柔道整復師とは

薬に頼らない治療をする

柔道整復師といわれると耳馴染みのない言葉として、何の事を指しているのか判らない方も多いでしょうが、骨接ぎの先生の正式名称といわれると、納得される方も多いでしょう。

厚生労働大臣が発行している国の正式な資格として認識されています。
厚生労働省によって認可された専門機関に通って卒業したものが受験資格を得られるようになっているので、国家試験に合格し、晴れて柔道整復師としての資格を取得することができるのです。
外傷である打撲やねんざ、脱臼、つき指といった軽度のものから、骨折のような大掛かりなものを治療することが仕事となっています。

とはいえ、主な治療方法としては、手を使った治療がメインとなっており、自然治癒力を最大限に引き出した治療方法を実現することで、薬に頼らない治療を確立しているといえるのです。

その昔、戦国時代からこれらの治療を続けている腕のよい柔道整復師がいることによって、戦の勝敗が決まったといわれるくらい、信頼性の高い職業として認識されているのです。

昨今ではテーピングなどを行うところもありますので、治療を行うときにはどんな治療をしてくれるのかある程度カウンセリングを受けることができるでしょう。
もちろん治療に関しては各種保険が適用されるので、治療面で適切に対応するために必要な部分をリーズナブルな価格で提供してもらえます。
カイロプラクティックや整体とは大きく異なるので、治療を実現しておくために必要な費用面について、誠実で徹底的に活用することができます。

活躍できる場所

柔道整復師の資格を取得した人の中では、独立開業や骨接ぎの先生として接骨院などに勤務している人ばかりではなく、スポーツクラブや社会福祉施設、医療機関など多数の分野で活用ができるジャンルとして認識され評判です。

特に介護施設に関しては多数の部分で多く雇用されいます。
患者は治療されることによって体調面でよい変化が生まれ、認知症やうつ病などにおける行動活性化療法としても目覚しい効果を実現できるのです。
重要な部分でしっかりと納得できる治療によって、より適切な行動や自己治癒力を高めることにつながるのです。

スキルを身につけるために専門学校に通いたいと考えている方もいるでしょう。
昨今では若年層をはじめとした多数の人が就職や転職などを考慮し、専門学校で学び資格を取得し、その後多くの分野で活躍されている人が増えています。

About

Categories: 看護・医師関連