看護師という仕事

病気やケガなどで病院に行った時に、医師と同じくまたはそれ以上に
患者である私たちのケアをしてくれるのが看護師です。
ではその看護師にはどのようにしたら成れるのでしょうか?

まず、看護師は、国家資格です。
その国家資格を得て、看護師になるには大きく分けて3つのコースがあります。
ひとつは看護学校、そして看護短期大学、最後は看護系大学です。
看護学校は3年、看護短期大学は2年、看護系大学は4年というカリキュラムです、
どのコースを選ばれるかはご自身の自由ですし、どのコースを選んだにせよ、
「看護士国家試験資格」は得る事ができますので、
その後、国家試験に合格すれば「看護師」になることは可能です。
以前は看護学校で3年学び看護師なるという人が大半を占めていましたが、
現在では看護系大学で4年学び、看護師になるという人が増えてきています。

その背景としては、看護系大学を卒業すると「看護師国家試験資格資格」だけでなく
「助産師国家試験資格」をも得られるという点と、進歩し続けている医療の現場に対応するだけの
即戦力として現場に立てるだけの「学力」「知識」「能力」を4年の間に身につける事ができるという事で、
看護系大学を選ぶ人が増えているのです。
ただし、ただ単に「看護師」として医療の現場で働いきたいという人ならば、
従来の看護学校でも充分な学力を賄うことができるので、現場に早く出たいという人ならば、
看護学校で構わないと思います。
そして先ほども書いたように、看護師というのは「国家資格」ですので、
一度資格を取得すれば、その資格は一生有効に使うことが可能です。

例えば、結婚、子育てなどで、いったんは医療の現場を離れざるを得ない事になった場合にでも、
時が経ち状況が変わった時には、またその「看護師」の資格を生かして
医療現場に復帰をすることは容易なことです。
その時には、看護師の専門求人サイトを利用すると良い求人情報が見つかると思います。
これは一度結婚、出産などで職場を離れた女性の再就職が難しいと言われている昨今の中では、
「看護師」という職種は現在も不足をしている状況なので、復帰、または転職が容易にできるという面で、
女性にとっては有意義な資格ともいえるのです。

ただ職務内容は大変厳しいものがあります。
日勤のみの病院の勤務でしたら、土日祝日休みも可能でしょうが、
入院患者を受け入れている病院などでは、病棟に配属をされた場合には、
三交代がありますので、夜勤は必須ですし、例え外来勤務といえども、
休日には日直、宿直などがありますので、いつもお休みなるとは限りません。
これはどのような診療をする病院に勤めるかによって決められる事ですので、
ご自身のライフスタイルに合わせた職場を選ぶ事も可能です。

余談ですが、看護師の事を「ナイチンゲール」と呼ぶことがありますが、
これは「フローレンス・ナイチンレゲール」という実在の女性の名前が由来です、
彼女は『近代看護の生みの親』とされている方ですので、看護に興味がある方で、
まだこの女性について知らないという方は、一度伝記などを読んでみて下さい。
いかにして彼女が「白衣の天使」と呼ばれたかというかとがよく解ると思います。

About

Categories: 看護・医師関連