臨床工学技士とは

臨床工学技士とは医療に携わる人であり、生命維持管理装置を取り扱っている人です。
専門学校や大学で一定のカリキュラムを修得し、国家試験に合格する必要があります。

生命維持管理装置とは人工透析装置、人工呼吸器、心臓ペースメーカー、人工心肺装置などのことで、
臨床工学技士は生命維持管理装置の操作や保守点検を手掛ける医療機器のエキスパートとして
役割を担っていきます。

生命維持管理装置というと医師や看護師が操作しているのを思い浮かべる方もいるかもしれません。
確かに、医師や看護師も医療機器の操作を日々行っています。

ですが、利用技術の進歩は目覚ましく、新しい医療機器をパーフェクトに使いこなせる技術を
常にブラッシュアップしていくのは、患者の治療に多忙な医師や看護師にとって現実的ではありません。
また、医師や看護師は患者の症状や状態は分かっても、機械の専門家ではありませんから、
急に故障したりトラブルが起きた際、対応が難しいのが一般的です。

しかし、生命維持管理装置のトラブルは患者の命に影響を与えかねません。
医療機器の高度化や複雑化を受け、1987年に臨床工学技士が国家資格として誕生し、
医師の指示の下に医師や看護師に代わって臨床工学技士が生命維持管理装置を操作できるように
なったのです。

緊急で患者への対応を医師や看護師が行う間、装置のトラブルに対処したり、
そもそもそのような事態が起きないよう、日頃から医療機器のプロとして点検やメンテナンスをして、
常に最高の状態にしておくことが臨床工学技士の役割といえるでしょう。

臨床工学技士の主な業務は先にも述べたように呼吸や代謝、血液循環といった生命の維持に
直接通じる人間の体の機能を代行したり、補助するための生命維持管理装置を扱うことです。

腎不全患者のための透析治療の人工透析装置の操作や点検、手術室における
高度な手術用機器の事前管理と点検および操作、ICU(集中治療室)における、人工呼吸器や
心臓ペースメーカーなどの操作や点検などを行っていきます。

先進医療や高度な医療機器の開発が進む時代だからこそ、社会的に期待される
臨床工学技士になるためには機械工学はもちろん、医学に関する知識や技術を身に付けなければ
なりません。

また、医師の片腕として、医師や看護師ら他のスタッフとともにチーム医療の一員として
活躍することが期待されているといえるでしょう。

そのためには、高度な技術や高い見識だけでなく、コミュニケーション能力が不可欠です。
臨床現場では直接、患者さんと向き合うケースもあり、その意味でも安心を与える
コミュニケーション力は必須といえるでしょう。

About

Categories: 療養・薬剤関連