カテゴリー: 療養・薬剤関連

Previous Page · Next Page

心理職とは

心理職とは、福祉厚生、教育、司法、産業などの分野において、
心理学の専門知識を活用することを求められる職業と、
その仕事をしている人のことを指しています。

医療分野でのこの職業に属する資格には、
臨床心理士、精神保健福祉士、認定カウンセラーなどです。

これらの人々は、精神科や心療内科、小児科、神経科、精神保健センターなどで活躍しています。

医療現場で働く心理職には、
子供から高齢者までの幅広い世代の相談に応じられることが必要です。

さらに彼らには、カウンセリングの技能はもちろん、医学的知識も求められています。

心療内科や精神科で働く場合、医師と共同で心理テストなどを行うこともあるのです。

学校に勤務する場合は保健室でのカウンセリングも担当することがあります。

教育現場で活躍できる心理職の資格には、
教育カウンセラー、スクールカウンセラー、交流分析士、家族相談士、キャリアカウンセラーなどがあります。

なお、教育現場で心理カウンセラーの仕事に従事するためには、
臨床心理士の資格を取得することが必要不可欠です。

しかし地域によっては、資格がなくとも大学院で心理学を専攻し、
2年以上臨床経験を積んでいればスクールカウンセラーとして働くことができる、
と定めているところもあります。

教育現場で心理職として働く場合、
小中学校に設けられている相談室などで生徒のさまざまな相談に応じたり、
保護者のカウンセリングを行ったりすることになります。

ここでは、学業や進路などの相談に応じるというケースが多いです。

相談内容によっては保護者、児童相談所、家庭裁判所などと連携しながら
問題解決にあたることもあります。

臨床心理士、応用心理士、認定心理士、認定カウンセラーの資格を持つ人は、
司法の分野での心理職として活躍できます。

彼らは家庭裁判所、少年鑑別所、少年院、刑務所でカウンセリングや
支援を行う仕事に携わっているのです。

司法分野の心理職の人たちは、相談者が問題を起こしたその背景や
心理、家庭環境などを見極めつつ、社会復帰したときに
また問題を起こすことのないように努めなければなりません。

こういったことから、彼らには豊富な犯罪心理学の知識や深い洞察力などが求められています。

心理職には、産業カウンセラー、心理相談員など、
産業の分野で活躍できる職種もあります。

産業分野の心理職は、企業の人事部などで
すでに働いている人がその資格を取得している場合が多いです。

彼らには企業の従業員が心の病で倒れてしまうことのないように、
その早期発見や予防につとめるという役割があります。

Categories: 療養・薬剤関連
失ってしまった手足とその心を支えてくれる専門職義肢装具士

全ての生き物には生活を欠かせないあるものがありますが、その代表格と言えるのが手と足です。

この手の役割というのはその骨格のいたるところに柔らかい関節があることで
柔軟に動かすことが出来て、それによって物をつかんだり握ったりして道具を使うことができます。

そして脚の役割というのは手と同じくその骨格のいたるところに
柔らかい関節があることで柔軟な動きができるのですが、
それ以上に体のあらゆる重心が一点にかかるので筋肉が付きそれによって
円滑に足を運ぶことで歩行が可能となります。

この2つがなければ好きな場所に移動もできず、
そして物をつかんだり握ったりできなくては食べ物を食べたり寒い時に服を着たりなどが
できないので日常生活に大きな支障が出る以上に命に大きくかかわる
大切な個所と言っても過言ではないのです。

しかしそんな手も足が五体満足であり続けることができるかと言えば、
この日常生活のその個人の運に大きくかかわってくると言えますよね。

それにおいて仮に手と足が無くなる原因とは何であるのかをあげると、
その個人が野外活動をしているときに何らかの事故によって
失われる可能性とそして人の大きな病気の種類の一つに骨髄腫と呼ばれる
骨にできる癌などが原因によってそれを除去するために失われる可能性があるなどです。

しかし現在はそういった不慮の事故や病気で手足が無くなった時に、
その代わりとなるものを付けることで日常生活においてかかる負担を
軽減する技術を専門に扱う人がいてそれが今回のテーマである義肢装具士と呼ばれる人なのです。

この義肢装具士とは何であるのかというと、先に言った不慮の事故や病気で手足が無くなった時に、
医師の処方の下にその代わりとなるものをである義肢及び装具の装着部位を
その人に合わせて大きさと形を作りそして製作したそれをその失った人の
身体へ合わせることを行う専門職の人の事を言います。

そしてこの義肢装具士の最大の特徴というのはその手や足を失ってしまった人というのは
心に大きな傷がありいざこの義肢を取り付ける覚悟を持ったとしても、
その傷によって心に大きな負担がかかっているのです。

その心の負担を義肢を取り付ける最終工程である装着の時に、
その作った義肢の説明をしながらその義肢を取り付ける時にかかる
心の負担を軽減させることがこの専門職の真骨頂と言えます。

先にも言いましたが手足が健全に動く状態で生涯を終えることのできる確率は
その個人の生活にも寄りますが、その失われる確率も大きいと言えますね。

もし仮に失ってしまったときには無理をせずにその痛んだ心と体を前面に押し出して、
その負担を軽減する可能性の一つとしてこの義肢装具士を頼ってほしいです。

Categories: 療養・薬剤関連
言語聴覚士とは

人間と言うのは、言葉を話すことによって意思伝達ができるようになるので、
言葉を話す、伝えるというのは人間にとって非常に重要な役割を担っています。

しかしその言葉をうまく伝える事ができない、言語コミュニケーションをとることが出来ない方もいらっしゃいます。
そのような方たちに対して、言葉によるコミュニケーションがなくてもうまく生活を送っていけるように支えて行くお仕事が
言語聴覚士のお仕事です。

小さい子どもの言語の発達の遅延や、聴覚障害そして脳梗塞や脳卒中などによる失語症、病気により
声帯を切除したために言葉を発する事が出来なくなった場合、
うまく食べ物を飲み込む事ができない嚥下障害などによって生じるものが多いです。

言語聴覚士としてはその症状のメカニズムを解明していき、今後の対策について検討するために検査や評価を実施して、
もし必要性があれば訓練や指導などを行っていきます。
つまりリハビリテーション医療を行っているのです。

これらのお仕事は医師や看護師、理学療法士や作業療法士、介護福祉士やケースワーカー、教師などと連携をとって行われていきます。
彼らはつまり医療機関、福祉施設、保健施設、教育機関などの多岐にわたり活動を行っており、90年代後半に国家資格として扱われ、
その資格保有者は年々増加傾向にあります。

実際に失語症になった方が、うまく周りとコミュニケーションが取れずに悩んでいたのですが、
言語聴覚士のいる施設に通うようになったことによって言葉を少しずつ取り戻せるようになったという事があるのです。
こう言った、言語について悩んでいる方にいち早く苦がなく生活できるように奉仕するのがこの言語聴覚士の役割なのです。

ちなみに言語聴覚士の資格は比較的新しいものですが、資格保有者は前述のように増えているものの、
リハビリを必要としている方に対して人数はまだまだ少ない現状があります。

実はこの資格について、聞いた事はあるけれども実際にどのような事をしているのかについて
具体的にあまり浸透していないのも原因の一つかもしれません。
もっと言語聴覚士というお仕事が周りに認められ、必要性を感じられるようになるよう、
更にメディアなどで特集を組んだり、若い方を中心に伝えていかなければならないのではないでしょうか。

超高齢化社会を迎えた今、言語障害で悩まれる方も増えていますので、是非今後たくさんの有資格者が増える事を願いたいものです。

Categories: 療養・薬剤関連
第4のガン治療について

現在のがん治療というのは大きく分類すると外科手術、放射線療法、化学療法の3つがあります。
それぞれにメリットがあるもののデメリットもあるのです。
そのため、メリットを生かしながらデメリットを最小限にするために、外科手術・放射線療法・化学療法の3つの組み合わせをすることも多いようです。
どれも高度医療とされ高額な医療費がかかりますが、国民保険が適応されているため、全額負担する必要はありません。
その3つのガン治療は医療技術の発達とともに効果・安全性・患者の負担軽減など大きく発展してきました。
しかし、その3つの外科手術・放射線療法・化学療法だけでは、ガン治療で限界があるものです。
そこで医療の発展は外科手術・放射線療法・化学療法の3つだけでなく、現在第4のガン治療を確立するために研究が進められているのです。
最新の治療法で期待されているものに免疫療法が挙げられるでしょう。
もともと、ガン細胞というのは自分自身の細胞でしたが、遺伝子の一部が傷ついたことによって暴走を起こしたものなのです。
その細胞の暴走が転移することによって、人体の至るところで悪影響を与えて、放置し続けていると最後は死に陥ってしまいます。
しかし、本来体内には体に害を及ぼすものを排除するシステムが本来備わってします。
その代表と言えるのが免疫でしょう。
この免疫というのは体外から侵入してきた異物を無害化させ分解させてしまう能力があります。
そこで重要となるのが異物かどうかを判別することです。
異物を認識する方法として、自己・非自己があります。
自己か非自己であるかを分別することで、自分自身にダメージを与えないようにするためです。
その非自己のものにだけ攻撃するように免疫システムは作られているのです。
でも、先ほど述べたようにガン細胞は元々自分の細胞だったのです。
そのため、通常の免疫システムではガン細胞を攻撃することはありません。
免疫療法とは、免疫システムにガン細胞を非自己だと認識させる治療法なのです。
そうすることで、免疫システムがガン細胞を攻撃し分解してくれるのです。
この免疫療法ではガン細胞だけを攻撃して他の正常細胞にはダメージを与えません。
さらに治療では注射のみなので大掛かりな手術を必要とせず、患者への負担がほとんどないのです。
確実にガン細胞を減らし、患者の負担が少ないと多くの業界から注目されています。
まだ研究段階ですが、あと数年で技術が確立されて国民保険で適応されると言われています。
さらに研究が進められてより精度があがり、多くの人々に利用されるようになれば、より安くより安全にガン治療で効果を得ることが出来るようになるでしょう。
第4のガン治療としてのこの免疫療法に他の外科手術・放射線療法・化学療法と組み合わせることで、さらにガンを克服させる確率が高まり、患者への負担も激減すると思います。
多くのガン患者を救うためにも、一刻も早く免疫療法を確立して利用しやすい環境が整うことを願うばかりです。

Categories: 療養・薬剤関連
臨床検査技師にまつわる諸情報をご紹介します

身体の調子がどうもおかしくて少し身体の内部に痛みも感じるのだけれども、
専門知識がないためにネットで調べてみても何だかわからなくなって、
それで病院に行って、内科で診察を受ける、という時、
内科医の診察後に、検査をしてよく調べましょう、と言われる時があります。

検査は別室で行なわれることが多いので、内科医は検査室に一報を入れておいて、
そして看護師さんに連れられて検査室に行き、白衣の人に検査をしてもらうというわけなのです。
この検査室にいる白衣の人を、臨床検査技師というのだそうです。
いままで、私は検査も医師が行なうものだと思っていましたので、
臨床検査技師という特別の国家資格をもった人が検査だけを行なっているということは知りませんでした。

なんでも、かつては医師が検査も請け負っていた時代があったわけですが、
検査技法が複雑化、専門化してきたため、検査専門の技師を国家資格として認定し、
医療機関での検査業務にあてるということになったのだそうです。

臨床検査技師でネット検索してみると、医師もしくは歯科医師の指示で、病理検査を含む様々な
生理学的検査を行なう技師ととして、国家資格者として業務に就いているということがわかりました。

つまり、医師もしくは歯科医師が指示しなければ、
検査を勝手にするということはできないということになっているそうです。
臨床という文字が付いているため、臨床検査技師は医療現場においてしか、
生理学的検査をすることができないわけでして、その理由としては、勝手に自分の判断で
検査をするということは、患者の命にもかかわってくるということがあるからだそうです。

検査といっても、方法や手順をミスすれば重大な結果を招くこともありますから、
その点はしっかりと、医師または歯科医師の指示がなければ検査できない、と定められています。
臨床検査技師国家試験の受験資格を取得するには、臨床検査に関わる教育課程が設定された3年制短期大学、
3,4年制専門学校、4年制大学などを修業あるいは卒業することで
受験資格が得られることになっているのです。

臨床検査技師の仕事および、国家試験に関するより詳しい情報を知りたい場合には、
解説しているサイトがありますので、そちらを参考にしてもらうとよいのではないかと思うので、
URLを紹介しておきます。

http://www.eonet.ne.jp/~hidarite/mt.html

紹介した解説サイトは、臨床検査技師国家試験の受験に際して、
受験問題にどのように取り組むかなどに関してもいろいろとアドバイスが書いてありますので、
臨床検査技師国家試験を受験しようとしている人にとっては、役に立つのではないかと思い増す。

臨床検査技師の就業場所は、病院をはじめとして保健所や衛生研究所、健診センターなどでして、
医師が常駐している場所には検査のために臨床検査技師も常駐していることが多いのだそうです。
いまや医療現場には欠かせない存在であるので、人気も高い職業なのだと言われているのです。

Categories: 療養・薬剤関連
鍼灸師(しんきゅうし) について

みなさんは、きゆう師にご興味があるでしょうか。
そこで、きゆう師についての情報をご紹介させていただきます。
こちらの参考は、13歳のハローワークというサイトです。
13歳のハローワークのサイトからの検索できゆう師については、
鍼灸師(しんきゅうし) やあん摩マッサージ指圧師があるようです。

まず鍼灸師(しんきゅうし) については、はり師ときゅう師のことを指します。
この鍼灸師(しんきゅうし) というのは、東洋医学ということで
日本でも古くから取り入れられている療法で、世界からも注目を集めているといいます。

こちらの職務内容は、東洋医学のことを
いい細い針をツボに刺してみたりや薬草の艾(モグサ)などを使った民間療法になるのです。
この鍼灸師(しんきゅうし) というのは、医療、
また開業するというどちらかのスタイルになっているんですよ。

鍼灸師(しんきゅうし) の資格については、専門のスクールなどへ通うという方法があります。
例えば13歳のハローワークから鍼灸師(しんきゅうし) にまつわることで
おすすめしているのがマイナビ進学のサイトです。

こちらのサイトでは、多種多様な専門のスクールがお探ししていただけるようになっています。
例えば鍼灸師(しんきゅうし) でのおすすめに大阪府は東洋医療専門学校があります。
東洋医療専門学校については、ゼロからのスタートでも3年でプロの知識が身に付くと言うのです。
こちらのスクールは、最寄りの駅が新大阪駅ということもありオープンキャンパスへの参加にも
超便利でして、お笑い芸人のプリンセス金魚さんも体験入学をされています。

鍼灸師(しんきゅうし) ということを目的にするのなら、
このような専門のスクールへ通って充実のセミナーを体験してみるというのも良い方法でしょう。
実際東洋医療専門学校については、手技療法からスポーツや美容、
さらにアロマや漢方など多彩なセミナーを開催していますので、
鍼灸師(しんきゅうし) で活躍するための幅広い知識が身に付けられます。

鍼灸師(しんきゅうし) について上記で記していますけど、
なんといっても自分で開業という道があるのは魅力ではないでしょうか。
また鍼灸師(しんきゅうし) であったなら、人を癒すということも実現するという、
そんなことも魅力になっています。

さらに鍼灸師(しんきゅうし) ということで、美容はエステティシャンであったりや
アロマテラピーのような資格も取得してみると幅広く活かせることがあるでしょう。
13歳のハローワークのサイトでは、きゆう師についての本やDVDなどのおすすめも紹介されています。
またサイトでは、漢方コーディネーターであったりやタイ古式セラピスト、タラソセラピストや
ボディケアセラピスト、リアルなインタビューのコーナーもございますので、専門スクールの検索と
併せてご興味をお持ちの方はぜひぜひ13歳のハローワークのサイトをご活用なさってください。

Categories: 療養・薬剤関連
管理栄養士って!?

以前は、栄養士資格のみ有し、管理栄養士資格を持つ人は稀でしたが、社会的なニーズと、
より幅広く実践的な栄養指導などのニーズの高まりを受け、管理栄養士を目指す人が増えています。
管理栄養士になると就業先は多岐にわたり、活躍の場が増え、リーダー的な役割が担えるなど、
栄養士に比べて、待遇もよくなります。

学校給食や社員食堂、病院や老人ホームの調理室などで生徒や従業員、患者さんや
高齢者の食事内容を考え、献立を作成したり、個別に食事指導などを行うことができるのです。
保育園や幼稚園などで小さな子供たちが成長するための
栄養価の高い食事を作ったりするという仕事もあります。

肥満の児童が増えたり、小児糖尿病にり患する児童が増えたり、
成人では生活習慣病になる人やメタボ予備軍が増えており、
管理栄養士による栄養指導のニーズや、バランスのよい献立作りなどへの要求は高まっています。

また、市役所や保健所などに勤めて、栄養指導に当たることもあるのです。
さらに、食品メーカーや健康食品メーカー、サプリメント開発メーカーなどでも、
管理栄養士へのニーズが高まっており、活躍している人がたくさんいます。
最近では、病院における献立作成にとどまらず、
食事の改善などを通して体調回復を目指すための栄養管理チームの中心的な役割を担う人材として、
医師や看護師、薬剤師とチームを組んで仕事を行うなど、活躍の場が広がっています。

管理栄養士資格を得て、自宅やカルチャースクールなどで料理教室を開いたり、
ガス会社や電力会社をはじめ各種企業の主催するイベントなどで健康によい料理を披露したり、
雑誌などのダイエット特集で、バランスのとれたダイエットメニューの提供や、
栄養に関するアドバイスの執筆を任されることもあるのです。

管理栄養士になるには、まずは、栄養士の資格を取得する必要がありますが、栄養士になるには、
栄養や料理の専門学校の栄養科など、国が指定する栄養士の養成施設で、2年から4年に渡り、
栄養学と調理の実践技術を学び、定められた過程を修了すると、卒業時に栄養士の資格が得られます。
卒業後、上記に挙げたような施設やメーカーなどで栄養士の資格を活かして
一定年数以上の実務経験を積むことで、管理栄養士の受験資格が得られます。

なお、栄養大学など4年生の大学卒業により栄養士の資格を取得した場合は、
実務経験なくして、管理栄養士の試験を受験することが可能です。
試験科目は、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論、
食べ物と健康、人体の構造と機能および疾病の成り立ち、社会・環境と健康となっています。
大学などで学ぶほか、仕事に就きながら試験を受ける場合は、
通信教育で管理栄養士の資格対策で学ぶ方も多いようです。
試験はマークシート方式で、正答6割で合格することができます。

Categories: 療養・薬剤関連
自分のお店をだしたいな~

今流行の、ヘアカラーのお店を出そうと思ったんですが、
ヘアカラーは美容師の資格がいるとの事で、なかなか出せなくて悩みのたねです。
やろうと思ったきっかけは、義母さんがエステをやっていて、
お店の一部を改装してヘヤカラーをいれたらどうかと進めもあって準備したんだけど、
エステの所長が簡単にできるって進めてたのに、工事終わってから、
「衛生管理者」の申請を出さないといけないかもってことだった。

そうなると、美容師の資格とかいろいろなものが必要になるのに・・・
ってカンジで、お店の方はSTOPになってしまっちゃった(笑)
そこで、衛生管理者の様々な情報を調べてみると、
労働安全衛生法にいて定められている国家資格なんだって!

それに、衛生管理者免許には、
・衛生工学衛生管理者
・第一種衛生管理者
・第二種衛生管理者
の3つがあるそうですよ

衛生工学衛星管理者免許(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%9B%E7%94%9F%E7%AE%A1%E7%90%86%E8%80%85)一部引用
は、大学を卒業した者、あるいは高等専門学校で工学か理学を専門とした授業を受けて単位を取得して、
卒業した者といったように、一定の教育機関で学んだ人間だけがやっと講習を受ける権利を獲得できて、
それでいてやっと試験に臨むことができるという果てしない道のりであるわけなのです。
第一種・第二種の衛生管理者免許は、
厚生労働大臣が認めた試験で合格した者に与えられる資格となっています。
ちなみその衛生管理者に臨むために必要な資格としてあげられるものは

・大学または高等専門学校を卒業して、1年以上労働衛生の実務に従事したもの。
・高等学校または中等教育学校を卒業して、3年以上労働衛生の実務に従事したもの。
・10年以上労働衛生の実務に従事したものってやっぱり厳しい条件があるみたいだよ!
といったものです。

そして、全国の7カ所にある安全衛生技術センターという場所で不定期に行われています。
気になる試験科目ですが、
・第一種 のも第二種も 1.労働衛生 2.労働生理 3.関係法令
この3科目で試験が行われます。
ちょっと調べただけで、こんなに多くの条件や資格が必要だなんて初めてしってビックリだよ。
簡単に考えてた自分が情けないし、改めて勉強になったって感じです。

昔で、こんなしごとがあるってわかれば、勉強も学校もがんばったのにって・・・
何もわからない中学生に、もっと世の中の仕事を教えてほしかったなぁ。
そしたら高校も考えたのに・・・って後悔しても遅いけど、自分の子供には教えてあげたいなぁ。
そしていろんな可能性をのばしてあげたいなぁ自分はこれからのお店をどうするか考えなくっちゃね(笑)

まずは、美容師の資格をもってる従兄弟を雇えるぐらい資金集めをして、
それから、きちんと許可をとって保健所からも許可をとって、
ヘアカラー・ヘアカット・美顔マサージ・まつげエクステ、ヘッドスパをやることが今の目標かな(笑)
なかなか目標まで遠いけど、勉強になったと思って、じみちに努力していきますよ。
いつかは、子供達がやるんだったら、1号店、2号店をだしてお店を拡大していきたいなぁって思ってます。
目標に向かってがんばります。

Categories: 療養・薬剤関連
視能訓練士の職業について

視力が落ちたり、突然目がぼやけるようになったりすると、不安でしょうがなくなりますが、
眼科医の適切な治療を受け、視能訓練士の指導に従うと、また元通りになる可能性も十分にあるので、
市販の目薬などで効果があらわれない場合は、まずは最寄りの医師の診断を受けることが大切ですね。

視能訓練士とは耳慣れない職業かも知れませんが、1971年(昭和46年)に制定された
「視能訓練士法」という法律に基づいた国家資格を持つ医療技術者のことを指しますが、
欧米の視能矯正の歴史は古く、1929年イギリスで始まったといわれています。
主に眼科で医師のサポートを行い、医師の指示で視力検査を行って、
患者が斜視であったり弱視である場合は治療だけでなく訓練の処置を行う事が仕事です。

眼科で行う視機能検査で有名なのは視力検査ですが、遠視、近視、乱視といった屈折異常に関する
検査をはじめ、白内障、緑内障などの眼疾患に関する検査、眼鏡やコンタクトレンズの処方に関する
検査などがあり、超音波や、電気生理学、写真の撮影検査などを行うこともあります。

医師は、これらの検査結果を見て、患者の症状を判断することになるので、
視能訓練士は医師を手助けするために大切な役割を果たすことになります。
また視能訓練士は検査以外にも、斜視や弱視などの訓練指導を行うことがあり、
両眼視機能を回復させるための視能訓練や検査には
両眼視機能検査、眼筋機能検査、斜視訓練、弱視訓練、精密屈折検査などがあります。

それ以外にも検診業務分野があり、眼疾患の予防のため、早期発見、早期治療が出来るよう、
3歳児健康診査、就学時健康診査、生活習慣病検診などを行っていますし、
拡大鏡や、拡大読書器、単(双)眼鏡、遮光眼鏡などの使い方を
教えるお年寄りや視力低下者のためのリハビリ指導の仕事もあります。

視能訓練士になる方法は、高卒の場合は3年以上、大学・短大卒、看護学校卒の場合は
1年以上の所定の教育課程を修めた後、年に1回実施される国家試験に合格しなければなりません。
試験地は東京都や大阪府で行われ、試験科目には基礎医学大要や基礎視能矯正学、視能検査学、
視能障害学、視能訓練学などがありますが、全国に25校ある視能訓練士養成施設に入学すれば、
専門的な知識や技能をきちんと学ぶことが出来ます。

合格して視能訓練士の資格を取ると晴れて、最近求人が増えている大学病院や国公立病院、
地元の眼科クリニックなどで働くことが出来るので安泰です。
視能訓練士の有資格者は、全国に約6000人強と言われていますが、
パソコンやゲームなどで目を酷使する現代人にとって、目の病気は深刻な問題となっており、
この先ますます需要が見込まれる職業だと考えられているので、年々志願者が増加傾向にあるようです。
視能訓練士は、医師よりも患者と接する時間が長い仕事であり、不安を取り除いたり、
コミュニケーションを取ることで患者に安心感を与えることが出来るので、
これほど有意義で役に立つ仕事もないと思いますね。

Categories: 療養・薬剤関連
作業療法士はどんなことをする仕事か

作業療法士はOccupational Therapist でOTと呼ばれています。
作業療法士になるには養成学校へ3年から4年通い(学校によって違うが最近は4年制が多い)
「作業療法士」という国家資格に合格してはじめて作業療法士として勤務できます。
作業療法とは簡単に言うと心身に障害をもった人に対して、
生活の質の向上や社会復帰を目指して応用的動作を中心に回復を図る事です。

療法士はできる限り最大限に回復が図れるよう運動を提案していく人となります。
応用的動作とは日常生活に必要な動作でトイレ動作や入浴動作、整容動作、食事動作などを言います。
理学療法士や言語療法士とともにリハビリテーション科に勤務することが多いですが、
老人ホームなどの福祉施設にも勤務しています。
理学療法士は反対に基本的動作の回復に関わりますが、
作業療法士は応用動作という事もあり幅広く関わる事が多いです。

また基本動作を獲得して、それに応じた応用動作をつなげていくため
チームワークを組んで仕事することが主になってきます。
障害の状態に応じて課題も変えて行きます。
また人を相手とする仕事なので医師や看護師と同様、全身状態の把握も必要になってきます。
医療・福祉業界はこのように状態の変化が激しいため、多方面での知識が必要です。
病院ではカンファレンス(会議)があって、一人一人の患者さんに対して、
医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語療法士・ソーシャルワーカー・看護師などが
話し合う事が多く、他部門の知識もある程度必要になってきます。

就職状況ですが、今では作業療法士の養成学校も増え、作業療法士が増えています。
そのため看護師のように就職先が余るほどという訳にはいかないです。
その分作業療法士としての質が求められてきています。
また、現役で作業療法士の学校に行く方もいますが、再就職で養成学校に行く方も結構多いです。
就職してからは様々な講習会が全国各地で開かれていますので、
病院・施設ごとにや個々で選んで自主的に勉強しています。

また地域ごとに作業療法士協会があって、定期的に症例発表会や交流会を開催しています。
新人研修会もしっかりあって、就職してからも勉強できる環境にあると思います。
病院によっては外部に公開の勉強会を開催している所もあります。
勉強会と言っても徒手手技などの実技や理論など種類もさまざまです。
大まかな仕事内容は評価して問題点を抽出し考察、治療の繰り返しとなります。
評価内容は全身から局所までたくさんあります。
直接動作をみて問題点を探すこともします。
目標は人によって違います。

例えばピアニストであれば・・・主婦であれば・・・スポーツ選手なら・・・
などひとによって動作の優先順位や必要度が変わってきます。
限られた時間の中で個々の生活の質を上げる事を考えていきます。
リハビリテーション科の中でも一番患者さんの以前の生活などを把握しているのが
作業療法士ではないでしょうか。

Categories: 療養・薬剤関連