カイロプラクター

カイロプラクティックとはどういう事を行うのか

カイロプラクティックというのは、1895年、アメリカで発祥した代替え医療の手技療法を行うもので、これを行う人の事をカイロプラクターといいます。

治療というと医師が施す治療と同じように感じますが、このカイロプラクティックというのは、自然治癒力を高めるということを目的として行うもので、日本の場合、厚生労働省医務局が医療類似行為として分類しています。

法律によって決められた資格制度はありませんが、専門的な知識と技術が必要となるため、特定の講座をうけてから民間資格を取得することが求められます。
働く場所としてはカイロプラクティックの専門施設、サロン、整骨院などがあります。

カイロプラクターとして知名度が高くなれば独立開業して成功するということも夢ではなく、実際に成功されている方もいます。

カイロプラクターはどのような施術を行うのか

代替え医療の手技療法の施術といわれてもどのような事を行うのかピンときません。
このカイロプラクティックは、人の体の中で筋骨格系部分の障害や、健康に対して影響を及ぼす部分をみつけ、その部分の悪影響を改善、予防するというものです。

推滑の異常を「サブラクセーション」といい、カイロプラクティックではこの部分に薬黙示、様々な手技療法を行い、関節アジャスメントという方法や脊椎マニュピレーションなどの方法で、体の不調を調整します。

この原理を応用している手技によって脊椎、骨盤などがずれている方のずれを調整し、ゆがみなどを矯正することで、体の不調を少しでも改善します。

西洋医療の場合はお薬や外科的治療を行い、病変の治療を行いますが、カイロプラクティックの場合、自然治癒力を高めるということが目的となっているため、日本国内では医療行為ではなく、医療類似行為と分けられています。

資格は必要なの?資格取得には条件がある?

アメリカを主軸として40か国ほどは脊椎ヘルスケア専門職として法制化されているのですが、日本ではカイロプラクターの国家資格は存在せず、公的資格もありません。
資格を取得する場合、民間資格の取得となります。

2014年からは、日本カイロプラクティック登録機構という所によって、その業務を行うことができる登録カイロプラクター認定制度というものがあります。
この登録名簿囲ついては、厚生労働省に提出されています。

この資格については、民間資格ですが世界保健機関による教育基準を満たしていることが証明される資格となりますので、就職、転職などには有利になると思います。

書く教育機関で専門的教育を受け、こうした民間資格を取得される方が、カイロプラクターとして働く近道になると思いますし、開業などを考えておられる方は、こうした資格を取得する方が安心です。

About

Categories: 看護・医師関連