メディカルクラーク

メディカルクラークとは医療事務技能審査試験に合格する事で名乗れるものです。
いつかお話したように、医療事務は誰でもなれるものです。
一人前にこなすためにはそれ相応の知識が必要なものではあるのですが、医療事務になるための資格はありません。

つまり、医療事務を募集している所に応募する事は誰でも出来るのです。
医療事務の専門学校や通信教育を行ってくれている教育施設もありますが、それらは国家資格のように試験を最終目的としているのではなく、知識を深める事を目的にしています。
つまり、ベテランの医療事務も新人の医療事務も経験値は異なれど、同じ「医療事務」である事には違いないのです。

医療事務の中で

医療事務従事者からすると、それまでどれだけ頑張って来ても、資格を必要とする訳ではないですから何も知らない新人さんがやってきて、全然出来が悪いのに自分と同じように仕事をしている事に対してあまり良い気持ちにならない人もいるかもしれませんが、そのような人たちにとってメディカルクラークはありがたいものでもあるのです。
メディカルクラークは医療事務のスキルがどれくらいあるのかを問われるのです。
レセプト業務や窓口対応、カルテ管理等、医療事務で求められる能力を持っている事を証明する資格でもあるのです。

2級と1級があるのですが、メディカルクラークの資格を保持しているのであれば、医療事務をしっかりとこなす事が出来る証明でもあるのです。
自分自身がどれくらいの事が出来るのかを判断してもらう材料になるのですし、雇う側としてもメディカルクラークを持っていれば「ある程度はやってくれる」と計算が立ちます。
先にもお話したように、医療事務は誰もがなれるものです。

選べるのです

医療事務のスタッフに欠員が出たがために募集をかける。
これはおかしな事ではありませんが、どのような医療事務のスキルを持った人間が来てくれるのかは未知数です。
ましてや明確な資格等がある訳ではありませんから、永らく医療事務に従事していた人が来る可能性もあれば、これから医療事務の道に進みたいと考えている、その時点では医療事務の知識をほとんど持っていない人間がやってくる可能性もあるのです。

ですが「メディカルクラーク募集」とすれば、医療事務がどのようなものなのか分かっている人間がやってくるのですから不安もありません。
医療事務に努めている人間としても目標にする事が出来ますし、アイデンティティにもなります。

2級に関しては平均合格率はおよそ6割程度で、1級はさらに難易度が高いのですが、難易度が高いからこそ取得する価値があるのです。
このように、メディカルクラークは医療事務スタッフには目標として、雇う側としては一つの指標となってくれる事なのです。

About

Categories: 看護・医師関連