社会福祉士とは

社会福祉士の仕事とは

社会福祉士は社会福祉業務に従事し、心身に障害がある方や介護が必要な高齢者、発達障害のあるお子さんやそのご家族の相談に乗る専門家です。
たとえば、高齢者の介護には介護専門の職員やケアワーカーがついたり、障害者の場合には福祉関連施設の職員や養護学校の先生などが指導にあたったりしていますが、
社会福祉士はこうした専門家と連携しつつサポートしています。

どこで相談したらいいか分からない不安や問題、介護費用をはじめ金銭の問題、障害がある子供が自立するにはどうしたらいいかなどの総合的な相談に乗ることが主な仕事です。

社会福祉士になるには

社会福祉士になるには福祉系の大学や福祉学部に進学し、社会福祉士養成のカリキュラムを修了するか、2年制や3年制の福祉短大や専門学校でカリキュラムを修了し2年制の場合は2年の実務経験、3年制の場合は1年の実務経験を経ることで、国家試験の受験資格が与えられます。
国家試験に合格することで、社会福祉士という資格が取得できます。

どのようなことを学ぶかというと、福祉相談の方法や福祉相談援助の理論とその実践、国の制度である介護保険制度や障害者自立支援制度などシステムの理解、保健医療サービスや障害者等の就労支援サービスについてです。

主な就職先は高障害者福祉施設や児童相談所、母子生活支援施設や高齢者福祉施設、病院、社会福祉協議会などのほか、市区町村役場の福祉課で働く人も多くいます。
福祉課では介護保険の申請や家族からの相談受付、成年後見制度の手続きや権利擁護、自宅訪問による面談等を行うほか、認知症高齢者に関する啓もう活動、高齢者や子供の虐待の防止や保護などの活動を担当します。

求められるスキルや能力について

基本的に不安を抱えている人や、社会生活がうまくできない人や経済的に困っている人の相談に乗る仕事であるため、ホスピタリティーあふれるコミュニケーション能力が不可欠になってくるのです。
相談者やそのご家族と向き合い、言葉では伝わってこない背後にある問題を把握するための能力も求められます。

相手の置かれている環境や状態、悩みを正しく理解するためのヒアリング力や観察力が求められるため、単に資格を取得するだけでは足りず、多くの事例に向き合い経験を重ねていくことが大切になるでしょう。

一人ひとりの相談者やそのご家族と向き合うのはもちろんのこと、必要な支援を行うために医師をはじめ医療機関や介護施設のケアマネージャー等、他の専門家との連携も不可欠になります。

その意味で、コーディネート力なども求められるでしょう。

About

Categories: 看護・医師関連