看護師から保健師へ

医療に携わる仕事に憧れていた私は、高校卒業後に看護専門学校に入学しました。
学校での毎日は、授業に加え毎日の実習、記録に試験と辛い毎日でした。
一緒に立ち向かう仲間がいたから乗り越えられた、といっても過言ではありません。
3年生になると毎日の過酷な学校生活、それに国家試験の勉強が加わりました。
幅広い範囲から多種多様な問題が出されるのです。
勉強してもしても足りません。
一生の間ににあんなに勉強した時期はありません。
就職活動も同時に行います。
嬉しいことに就職は早いうちに決まっていました。

しかし、就職先は決まっているが資格はまだという状況はストレスでした。
落ちれば内定取り消しなのでです。
力を出し切って試験は終了、手応えよりも「なんとかこの日を乗り切った」という感情が強かったです。
結果は合格、無事社会人になることができました。
就職してからも、毎日が勉強です。
日々の業務に加え疾患、処置、患者への指導内容など毎日学ぶべきことは多く、
ついていくのがやっとでした。

頑張り続ける毎日、時は過ぎ日常業務が手早く送れるようになってきた頃、後輩指導を任せられました。
その後、委員会や病院内での役割、リーダー業務などどんどん責任ある仕事が任されるように
なってきた頃、毎日の業務だけではなく患者の生活について目が向くようになってきました。
家ではどんな生活を送るんだろう?から始まり、今までどんな生活習慣だったのか?
病気になる前に予防することはできなかったのか?と考えるようになってきました。
退院時、在宅への継続看護としてケアマネージャーや、
訪問看護師などとカンファレンスをして計画を立てて送り出していました。
しかし、入院する前の生活、予防という観点では介入できていないことに気がつきました。
実は保健師という仕事に憧れていた私…。
キャリアアップのため、専門看護師を取るんだと頑張っている仲間はいましたが、
保健師といえば転職になります。

一旦退職し学校に通わなければいけません。
無理だと諦めつつも、学生時代に訪れた保健所での実習が忘れられません。
一度仲の良い先輩に、冗談めいた口調で相談したことがあります。
その先輩は、結婚・出産を経験し、今は育児のため夜勤免除で時短を使用しています。
「夢があるなら、若いううちに自分のやりたいことをしたほうがいいわよ。
」と言われ、本当は専門看護師の資格を取りたいのに、
子供がいるため諦めざるを得ない自分の境遇も交えながら助言をしてくれたのです。
その言葉だけで決めたわけではないですが、その後県立学校の保健学科の資料請求をしました。
希望を出して来月に退職というわけにもいかないので、師長にも相談ししました。
最初驚かれましたが、私の気持ちを話す納得してくれ笑顔で「あなたがいなくなるのは痛手だけど…
頑張って」と言って頂けました。

看護師資格を持っているため、1年のみの学生生活になります。
これから入試、遅めの学生生活、大変な国家試験が待っています。
この先看護師と保健師では業務内容も違い、大変だということも分かっています。
でも10年近くも勤めた病院を辞めてまでとりたかった資格です。
後悔のないように日々頑張っていこうと思います。
同じように保健師を目指している方にも頑張ってほしいと思います。
保健師の仕事を探しておられる方もいらっしゃるでしょうから、その方にも頑張ってほしいと思います。
せっかくとった資格なのですから、もし職場でいやなことがあったとしても、めげずに頑張りましょう。
保健師仕事は医療系求人がたくさん掲載された保健師求人サイトに掲載されています。
自分に合った良い職場で働けると良いですね!

About

Categories: 看護・医師関連