病棟クラーク

病棟クラークは看護師や医師をサポートする仕事

病棟クラークと聞いても、ピンとこない人も多いかと思いますが、病院に入院することがあると、必ずかかわってくれる人ですし、医師や看護師にとってなくてはならない存在です。

入院施設が大きく患者さんが多いという病院は、病棟ごとに病棟クラークがいて、医療関係者は医療に従事し、患者さんは治療に専念できるようにサポートしています。

実際に病棟クラークがどのような仕事を行っているかというと、まず患者さんが入院される際の書類の受取、病室の手配、ベッドに着けるネームの準備など行っています。
入院してきた患者さんの名簿の作成やカルテ管理なども行うため、管理という仕事も病棟クラークの大切な仕事です。

医師が診察を行う前に、今日どうして病院にきたのか?どこが不調なのか?などの様子を聞くことがありますが、医師のかわりに患者さんの待ち時間中にある程度の質問を行い、診察がスムーズにいくようにするのも病棟クラークです。

看護助手とかなり近い仕事になりますが、病とクラークは医師、看護師の仕事がどのようなことをしているのかを把握しなければいけませんし、病棟クラークが起点を聞かせてスピーディに、正確に働くことで、診察がスムーズに進みます。

橋渡しという大きな仕事を担っている

医療事務と病棟クラークが同じような仕事だと思っている方も少なくありませんが、医療事務のメインの仕事は会計窓口、レセプトと呼ばれる診療報酬に関する仕事で、病棟クラークはナースステーションに常に待機して、医師、看護師が診察、治療などを行う際、近くでサポートするという仕事に成増。

医療事務と比較すると病院にもよりますが、より、患者さん、医師と近い、つまり医療の現場に近い存在ということがわかります。

医師と看護師との連携が重要な役割となりますが、医療事務との連携も必須です。
例えば、患者さんが別の病院に移動するということになった場合、その紹介状を書いてもらわなければいけないので、これを病棟クラークが依頼するのは医療事務です。

また患者さんの治療が終わり退院となって、その伝票を処理するなどの仕事も必要となってきますので、この時にも医療事務との連携が必要となります。

様々な医療関係者とのかかわりがある

医師、看護師のほかにも時に医療事務と連携し、時に看護助手との連携が必要という時もあります。
病棟クラークはとにかくいつも忙しく、病院内を回っているという印象があり、サポートするという仕事は苦労もあります。

ただ病院内の事を最も詳しく理解されているともいえる病棟クラークの存在は、医師や看護師にとってまた他の医療関係者にとって非常に大切な存在です。
気をくばり様々な事に気づきを持ち、患者さんが気持ちよく治療、入院等できるためにも病棟クラークは非常に大切な存在です。

About

Categories: 看護・医師関連