麻酔の方法

歯医者に一度も行ったことがないという方は少ないと思いますが、歯科治療の中では頻繁に麻酔が用いられることはご存じだと思います。
麻酔をせずに治療を行うと強い痛みが生じてしまい、治療に支障がでるばかりか患者の体に負担が掛かってしまうため、歯科治療では麻酔が行われるのです。
ここでは、歯科治療で行われる麻酔について記述していきたいと思います。

表面麻酔法

歯科治療で行われる麻酔は基本的に局所麻酔となります。
時に部分麻酔と呼ばれることもあるこの麻酔ですが、局所麻酔言ってもいくつかの方法に分かれています。

表面麻酔法とは、麻酔薬を歯茎に塗布することで感覚を麻痺させる麻酔法です。
歯科治療で行われる麻酔は注射で行われるもの、と認識している方が多いと思いますが、注射による麻酔はそれ自体に痛みが生じるため、表面麻酔法が用いられるのです。

表面麻酔法を施すことによって麻酔注射による痛みを軽減し、患者の体に掛かる負担を下げます。
実際にどうするかというと、麻酔薬をしみこませたガーゼやコットンロールを使い、歯肉に塗った麻酔が流れないように抑え、麻酔を効かせます。

軽い痛みが生じる歯石クリーニング、乳歯の抜歯といった施術にも用いられることが多いです。

浸潤麻酔法

さきほど説明した表面麻酔法は歯肉に直接麻酔薬を塗布することで麻酔を行う方法です。
しかし、あくまで表面から浸透させるという方法のため、強い痛みが生じる治療にはこの麻酔だけでは不十分です。

そこで用いられるのが浸潤麻酔法と呼ばれる麻酔です。
この麻酔が、一般的によく知られる歯科治療における麻酔となり、専用の注射器を用いて麻酔が行われます。
痛みをとり除きたい部位の歯肉に直接注射し、治療における痛みを和らげるのです。

浸潤麻酔の注射を経験したことがあるという方は多いと思いますが、浸潤麻酔はそれ自体が痛みを生じることが多く、殆どの患者から嫌われている麻酔でもあります。
しかし、前述した表面麻酔と合わせて行うことで痛みを軽減することが可能となります。

また、近年では先の細い注射針が用いられたり、麻酔薬の温度を調整することで以前に比べると随分痛みを和らげることに成功しています。
ピストルのような形をした電動注射器も少ない痛みで麻酔を行うことが可能です。

このように、現在ではいかに痛くない麻酔を行うか、ということに歯科業界全体で力を入れていますから、安心して治療を受けることができるようになりました。

歯科治療において麻酔は非常に重要な施術で、絶対的に必要となりますが、やはり患者の体に掛かる負担を少しでも少なくする必要があります。
現在でもより痛くない麻酔が研究されていますから、いつの日が全く痛みのない麻酔法が誕生するかもしれません。

About

Categories: 歯科関連