第4のガン治療について

現在のがん治療というのは大きく分類すると外科手術、放射線療法、化学療法の3つがあります。
それぞれにメリットがあるもののデメリットもあるのです。
そのため、メリットを生かしながらデメリットを最小限にするために、外科手術・放射線療法・化学療法の3つの組み合わせをすることも多いようです。
どれも高度医療とされ高額な医療費がかかりますが、国民保険が適応されているため、全額負担する必要はありません。
その3つのガン治療は医療技術の発達とともに効果・安全性・患者の負担軽減など大きく発展してきました。
しかし、その3つの外科手術・放射線療法・化学療法だけでは、ガン治療で限界があるものです。
そこで医療の発展は外科手術・放射線療法・化学療法の3つだけでなく、現在第4のガン治療を確立するために研究が進められているのです。
最新の治療法で期待されているものに免疫療法が挙げられるでしょう。
もともと、ガン細胞というのは自分自身の細胞でしたが、遺伝子の一部が傷ついたことによって暴走を起こしたものなのです。
その細胞の暴走が転移することによって、人体の至るところで悪影響を与えて、放置し続けていると最後は死に陥ってしまいます。
しかし、本来体内には体に害を及ぼすものを排除するシステムが本来備わってします。
その代表と言えるのが免疫でしょう。
この免疫というのは体外から侵入してきた異物を無害化させ分解させてしまう能力があります。
そこで重要となるのが異物かどうかを判別することです。
異物を認識する方法として、自己・非自己があります。
自己か非自己であるかを分別することで、自分自身にダメージを与えないようにするためです。
その非自己のものにだけ攻撃するように免疫システムは作られているのです。
でも、先ほど述べたようにガン細胞は元々自分の細胞だったのです。
そのため、通常の免疫システムではガン細胞を攻撃することはありません。
免疫療法とは、免疫システムにガン細胞を非自己だと認識させる治療法なのです。
そうすることで、免疫システムがガン細胞を攻撃し分解してくれるのです。
この免疫療法ではガン細胞だけを攻撃して他の正常細胞にはダメージを与えません。
さらに治療では注射のみなので大掛かりな手術を必要とせず、患者への負担がほとんどないのです。
確実にガン細胞を減らし、患者の負担が少ないと多くの業界から注目されています。
まだ研究段階ですが、あと数年で技術が確立されて国民保険で適応されると言われています。
さらに研究が進められてより精度があがり、多くの人々に利用されるようになれば、より安くより安全にガン治療で効果を得ることが出来るようになるでしょう。
第4のガン治療としてのこの免疫療法に他の外科手術・放射線療法・化学療法と組み合わせることで、さらにガンを克服させる確率が高まり、患者への負担も激減すると思います。
多くのガン患者を救うためにも、一刻も早く免疫療法を確立して利用しやすい環境が整うことを願うばかりです。

About

Categories: 療養・薬剤関連