整体師

人の体の不調を改善してくれる整体師という仕事

肩こり、腰痛などは日本人特有のもので、欧米ではこうした言葉もないといわれています。
でも日本では昔から、肩こりに悩む人、腰痛に悩む人が多いですし、病院に通っている方も少なくありません。

交通事故などから腰痛や肩こりとなっている方もいます。
しかしほとんどの場合には、普段の姿勢から自然と骨盤がゆがんだり、筋肉のバランスが悪くこりを感じるなど、自然に起こる不調もあります。

こうした不調を取り除くために改善の治療を行ってくれるのが、整体師です。
整体師の仕事は大きく三つに分けることができますので、この三つの仕事についてよく理解していくと、整体師とはどういう仕事を行っているのか、理解できると思います。

カルテへの記入、カウンセリングや検査などの仕事

整体師の仕事の一つとなるのが、カルテに症状など必要な事を記載すること、またカウンセリングを行うこと、検査を行うなど、事務的な作業とその方の身体を知る作業です。

どういう悩みをもって施術を受けに来たのか、過去にどういった病歴があるのか、問診票に記入してもらい、実際に患者さんとの問診も行います。

その後、骨盤や関節のゆがみの有無、また筋肉量はどうなのか、それによってどこに不調があるのかなどを検査し、その後、実際にこれからどのような施術をどのようなスケジュールで行っていくかを決定し、患者さんにわかるよう丁寧に説明します。

実際に整体の施術を行う

整体師の施術は東洋医学に基づくもので、特に中国整体の推拿(すいな)と呼ばれる施術を基礎とする施術が多いようです。

体を整えることが文字通り整体になり、体の中心、上半身と下半身を支える役割がある骨盤と、骨盤につながる背骨のゆがみを調整します。
体の不調の多くが、この歪みからくるものと考えているので、独自の手技により患者さんの体のゆがみを矯正し、不調を改善していきます。

症状に合わせて不調が出てくる場所も違ってきますので、その部位の筋肉をもみほぐすということも行います。
筋肉、骨などへの圧迫を改善し、上手くゆがみを矯正することで、人が本来持っている免疫力や治癒力を高めることができるといわれています。

筋肉やコリがある、痛みがひどいという場合、電気マッサージなども施し、血液の流れをよくしてから主義を行うということもあります。

アフターフォローも整体師の仕事

施術した後は、日常生活で気を付けるべきことや、この先ゆがみが出来る限り生じないようにストレッチ、マッサージなどを行っていくようにアドアイス、アフターフォローします。

現代に多い生活習慣病をお持ちの方、またストレスによって体に不調を感じている方も多いので、こうした人たちの悩みなどをきいて、的確なアドバイスを行うのも整体師の仕事です。

About

Categories: 看護・医師関連