歯学研究者

歯科の世界の進化は発展が目覚ましいものですが、その発展を影から支えていると言っても過言ではないのが歯学研究者になります。
どのようなお仕事なのかと言えば、言葉からも分かるように歯科に関する研究になります。
研究者ではありますが、基本的には歯医者です。

国家試験に合格し、歯医者として患者と向き合ううちに歯学研究者の道も見えてくるものです。
歯科医でもない人間がいきなり歯学研究者になろうと思っても難しいのです。歯科業界は実は物凄く進化が目覚ましい業界でもあります。

かつての歯科治療と言えば虫歯や差し歯、入れ歯。
歯石除去程度で、稀に矯正治療があるくらいでした。
ですが近年ではインプラントやホワイトニングといったように、審美歯科の観点からのものも増えているのです。

これらは技術がなければ行う事が出来ない歯科治療ですが、初めから行われていたものではありません。
歯学研究者たちの努力があればこそのものなのです。
また、まだまだ様々な形で研究が進んでいるのです。

歯の寿命

これには様々な理由があるのですが、歯は永久歯になったら永久に付き合っていかなければならないものです。
人間の体は案外便利に出来ているもので、自然治癒う能力があります。
怪我をすれば改善に向かっていくものですし、髪の毛や爪のように勝手に伸びていくものもあります。

睡眠や急速、栄養補給によって体は何をするでもなくとも健康を保つ事が出来るのです。
ですが歯だけは別です。
歯に関しては自然治癒能力がありませんので、例えば風邪気味だなと思った時は病院に行くでもなく、とりあえず安静にしておくだけでも案外体調が持ち直すケースも珍しくありません。

ですが歯に関してはどれだけ放置していても改善する事はありません。
むしろ悪化していくだけでしかないものなのです。
出来ればいつまでも自分自身の歯でいたい。

いつまでも自分の歯

そのように思うのはなんらおかしな話ではありません。
また、自分自身の歯ではなくなってしまうとしても、自分自身の歯のような感覚でいたいと思う人もいるでしょうし、歯並びが悪いからなんとかしたいと考えている人もいます。
このように、歯に対しての思いは人それぞれです。

自分自身の力だけではどうする事も出来ないような事もあるのですから、歯科医に頼るしかありません。
その際、患者を助けてられる技術があるかどうか。

それは歯学研究者たちの力にかかっていると言っても過言ではないのです。
歯科医と比べると身近な存在ではない分、どうしても遠い存在のように思えてしまう人もいるかもしれませんが、むしろ歯学研究者たちの研究から生まれた技術を歯科医が我々に提供してくれているのですから、我々の歯の健康を陰から支えてきてくれた存在なのです。

About

Categories: 歯科関連