オプトメトリスト

視る力を向上させる仕事「オプトメトリスト」とは何か

目に病気があったり、視力が落ちたりすると私たちは眼科にいくかメガネを販売しているお店に行って、適切な治療を受ける、また目にあった矯正グッズを購入します。
また目の病気を持っている方は病院で治療を行いますが、目が悪いという時には視力検査等、病院で行ってもその後、矯正装具を購入しつけるのみで、後は何もしないことが多いです。

オプトメトリストは、視る力に問題がある患者さんについて視力を向上させるためのサポートを行います。
眼科の様にお薬や手術を行うということではなく、独自のトレーニング方法で、患者さんの視力向上のための訓練を行ったり、生活習慣におけるのアドバイスといったものを行っていきます。

またメガネやコンタクトレンズのお店やメーカー、眼科などの医療機関で働く人が多いのですが、こうしたオプトメトリストが専門職として浸透しているアメリカなどでは、よく知られている仕事です。

アメリカはオプトメトリストの歴史が長く、大学院などで学ぶこともできますので、日本からアメリカにわたり、オプトメトリストの知識を深めて日本で活躍されている方もいます。

IT化によって視力が低下している人が多い

元々目が弱いとか慢性的な病気があるということではなく、視力が落ちてしまったという人も多いです。
例えばゲームをする時間が長く目に大きな負担となってしまったことで、視力が落ちたというお子さんもいます。

仕事上、パソコンで作業をすることがほとんどで、視力がかなり落ちたという人も非常に多くなっています。

どこにいてもスマホやタブレットで画面をみているので、こうした画面を見続けることによって視力が低下している人が多いのですが、訓練、トレーニングを行う事で視力が上がる可能性も高いのかもしれません。

スポーツ選手は視力が関係する協議が多い

バスケット、サッカー、バレー、卓球、テニス、いずれも視力が高い方がピンポイントでパスをしたり、スキマを狙うなど、高度なプレイができると思います。

ゴルフなども視力が深く関係するスポーツなので、レーシックなどを行って視力を向上させる選手も多く、このレーシックなどはゴルフ選手から一般に広がったといってもいいほど、多くの方が受けています。

でも施術するのは怖いとか、後遺症はどうなのか?など不安も多いと思います。
そんな時、外科的手術などが必要ないオプトメトリストが役立ちます。

視力が向上するように目の訓練を行ったり、目の健康は食べ物にも起因するため、食生活の改善方法などもサポートし、目によいことを指導します。
生活習慣などが原因となって視力が落ちている人は、こうした生活を継続するだけでも、目がよくなっていくと考えられています。

About

Categories: 眼科関連