。
治療にはクリニックでの診察費用や入院費用など、多額の医療費も必要になります。
精神保健福祉においては、精神障害者認定や手帳の発行により、障害者年金の支給を行ったり、自治体ごとに医療費の助成制度などを設けてサポートを行っています。

精神保健福祉の分野では、このように精神疾患に罹患した方を支えることも大切ですが、精神疾患にならないための予防活動や、精神疾患や精神障害に関する理解を深めるための啓蒙活動、家族や職場の人へのサポートも大切です。

特殊な病気ではなく、誰もがなる可能性を秘めたものであることを理解してもらうなど、リーフレットの作成やセミナーなども実施しています。

Categories: 看護・医師関連