歯科助手

歯科医院に行くと歯医者がいろいろと口の中を見てくれていると思っていたのに、気付いたら違う人が自分の口の中であれこれしている。
そのようなケースもあるのですが、それは歯科助手が代わりに行ってくれているケースです。

治療区分がありますので、歯石除去程度であれば歯科衛生士でも行う事が出来るのです。
ですが歯科助手の場合、歯科医の脇について助手として道具を出したりバキュームを持っていたりすることになります。
歯科助手のお仕事はいわば「歯科医のサポート」になりますので、歯科医院によって仕事内容はかなり異なります。

サポートです

歯科医次第になりますので、積極的に患者の前に立ってもらう歯科医院もあれば、あくまでも助手という立場を弁えたものでしかない所もあります。
特に歯科助手は資格が必要な存在ではありません。専門学校もありますが、専門学校を卒病しなければ歯科助手として働けない訳ではありません。
歯科医院に行くと、稀に歯科助手のアルバイト募集がありますが資格制度ではありませんので、誰でも働く事が出来ます。

ですが専門的な知識はそれなりに必要になってきます。
患者と対面するケースはもちろんですが、歯科医のサポートを行うのですから、正しい知識がなければサポートを行う事は出来ません。
これが実はとても難しい事なのです。

なぜなら、先にお話ししたように歯科助手は資格制度ではありません。
「歯科助手」という資格はなく、誰もがすぐにでもなれる仕事です。
その分、人によって差が出るのです。

個人差が顕著です

中には歯科医に匹敵するかのような歯科治療の知識を持っている歯科助手もいるかもしれませんし、ほとんど何もしらないものの、助手として気が利く事から重宝されている歯科助手もいるかもしれません。
歯科医院で研修を行い、歯科助手の知識を高めてくれるような所もあれば、独自に勉強しなければならない所もあります。
独自に勉強しなければならないとなると、勤務時間以外で頑張らなければならないのですからなかなか簡単な事ではありません。

ですが歯科助手として働き続けるためには歯科治療の知識がなければ歯科助手として役に立つ事が難しいのです。
資格制度であれば、資格取得する事で「資格分の知識を持っている人」になるのですが、資格制度ではないだけに、個人差が出やすいのです。
また、働く側としても全員が全員一流の歯科助手を目指している訳ではありません。

専門学校等を出て歯科助手としてもっともっとスキルアップしていきたいと思っている歯科助手もいれば、単純に家から近いからパートで働いている歯科助手もいます。
その点では「歯科助手」という言葉はとても幅広いものがあるのです。
この点こそ、歯科助手の最大の特徴なのかもしれません。

About

Categories: 歯科関連