獣医師の一日

獣医師のスケジュール

獣医師は、早朝から深夜まで手一杯働くのが当たり前となる仕事です。
医療に携わる人々に課された激務をこなすハードスケジュールは、獣医師にも求められており医師とあまり変わらない忙しさです。

敢えて嬉しい面を挙げるとするならば、人間の患者ほど動物の患者が往来するペースは激しくないので、合間の休みを取る時間を確保しやすいという優位点があります。
業務の大半は、疾患や怪我を負った動物の治療を施す仕事です。

治療を行う動物は人間以外の種族全般であり、哺乳類であったり爬虫類であったり鳥類だったりと1つに限定されません。
沢山の生物を見なければいけないという点では、人体のみを診断する医師より苦労する部分がでてきます。

動物全般の生態についての深い知識を持っているのが前提となりますし、患った動物の病気と具体的な治療法を正確に判断していかなければなりません。
例えば、人間とは別の哺乳類を診るとしても犬や猫などそれぞれ違った薬剤や手術を選択する必要性が生まれます。

種族の生態を見抜いて、スムーズな診断が重要視されます。

病気の進行具合によっては、既に回復の見込みのない動物が現れることがあります。

飼い主に病状を丁寧に説明して精神的なフォローをするのは、獣医師として働く者の責務となります。

獣医師の過ごし方

獣医師は、朝昼晩といつでも仕事に入れる体制を整えておく仕事と言えるでしょう。
激務の度合いを指摘するならば、医療に関わる医師と変化ないくらいとみなすのが適当です。

患者数の多さを含めれると、人間の患者より動物の患者の方が減少してしまうので、多少は余裕を持った仕事が獣医師になるとできると想定されます。

獣医師の基本的な業務は、怪我や疾患によって苦しめられている動物を回復させることです。
治療を受け持つのは人間以外の動物全般であり、種族に限定されず哺乳類であったり爬虫類であったり鳥類だったりと、運ばれてくる動物は何か予想がつきません。
守備範囲が拡大するという意味では、人体に決まっている医師より辛い部分もあります。

求められるスキルとしてはあらゆる種族の生態を学習することになりますし、通院した動物によりベストな治療を施していかなければなりません。
同じ哺乳類を治すにしても人間、犬、猫などでは三者三様それぞれの身体的機能に準じた治療法が存在します。

獣医師は動物の性質を知り、病気に先行する手を尽くしていくのが必然的となります。
動物の抵抗力の強さによって、攻めに入るか守りを固めるかを選択していくことになります。

完治する可能性を計算するのも獣医師の大事な責務であり、飼い主のアフターフォローまで気遣ってこそ立派な獣医師であると言えるでしょう。

About

Categories: 看護・医師関連