保健師の一日

多くの人の健康を根底から支えるのが保健師です。保健師は国家資格になりますので、国家試験に合格する必要があります。
合格する事で保健師として働く事が出来るのですが、どのようなお仕事なのかと言えば健康増進、病気の予防。
これが主なお仕事になります。

医者との大きな違いは、医者は患者が健康であれば用はありません。
なぜなら、治療が主な仕事だからです。
反対に保健師は治療行為で患者の役に立つのではなく、予防が主な仕事になります。

予防と言う概念

いつまでも健康でいられるように、様々な指導を行うのですから、医師とは実はまったく目的が異なる存在になります。
保健師が働く場所としては産業保健師、学校保健師、行政保健師になります。
そのため、どの保健師なのかによって一日の過ごし方はまったくことなってくるのです。

行政保健師の場合、いわば公務員になります。
基本的にはここがメインと言っても良いでしょう。

地域の住民の健康保持のために住民からの相談を受けたり、自宅療養している住民を訪問するのもお仕事です。
また、公務員としてのお仕事もありますので、それらもこなさなければならないおかげで比較的忙しくなるのです。

保健師の違い

産業保健師の場合、医師や人事労務の担当者と連携して企業の従業員の管理を行います。
特に近年では企業は従業員を働かせるだけではなく、メンタル面のケアもとても重要視されていますので、産業保健師の存在もにわかにクローズアップされる事になっているのですが、この場合いわば民間企業に勤める事になりますので、どのような一日になるのかは勤め先によって大きく異なります。

行政保健師の場合は基本的に公務員扱いになりますから時間もきっちりしています。
ですが産業保健師の場合はあくまでも「企業に雇ってもらう」形になりますから、企業次第になるのです。
企業で健康面に不安を抱えている人が大勢いれば休む間もなく働かなければなりません。

最後の学校保健師は生徒と職員の健康管理を行います。
保健室の先生をイメージする人もいるかもしれませんが、厳密に言えば微妙に異なります。
また、保健師は「看護士免許」を有する事が義務付けられていますから看護士と保健師の両方の資格を持っている事になりますので、病院に勤務しつつ、患者の状況に合わせるケースもありますし、介護施設でのニーズも高まってきています。

メンタル面も含め、誰にとっても健康はとても大切なものです。
ましてや高齢者ともなってくると話し相手がいるだけで状況は大きく変わってくるのですから、知識だけ持っていれば良いのではなく、コミュニケーション能力も問われる事になるのです。
多くの人を安心させる事が仕事になるのですから、理屈や知識だけあれば良いのではないのです。

About

Categories: 歯科関連