医療情報技師

医療情報技師がどのようなものなのかは、まだまだあまり知られていないかもしれません。
その理由として、医療情報技師は2003年に開始された民間資格です。
医療関係の仕事は国家資格のものが多いですから、民間資格のものはあまりありません。

医師はもちろんですが、看護士、放射線診療技師等、基本的に国家資格になりますので誰もがすぐになれるような職業ではありません。
強いて挙げれば医療事務が資格を必要としないものですが、基本的には何かしらの国家資格が求められるのが医療の現場です。

民間資格です

ですが医療情報技師は民間資格になります。
ではどのような事を行うのかといえば、病院の情報システムの開発や保守、運営。

これらが主な業務となるのです。
近年、「IT化」とも称されているように、様々な所でインターネットを用いたシステム作りが行われています。
データベースを共有する事で合理的なお仕事が行えるようになったり、それまででは考えられないような利便性のあるシステムが生まれたりしているのですが、医療の世界とて例外ではありません。

患者の情報や治療方針等、様々な事を共有する事で医療に携わるスタッフがより連携する事が出来るようになりますし、分かりやすい医療を行う事が出来るようになっています。
ですがそれらシステムは導入すれば良いだけではありません。

運用が大切です

導入してしっかりと運用しなければならないのです。
そこで活躍してくれるのが医療情報技師なのです。

医療の世界の情報技術を駆使するスペシャリスト、それが医療情報技師です。
年に一度、マークシート式での試験になります。

情報処理技術系、医学医療系、医療情報システム系の三科目の受験になるのですが、情報技術だけではなく、かといって医療の知識だけではなく、両方が求められます。
ちなみに合格率は3割程度と決して高くはありません。
その理由として、合格判定基準が公表されていません。

ですが難易度そのものは決してそこまで高いものではなく、基本情報技術者の試験よりも簡単だろうと言われています。
ですがあくまでも民間資格になりますので、この資格を取得する事で必ず独占稼業に就ける訳ではありません。
実際、この資格を取得していないものの、病院のプログラムやシステムを担当している人もいますので、あくまでも自分の力量を問うものと考えるくらいが良いのかもしれません。

それでも資格を持つ事で自分自身のアピールになるのはもちろんですが、自分自身のモチベーションにもなります。
取得のための勉強で得た知識が仕事で役立つかもしれないのですから、取得して無駄になるような事はありません。
ですが、決して必ず持っていなければならない訳ではありませんので、判断は各々次第ですね。

About

Categories: 看護・医師関連