あん摩マッサージ指圧師

体の不調を改善する仕事 あん摩マッサージ指圧師

肩こり、腰痛、慢性的に首が痛いなど、大人になると様々な部分に症状が出てきます。
何か病変がなくても、こうした体の不調を持っているという方も多いですし、事故などで怪我をおい、後遺症に悩まされている方も少なくありません。

こうした方々にあん摩、マッサージ、指圧などの施術するのがあん摩マッサージ指圧師です。
なでる、揉む、押す、さするなどの手技で行うもので、血液の流れを促進し、それにより新陳代謝を向上させ、人の体の不調を改善する仕事です。

あん摩マッサージ指圧師は、東洋医学に基づく施術なので基本的に器具を使用しない施術となります。
こうした手技を施すことによって自然治癒力や免疫力を向上させます。

あん摩マッサージ指圧師というと、視覚障害者の仕事という印象が強いのですが、現代では視覚障害者がおこなっている仕事としては2割程度といわれており、健常者の多くが技術を身に着けて仕事されています。

あん摩マッサージ指圧師は国家資格取得が必要

あん摩マッサージ指圧師になるためには、整体師やマッサージ師と異なり、国家資格の試験を受けて合格する必要があります。
合わせて、あん摩マッサージ指圧師の養成学校で知識や技術を学び修了し、その上で国家資格の試験を受けて合格することが必須です。

マッサージについて独立した判断をもって行うのは、医師とあん摩マッサージ指圧師以外、行う事が出来ません。

はり師ときゅう師をあわせ三つの国家資格を持っている方を、鍼灸マッサージ師、若しくは三療師と呼び、試験科目が重複している部分もあるため、三つの資格について受験資格を同時取得できる学校も多く、三つの資格を全部持っている方も多いです。

あん摩マッサージ指圧師はどこで就職、活躍できるのか

あん摩マッサージ指圧師の仕事場は治療院やマッサージ店だけはなく、病院や介護施設などでも活躍されています。

主な就職先としては治療院などがありますが、ここでは患者さんにマッサージを施しますし、希望される場合、訪問してマッサージを行うということもあります。
最近は町中、またデパートの中などに、クイックマッサージやボディケアなどを行う施設も多くなり、ここで働くあん摩マッサージ指圧師も少なくありません。

美容関係の職場で活躍されている方もいますし、有資格者の場合、多くの施設が優遇措置をとっているので、就職先はかなり多くなっていると思います。

病院やこうした治療院など施設のほかに、スポーツ選手のサポートとしてクラブチームや部活動に帯同し、試合後のマッサージ、怪我の予防のために働くというあん摩マッサージ指圧師も多くなっています。

様々な場所に活躍の場が広がっているあん摩マッサージ指圧師は、やはり資格をしっかり取得し働く方が、就職転職に有利です。

About

Categories: 看護・医師関連