歯科衛生士の一日

歯科医院には大きく分けて三つのスタッフがいます。
歯科医、歯科衛生士、歯科助手です。
歯科医はいわば一番の責任者になります。

法律的にもすべての治療が許されていますので、歯科医の技術によって治療の質も変わってくるのですが、では歯科衛生士とはどのようなお仕事なのかと言うと、主に分類するとなると「予防処置」「診療補助」「保健指導」になります。
また、歯科助手とは異なり国家資格となります。

国家資格です

そのため、歯科助手のように誰もが簡単になる事が出来る訳ではありません。
国家試験に合格してこそですので、主に専門学校の卒業生が多いです。

では歯科衛生士はどのような一日を過ごすのかと言えば、大半が歯科医院に務めている形になりますので、その日の患者次第になります。
例えばですが、歯科医しか出来ない施術ばかりが入っている場合は一日助手として歯科医をサポートする事になりますが、歯科衛生士だけでも十分に可能な治療ばかりであれば、歯科医に任せきりにされる事もあります。

特に歯科衛生士は歯石除去を担当する事が多いのです。
歯石除去は歯科衛生士でも行えるのですが、歯科医からするとそこまで高度な技術を求められている訳ではありません。
そのため、歯科衛生士の力量アップ、経験のために任せる事が多いのです。

歯科医としてもそこで余計なエネルギーを割くのではなく、歯科衛生士では出来ないような高度な治療にこそ自分のエネルギーを集中させたいという思いがあるのです。
つまりは歯科衛生士の一日は患者次第になるのです。
極端な例ではありますが、仮に務めている歯科医に患者がこなければ、一日何もする事はありません。

様々なスタイル

患者を待ちながら時間を潰す事になりますが、人の絶えない評判の歯科医院ともなれば休む暇もなく、常に患者と向き合ったり歯科医のサポートを行ったりしなければならないのですから、どこに務めるのかによって事情は大きく異なってくるのです。
お給料等、待遇も大きく変わってきますので、歯科衛生士はどこで働くのかによって仕事はもちろんですが、歯科衛生士としての将来、さらにはライフスタイルそのものまで多くく変わってくるのです。
そのため、どの歯科医院が良いのかくらいは調べておくべきです。

特に歯科医院は増加傾向にあります。
いつだかお話したように、歯は一生モノです。誰もが出来ればいつまでも自分の歯でいたいと思うものです。
つまりは需要がそれなりにあるのです。

他の病院の場合、人が健康であれば医師の出番はありません。
ですが歯に関してはどうしても歯科医の出番が出てきます。
そのような独特の事情のおかげで歯科医院は増加傾向にありますので、どの歯科医院で働くのかによって歯科衛生士としての生活はまったく違うのです。

About

Categories: 歯科関連