診療放射線検査技師

いきなり「診療放射線検査技師」と言われても一体それが何を意味しているものなのかよく分からない人も多いかと思いますが、診療放射線検査技師は簡単に言えばレントゲンやCT、MRI等を撮影するお仕事です。
それらの総称として「診療放射線」という言葉が用いられているのですが、そもそもいわゆるレントゲンやCTは、医師、歯科医、そして診療放射線検査技師だけに許されている事なのです。
近年の歯医者ではレントゲンを撮る事も珍しくないのですが、資格の有用性から考えると決しておかしな事ではないのです。

むしろ当然と言っても良いのですが、歯科医であればそれをもとに治療方針を決めるのですが、医師の場合にはいろいろな事を行わなければなりません。
さすがに患者一人に付きっ切りと言う訳にはいきませんから、レントゲンやCTは診療放射線検査技師に任せるケースが多いのです。
これらを用いる事で体の中を見る事が出来ます。

現代医療と放射線

外見からだけでは判断する事が出来ない体の中を確認する事が出来ますので、現代医療に於いてとても大切な役割を担っている職業になるのですが、診療放射線検査技師は誰もが就けるお仕事ではありません。
国家資格になりますので、国家試験に合格しなければならないのですが、そのためには診療放射線検査技師養成課程のある大学や専門学校を卒業する事で受験資格を得る事が出来ます。
学校の方では座学よりもむしろ技術を身につけるための実習がとても多いのが特徴です。

医療の進化はとても目覚ましいものですが、体の中をと思ったらどうしても診療放射線に頼らざるを得ません。
胃カメラのように、体の中を見る事が出来るカメラもありますが、それらはあくまでもカメラを中に入れる事が出来る部位しか確認出来ません。
その点診療放射線は体の隅々まで調べる事が出来ますので、ガン治療等、なくてはならないものでもあるのです。

女性の需要

一方、女性の診療放射線検査技師の需要も高まりつつあります。
これはやはり乳がんの影響です。
女性にとって乳がんは女性特有のもので、誰もが無関係とは言えない症状かと思うのですが、チェックする際、やはり男性の診療放射線検査技師ではあまり良い気はしないものです。

そのため、女性の診療放射線検査技師が求められているのです。
近年ではがん細胞を破壊するための放射線治療も担当するようになっていますので、様々な形で活躍が見込めるお仕事となっています。

特に医療の進化のおかげで、ガン以外はほとんどが治療出来るようになってきています。
ですがまだまだガンはなぜ発症するのかさえ分かっていないのですから、ガン治療のための設備や診療放射線検査技師の存在はこれからますます重宝される事でしょう。

About

Categories: 看護・医師関連