眼科とは

体調が悪くなったときに病院に行くというのは誰でも同じだと思いますが、症状によって受診する診療科が異なるというのは当然のことです。
歯が痛むときは歯科にかかる必要がありますし、怪我をしたときは外科、精神的な問題であれば心療科を受診する必要があります。
目に関する問題を解決するための診療科が眼科となりますが、ここでは眼科について記述していきたいと思います。

眼科とは

眼科では、眼に関わる様々な問題を解決するための治療やアドバイスを受けることが可能となります。
目に関する専門家でもある眼科は、様々な検査や治療を行っており、専門性の高い施術も行っています。

また、視力が弱まった、最近物がよく見えなくなった、といった問題が起きた際も一度は眼科を受診する必要があります。
こうしたケースでは、専門医が検査を行った上で状況を判断し、メガネを作成するべきか、それとも治療を行うべきかといった判断がなされます。

患者の目を健康な状態にするため様々な努力を行うのが眼科医の業務となり、眼科治療のエキスパート的存在なのです。

メガネだけでなく、コンタクトレンズを用いる方も定期的な眼科の診察が必要となりますし、眼科医の業務は多岐に渡るといっても良いでしょう。

診察について

眼科というのは、歯科や外科と比べてそう頻繁に受診する診療科ではありません。
もちろん、既にメガネをかけて生活している方や、コンタクトレンズを使用している方は定期的な眼科診察を受けているかもしれませんが、基本的に眼科は目に痛みや違和感を生じない限り訪れることはまずないのではないでしょうか。

眼科へ診察に訪れた方の中には初めてのことで戸惑いを隠せない方や不安な方も多いので、それを取り除いてあげるのも眼科治療に携わる方の役目です。

眼科の診察では、屈折検査により近視、遠視、乱視の強さを調べます。
この検査は目の症状に関わらず行われることが多く、症状の種類によらず原則的に行われます。
眼の全体像を把握することが目的で、後の診断や治療に役立てるのです。

眼圧検査では、患者の眼圧を測定します。
眼圧とは目の硬さのことで、眼に風を当てることで強さを測定するのです。
この段階で緑内障などの疑いがある患者には診察室において更に精密な眼圧測定を行うことが多いです。

眼科で行われている業務は多岐に渡りますが、実際の診察ではこうした検査が原則的に行われます。
また、ここでご紹介した以外の検査方法もいくつかありますし、医師による直接的な検査も行います。
眼科で働くということは患者の目を守ることであり、健康で元気な目を取り戻す手助けをすることでもありますから、高度な専門知識はもちろんのこと、高い医療技術も必要となります。

About

Categories: 眼科関連