獣医師になるには

獣医師として働く前に

医療は、内科、外科、皮膚科など部門別に分けられた医師と人間に属さない動物の治療を司る獣医師に分別されます。
両方とも国家資格を設定しており、資格をるために大学に進学して専門課程を終了することを前提とします。

医師や獣医師は、深い知識と柔軟な知恵な養成する学習を重ねるために国公立または私立の大学を最低6年間通います。
勉強の忙しからか、他学部の学生に比べて学業に比重を置くの割合が大きくなり、大学生ならではのサークル活動やアルバイトする時間などが削られてしまうのはは避けられない状態となります。

医学部や獣医学部は、臨床実験や生態観察に参加することがあり研究の基礎を学ぶ時間を大幅に費やしていきます。
獣医学部は、献体された動物を解剖して勉強する時間が設けられます。

初期の頃は、身の毛が走り見るに忍びない学生も沢山います。
しかし、1年2年と続けることで自主的に場慣れする学生が毎年いますから身構えて恐れることはありません。

獣医師と医師

医師との比較で、治療の矛先が人間から動物に変化しただけと短くまとめられてしまいますが、対象の違いが職業の色を際立ってを判別させています。

そもそも、獣医師と医師を別々にする意味があるかという素朴な疑問が湧きますが、人間とその他動物の生態を知っていくと根本的な構造の違いに気づかされて2つに分ける意味を納得します。
処方薬レベルの話をしますと、人体に効く薬剤は動物には無効であるのが平常です。

逆の見地から、動物に使う薬剤が人体には不適切ということもあります。
治療法に統一性がなくなってくると学ぶべきスキルが限度量を超えてしまい、職業の段階から2つの専門家を育てる意味がでてきます。

医療業界を牽引する医師と獣医師は、専門の医学を扱う2種類の流派に枝分かれした唯一性のある職業と考えるのが公式な見解です。
獣医師は、求人不足に悩まされ若手の発掘に追われています。

改革としては、獣医学部に進む学生を増やすことで国家資格を得る有資格者をつくり、次の担い手を生み出そうとするきっかけができるかが課題となります。

獣医師になるためには?

医療業界は内科、外科、皮膚科などを中心とした医師と動物の治療に専念する獣医師に別れます。
どちらも国家資格を必須としており、資格を取得するまでに専門課程で学習することになります。

医師や獣医師は、専門的な勉学を重ねるために国公立や私立の大学に6年間通います。
他学部の学生より学業が忙しくなるのは必然的であり、サークル活動やアルバイトをする時間が少なくなるのは覚悟しなければなりません。

特に、医学部や獣医学部は臨床実験に立ち会うことが度々あり、生態についての分析を深く追求していきます。
獣医学部は、動物の体を解剖して研究する時間があります。

最初は、慣れずに吐き気を催す学生もいます。
ただ、数をこなすことで自然に克服する学生が多くいますから、執拗に心配することはありません。

人材不足

動物に効く薬剤が人体には無効ということもあり、治療法を検討する上で基礎レベルから各々の学問を構築する必要がありました。

医療を引っ張る医師と獣医師の両方は、生命の救済を目指す目的では共通しても違うベクトルで治療する職業と分けて考察するのが一般的な見方です。
獣医師については、人手不足で次世代のホープが十分育っていないのが突きつけられた問題とされています。

獣医学部に入る学生が増えて有資格者を輩出していけば、人材不足を解消して求人が活発になります。

About

Categories: 看護・医師関連