カラコンのリスク

コンタクトレンズを購入する際には医師の処方箋が必要と思っている方が多いですが、実際にはそんなことはありません。
事実、インターネット上にはコンタクトレンズを通信販売しているウェブサイトはいくつもありますし、特に処方箋も必要なく購入することができます。
また、近年ではカラーコンタクトレンズ、すなわちカラコンがファッションアイテムとして人気を高めていますが、カラコンも同様に医師の処方箋無しで購入することができ、それにより様々な弊害も生じています。

カラコンの危険性

通常コンタクトレンズは視力の悪い方が利用するものです。
しかし、カラコンはあくまでファッションアイテムであり、ファッションの一部として利用している方が殆どでしょう。

しかし、通常のコンタクトレンズもそうですが、コンタクトはその性質上眼球に直接装着する必要があり、当然リスクも生じます。
目に異物が入っているのと同じ状態ですから、慣れていない方は頭痛を引き起こしたり、吐き気を催すこともあるのです。

普段からコンタクトレンズを装着している方なら、まだしも、そうでない方がファッションでカラコンを装着すると、こうした症状が起こり易いです。
また、それだけでなく、医師による処方箋もなしにカラコンを購入するというのは自身の目の状態も把握できていないということなので、様々なリスクを引き起こす可能性があります。

カラコンの現状

冒頭でもご説明したように、カラコンは医師の処方箋がなくとも購入することが可能です。
薬局やドラッグストア、デパートなどで簡単に購入することができますから、それがカラコン人気、普及に拍車をかけていると言えるでしょう。

また、インターネット上でもカラコンを通販しているオンラインストアは多く、簡単な手続きだけで気軽に購入することができます。

さきほどもご説明したように、人によって目の状態は異なりますから、時に何等かの疾患を抱えていることもあります。
このような状態でカラコンを装着してしまうと、目の疾患は更に悪化することが考えられ、過度な充血、痛みを引き起こすこともあるのです。

安全にカラコンをファッションアイテムとして利用するには、眼科医での診察が必要不可欠と言えます。
まずは眼科医に相談し、適切な検査などを受けてから正しくカラコンを利用することが重要と言えるでしょう。

現在では、ミュージシャンやアーティストなどがごく当たり前にカラコンを使用していますし、有名なモデルやアイドルがカラコンを装着してファッション誌に登場することも珍しくありません。
目をオシャレに彩ることができるカラコンは素敵なファッションアイテムには違いありませんが、リスクも生じることは覚えておくべきでしょう。

About

Categories: 眼科関連