介護福祉士

介護福祉士の仕事はこれから先、より多くなっていく

介護や福祉の問題は今日本の大きな問題で、これから先、高齢者がさらに多くなっていくことを考慮し、施設の確保、人材の確保など様々な事が問題となっています。
介護施設はこの先の事を考えると、さらに増加していくことが必要となりますし、介護する人材についても、早急に考えていくべき問題です。

介護の分野で実際に現場で動き、相談に乗り、ご家族へのアドバイスなどを行う専門家として介護福祉士という資格があります。

日常生活が困難となっている高齢者、また身体や精神に障害を持ちの方に、食事の介助や排泄の介助など、身体介助を行うのが介護福祉士です。

こうした実際の介護のほかに、被介護者に向けて介助についての相談を受けたり、介護を行うご家族に対し、様々な相談、サポートを行う事も仕事の一つです。

介護の仕事を行っている方は最終的にこの介護福祉士になる事を目的としている方が多く、経験なども必要となる資格ですが、給与面や待遇という面でも就職の際に有利となる事から、専門的に学び技術、実績を取得し介護福祉士になる方が多くなっています。

介護の現場で介護を行っている方々に、ケアワーカーやホームヘルパーと呼ばれる方々がいますが、介護福祉士は名称独占資格ということで、この資格を取得された方以外、介護福祉士の名称を利用して仕事する事が出来ません。

介護福祉士の仕事は大きく分けて4つあります

介護福祉士の業務は多岐にわたりますが、大きく4つに分けることができます。
身体介護については食事、排せつ、衣服の着脱、さらに入浴や歯磨き、洗顔などの衛生管理など、様々です。

被介護者がベッドから車いすに移動する時、また歩行介助なども介護福祉士の大切な仕事です。

食事や洗濯、買い物などの日常的な家事全般についての援助も行います。
施設の入所者以外、在宅介護の方々についても家事援助は重用です。
掃除、調理の方法などはご家庭によって違いがありますので、その家の方法を理解し行う事が必要となります。

介護を受ける対象者以外、ご家族から介護についての相談を受けることもありますし、被介護者から体の調子について相談を受けることもあります。
こうした相談を受けたり、助言するなども介護福祉士の知識を活かし行う仕事です。

介護を受ける方は、外出などがしにくいため、孤立しがちになります。
ご家族や近隣の方々とコミュニケーションがとれるように、地域のサークルに参加したり、外出支援なども行う必要があります。

社会活動について支援を行うということも、被介護者と介護するご家族と地域を結ぶ大切な仕事となります。

この先、さらに介護の仕事は多用になっていく事が考えられますので、介護福祉士の需要はこの先こそ、高くなっていくと思います。

About

Categories: 看護・医師関連