歯科衛生士の仕事について

歯科衛生士と聞いてまず思い浮かぶのは歯医者さんです。
ネガティブなイメージをもちやすい歯医者さんですが、治療中に優しく声をかけてくれたり、
丁寧に説明をしてくれたりと緊張を和らげてくれる存在が歯科衛生士です。
この歯科衛生士さんがいるといないのでは治療の進み具合や、患者さんの精神状態も大きく左右します。

では、歯科衛生士とはどんな仕事でしょうか。
まず資格の取り方から説明します。
専門学校に通って専門的な知識を学びます。
実習で実際の診療所で経験を積んで卒業の後国家試験に合格すると歯科衛生士の資格を習得できます。
卒業の後の進路は大半が歯科医院です。

歯科衛生士の主な仕事は、予防歯科、歯科診療補助、歯科保健指導などです。
予防歯科は歯磨きの仕方を指導したり、
歯周病の予防の為に歯石の除去を行ったり、歯にフッ素を塗ります。
虫歯や、歯周病になる前に予防を呼びかけます。
歯科診療補助は歯科医が治療中にそばに立ち器具の受け渡しや
患者さんのケアなど治療のサポートをします。
また使用する器具の準備や、使用済みの器具の滅菌消毒も仕事の一つです。
患者さんの口に直接触れる物なので清潔がとても重要です。
歯科保健指導は主に小学校、中学校などで行う歯ブラシ指導の仕事です。
子供のうちから歯ブラシの習慣をしっかり付けておくと虫歯のリスクが少なくなるので、
分かりやすく、親しみやすく指導できることがポイントになります。

その他にも歯科医院の中で発生するさまざまな雑務もあります。
歯科衛生士に今後求められる事は、高齢者への対応です。
近年少子高齢化が進んでおり、高齢者の一人暮らしが増えてきました。
その中で寝たきりの方や、自分で歯ブラシがうまくできず、
口の中の衛生が保てない状態のかたも多くいます。

そのような方を対象にした在宅診療があります。
在宅診療で歯科衛生士が求められる事は口の中の衛生を保ち清潔にしてあげる事です。
口の中が汚いと雑菌を飲み込む事になりかねず、病気を呼ぶ事もあります。
口の中を清潔に保てれば、入れ歯の調整ができたりと次の治療に入る事ができるので、
この口内環境を整えてあげる事がとても重要になってきます。
歯科衛生士の仕事は日々患者さんとの触れ合いの仕事なので、とてもやりがいを感じる事ができます。
スキルアップの為に個人病院や、総合病院に転職するのも良い経験になると思います。
個人病院の良い所は地域のつながりが強いのでなじみの患者さんのお世話ができます。
また、受付、治療、掃除など一日の中で様々な仕事を分担して
やって行くので一日の中でめりはりができます。

総合病院は比較的重度の患者さんが治療に来院するので、外科手術など、
の治療に携わる事ができ、歯科衛生士としてのスキルが上がります。
様々な症例も見る事ができます。
自分にあった歯科医院を選ぶ事でモチベーションをあげる事が
できるのでいろんな特徴の医院を探してみてください。
歯科衛生士の専門求人サイトで探すと見つかりやすいと思います。
ぜひ活用しましょう。
自分の個性を生かせる医院を見つけられると良いですね。

About

Categories: 歯科関連