眼科助手検定

眼科で治療を受けたことがある方はご存じだと思いますが、眼科における治療は眼科医だけによって行われるわけではありません。
眼科医のサポートを行う眼科助手の存在があり初めて医師は的確な治療を施すことが可能となります。
ここでは、眼科助手の仕事内容や、眼科助手検定の資格について記述していきたいと思います。

仕事内容

眼科助手という名の通り、治療を受けにきた患者を診察する眼科医のサポートすることが眼科助手の仕事内容となります。
基本的に眼科医の指示にしたがって診察、治療におけるサポート業務を行い、治療の準備や後片付け、掃除や洗濯といったことを行うこともあります。

眼科助手は患者と直接コミュニケーションを交わす機会も多く、クリニックの顔としての役割も大きいと言えます。
手術を受けにきた患者が不安にならないようしっかりと説明し、納得して貰うようにするのも眼科助手の仕事です。

屈折検査や眼圧検査といった一般的な検査を行い、その結果を眼科医に知らせたり、コンタクトレンズやメガネを合わせるといった業務も行うことがあります。
眼科領域のスペシャリストであり、多岐に渡る眼科医療業務を支える縁の下の力持ち、といった表現がぴったりの職種となります。

眼科助手検定

眼科助手という仕事には特に資格は必要ないのですが、眼科検査助手として働くには日本眼科医会が実施している資格試験に合格する必要があります。
ただし、この資格は誰もがすぐにチャレンジできるようなものではなく、眼科クリニックや医院などで働き、眼科コメディカルスクリーニングを受講して初めて受験することが可能となります。

この資格を得るには眼科医療に携わる上で必要となる様々な知識が必須ですし、実績も必要となります。
しかし、資格を取得する過程で更に高度な眼科医療に関する知識を身に付けることが可能となるのではないでしょうか。

また、資格を得ることで職場での待遇が上がることも期待できます。
基本的な給与アップ、または賞与のアップといったことも期待できるのではないでしょうか。

眼科医療の世界は日々進歩しており、使用される器具などについても次々と新たなものが誕生しています。
この資格を取得する過程でそうした最新の医療知識を身に付けることもできるでしょう。

また、眼科助手ではなく、視能訓練士という国家資格もありますから、本格的に眼科医療の世界で活躍したいのであればこちらも視野に入れてみると良いでしょう。

眼科医が正しい治療を行うためには眼科助手の力が必要不可欠となります。
これから眼科クリニックで働きたい、眼科医療に携わりたいという方は眼科助手という仕事を選んでみても良いのではないでしょうか。

About

Categories: 眼科関連