医療事務

医療は決して医師だけで行うものではありません。
医師がいなければ成り立たないものではありますが、医師だけでも成り立たないのも事実です。

医師だけではなく、看護士も必要ですし、近年では医療チームを組む事で、様々なジャンルの人材を集めて治療にあたるケースもあります。
診療放射線検査技師や薬剤師といったように、直接患者と関わるではないにせよ、必要とされる存在も多々あるのですが、医療を根底の部分から支えているのが医療事務と言っても良いかもしれません。
医療事務のお仕事は医療を受けた患者に対して記録を付けたり会計業務を行ったりします。

治療面で医師と患者の架け橋となってくれるのが看護士ですが、医療事務もまた、同じような役割を担っているのです。
特に会計面では医療事務のスタッフがいろいろと計算したり請求する事になりますので、医療に於いてとても大切な存在である事には間違いありません。
ですが医療事務は資格がなければ就けないお仕事ではありません。

医療事務で働ける人

極端な話、誰もがすぐにでも医療事務として働く事は出来ます。
ですが、働く事が出来てもやはりそれなりに専門的な知識は必要になってきます。
特に医療は保険との兼ね合いもあります。

それらの知識がなければ務まるものではありませんので、それ相応の知識が求められてきます。
専門学校で勉強してから就職するケースもあれば、通信教育等で独自に取得してパートで働いている主婦もいます。
医療事務はいわば病院の数だけ求められる存在ですし、医師や看護師がそのような業務を行うとなると患者への診療が疎かになってしまいます。

医療における分業という点では医療事務はとてもありがたい存在でもあるのです。
また、医療事務は将来性があります。
なぜなら、この世から医療がなくなる事はまず考えられません。

これからのニーズ

更には少子高齢化も進んでいますので、医療事務のニーズはこれから更に高まっていく事が予想されているのです。どの業種も人材不足が顕著です。
外国人労働者に頼る事も出来ますが、医療事務の場合は医療用語も飛び交いますから、なかなか簡単にはいきません。
また、医療事務はコミュニケーション能力も問われます。

患者にとっては医療費だけではなく、どのような治療なのか。
どれくらい治療期間がかかるのか。

医師や看護師ではなく、医療事務のスタッフしか分かっていないような事もありますので、患者を納得させたり安心させたりと、ただ会計業務を行えば良いだけではないのです。
患者の事もしっかりと考慮しなければならないのは、ただの会計業務ではなく、医療事務が医療スタッフの一員でもあるからです。
医療は医師と看護師が診察するだけのものではなく、様々な角度から行われているものなのです。

About

Categories: 看護・医師関連