診療放射線技師の資格と業務内容。

診療放射線技師とは、厚生労働大臣の免許を受け、
医師又は歯科医師の指示の下に、放射線を人体に対して照射することを業とする人のことです。
放射線を用いたレントゲン撮影(あるいはエックス線撮影ともいう)を行う専門家であることから、
レントゲン技師、エックス線技師と呼ばれることもありますが、
これは、分かりやすい日常的な言葉使いであって、正式には、診療放射線技師といいます。

人間の体を透視することができる放射線は、
ガンをはじめ様々な病気の発見に繋がる重要な役割を果たしています。
しかし、一方で、原子力爆弾の投下や、原発事故から分かるように、
使用法や使用量を守らなければ、人体に極めて危険で有害な化学物質でもあるのです。

そのため、放射線技師になるには、放射線をはじめとした化学や医学の知識、放射線の扱い方、
そして、レントゲン撮影の知識やスキルなど、高度な知識とスキル、高い倫理性や、
危険物を扱うことに対する責任の重さを理解する必要があります。

そのため、診療放射線技師の受験資格を得るためには、まず、厚生労働省の指定を受けた養成所において
3年以上にわたり、知識と技能の修習を行うことが求められます。

具体的には、指定を受けた専門学校や医療短期大学、大学などの養成科において、
放射線や医療に関する知識、撮影の技術を学び、かつ、病院などで実習を行うなどするのです。
診療放射線技師は、患者さんや、健康診断を受けにきた方と、接したり、
会話をすることが多いことから、接遇の科目を設けるところもあります。

確かに、胃部エックス線撮影など、慣れないバリウムを飲んでの撮影が、スムーズに行くかどうかは、
診療放射線技師の会話力や、いかに受診者の不安を取り除き、気持ちよく撮影を行ってもらうか、
という工夫や力量、コミュニケーション力にかかっているところが大きいです。

単に機械と向き合うだけではなく、あくまでも、
人ありきの仕事だということを忘れないようにしなければいけません。
診療放射線技師の業務としては、放射線診療のほか、放射線を用いない非放射線診療もあります。

また、放射線を用いる放射線診療においても、レントゲン撮影やCT、
マンモグラフィー検診検査などの画像診断のほか、血管撮影、透視・骨塩定量、核医学検査と
いわれるものがあったり、撮影ではなく、ガン治療の一環として、放射線治療を行うこともあります。

放射線治療は、ガンという重い病を抱えているうえ、副作用などの虞もあり、
患者さんやご家族の不安はピークに達するのです。
ここでも、診療放射線技師の心配りや気遣い、コミュニケーション力に期待が寄せられます。
また、最新の技術として、ラジオアイソトープという放射線物質を体内に注入して、
その分布や動きを撮影して画像処理するというラジオアイソトープ検査を行う病院も登場しています。
非放射線治療としては、MRIや超音波検査、眼底検査があるのです。

また、放射線という危険な化学物質に関する高度な専門知識を有する者として、
放射線の管理や品質管理も重要な業務になってきます。

About

Categories: 看護・医師関連