助産師の一日

新たな生命の誕生に立ち会うとても大切なお仕事が産科医ですが、そのお手伝いを行うのが助産師です。
助産師もまた、国家資格になりますので国家試験に合格しなければならないのですが、いきなり助産師の試験を受ける事が出来る訳ではありません。

助産師の国家試験を受けるためにはとある資格を取得していなければならないのです。
それは看護士資格です。
看護士もまた、国家資格になりますので助産師になるためには国家試験を二つクリアしなければならないのです。

資格の意義

そのため、誰でもなれるものではありませんが、助産師の資格があれば赤ちゃんを取り上げる事が出来るだけではなく、妊婦やじょく婦、新生児の保険指導も行う事が出来ますので、ただ単に出産に立ち会うだけではなく、様々な形で妊婦や新生児と接する事が出来るようになるとても貴重なお仕事とも言えるのですが、助産師はどのような一日を過ごすのか。
これに関してはかなり流動的です。
なぜなら、出産はタイミングが分からないものでもあるのです。

出産経験のお話を聞いていると分かるかと思いますが、長時間の分娩作業の時もあれば、驚くほど短時間で終わるケースもあります。
また、産気づく際も同様です。

病院でしっかりと待機しているけどなかなか気配が出てこないケースもあれば、それこそちらっと何かを感じて、歩いて病院まで行ってその足で簡単に出産する。
そのような妊婦もいます。

流動的ではあります

つまり、出産に関してはその時になってみないと分かりませんから、予定日が近付いて来たらいつでも出産する事になると覚悟しておかなければならないのです。
また、予定日にはまだまだ遠いだろうと思っていたのに急に産気づくケースとてありますので、助産師は出産に立ち会って、さらには妊婦や新生児を指導するだけではなく、いつ出産が起きても良いよう心掛けておかなければならないのです。

出産に時間は関係ありません。自分の勤務時間が終わろうかという時に、妊婦が急に産気づく可能性もあります。
そのような時、「自分は終わったので帰ります」とはなかなか言えないものです。

このような点まで考慮しなければならないのが助産師なのです。
ですから時間のコントロールがとても難しいお仕事とも言えます。

次の休日は何かをしようと思っていても、妊婦さん次第では休日が潰れてしまうケースもあれば、予定よりも早い出産であれば急に休みが出来る事もあります。
スケジュール面では少々癖のあるお仕事ではありますが、新しい生命の誕生に立ち会う事が出来るお仕事です。
人生観そのものさえ変えられるといった声も少なくないのが出産ですが、常に立ち会う事になりますので、いつまでも生命の尊さをより実感する事が出来るお仕事でもあります。

About

Categories: 看護・医師関連