歯科技工士の一日

近年、審美歯科がとても関心を持たれています。
歯並びにも気を付けたいと考えるようになった人が増えているのは、歯科技術が高まったおかげで矯正治療も手軽に行えるようになってきている現実があるからです。
そこで活躍してくれるのが歯科技工士です。

歯科技工士とは

歯科技工士とは、国家試験に合格する事で就く事が出来るお仕事で、歯に詰める物を作成するお仕事です。
ですが歯科技工士は患者の口に手を入れる事は出来ません。
そこは歯科医、歯科衛生士の領分です。

一方、詰め物等、いわゆる「歯科技工業務」を行う事が出来るのは歯科医と歯科技工士のみです。
歯科衛生士には出来ません。
ですが歯科医はそれ以外にもいろいろな事を行わなければならないため、技工業務は歯科技工士に任せるケースも多いのです。

小さい歯科医院ですと歯科医がすべて自分で行うケースもあるのですが、大きな歯科医院の場合、分業が徹底しているおかげで詰め物等の歯科技工業務はすべて歯科技工士に任せる所もあるのです。
では歯科技工士の一日はといえば、基本的には詰め物を作る事になります。
依頼があったら作る。

これになります。患者と触れ合う事はなく、場所も様々です。
例えば独自の技工所を持っている人もいれば、歯科医院に努める形で歯科技工士として活躍している人もいます。
また、稀ではありますが自分自身で営業して仕事を取っている歯科技工士もいます。

そのような歯科技工士の場合、さすがにずっと技工業務ばかり行っている訳にはいきません。
営業活動も行わなければならないのです。
技術職ではありますが、あくまでも患者の要望があってこそのものです。

患者のために

勝手に作って販売するのではなく、患者に合った詰め物を作成しなければならないのですから作り置きしておく事など出来ません。
患者によって求められる事がまったく異なります。つまり、働いている場所によってまったく状況は異なってきます。評判の歯科医院に努めている場合、ひっきりなしに詰め物を作る環境になります。
ですが独自に行っている場合は、評判を呼ぶようになれば様々な歯科医院から依頼が来るかもしれませんが、逆に仕事が全然来ないケースも考えられるのです。

雇われているか、あるいは自分だけで行っているのかによってかなり違いが出てきますが、その分報酬は違います。
特に歯は固く、伸縮性のあるものではありません。

伸び縮みする特性があれば多少サイズが違う物であっても強引に装着させる事が出来るかもしれませんが、歯は伸縮性がありませんので、少しでもサイズが異なればどうする事も出来ないのです。
そのため、仕事では正確性が問われます。
患者の歯の状態に合っていない詰め物を作った所で意味がありませんし、歯科医側としてもそのような歯科技工士には依頼したくないでしょう。

About

Categories: 歯科関連