ケアマネージャー

介護保険の利用を詳しく伝えてくれるケアマネージャー

日本では平成9年に介護保険制度が始まりましたが、これによって介護についての資格なども多くなり、その中で、福祉サービスの充実、促進等を行うために生まれた資格が、ケアマネージャーです。

介護保険サービスの中核的存在となっているこの資格は、正式名称が介護支援専門員という名称で、介護を必要とされる高齢者に介護保険サービスを説明し、適切なサービスを受けてもらうようにサポートする仕事です。

ケアマネージャーの仕事は非常に幅広く多岐にわたっていますが、大きく分けると、高齢者、そのご家族の介護相談を受ける仕事、ケアプランの作成の仕事、要介護認定書類の作成の仕事に分けることができます。

被介護者となる高齢者やご家族のサポート

介護を受ける高齢者とそのご家族から介護についての相談に乗る事は最も重要な仕事ともいえます。
被介護者本人から相談を受けることもありますし、ご家族から相談されることもあり、また地域包括センターなどから介護についての相談を受けることもあります。

相談された内容に沿って、その被介護者がその方にあった介護サービスを受けることができるようにサポートします。

利用者が介護サービスをすでに受けている状態という場合には、主治医、事業者より情報を得て、この先さらに必要となっていく介護や、日常生活を円滑にするための相談に乗ります。

要介護認定の複雑な書類を作成するという仕事

要介護認定は、介護保険サービスを利用したいという時や、病気などをしたことでより一層介護が必要となった場合などに行うもので、地方自治体に要介護認定という手続きを行わなければなりません。

介護が必要な状態である事を認定するのが要介護認定です。
この認定を受けなければ介護保険給付を受ける事が出来ないので、介護を希望される方にとって重要な書類となります。

専門的知識が必要となりますし、非常に細かい書類作成が必要となるので、ケアマネージャーなど専門的知識を持っている専門家が作る方が手続きもスピーディです。

実際の介護についてケアプランを作成する仕事

どのような介護サービスを行い、どのようなスケジュールで行っていくのか、このケアプラン作りは、最適な介護サービスを受けるために必須です。

介護の方法については、訪問介護、デイサービスなど様々な方法があるので、この中から、介護を必要とされている方にあった最適なプランをケアマネージャーが作成します。
ご家族の要望、被介護者の希望などをきいて、実際にどのサービスが適してるのかをしっかりと考えて作る事が必要です。

この仕事は、ケアマネージャーの仕事の中でも非常に大切なもので、主軸となる仕事です。
ケアマネージャーがケアプランを作り、実際に介護サービスが始まった後は、定期的に訪問し、健康状態のチェック、サービスの適正などのモニタリングもケアマネージャーの仕事となります。

About

Categories: 看護・医師関連