管理栄養士って!?

以前は、栄養士資格のみ有し、管理栄養士資格を持つ人は稀でしたが、社会的なニーズと、
より幅広く実践的な栄養指導などのニーズの高まりを受け、管理栄養士を目指す人が増えています。
管理栄養士になると就業先は多岐にわたり、活躍の場が増え、リーダー的な役割が担えるなど、
栄養士に比べて、待遇もよくなります。

学校給食や社員食堂、病院や老人ホームの調理室などで生徒や従業員、患者さんや
高齢者の食事内容を考え、献立を作成したり、個別に食事指導などを行うことができるのです。
保育園や幼稚園などで小さな子供たちが成長するための
栄養価の高い食事を作ったりするという仕事もあります。

肥満の児童が増えたり、小児糖尿病にり患する児童が増えたり、
成人では生活習慣病になる人やメタボ予備軍が増えており、
管理栄養士による栄養指導のニーズや、バランスのよい献立作りなどへの要求は高まっています。

また、市役所や保健所などに勤めて、栄養指導に当たることもあるのです。
さらに、食品メーカーや健康食品メーカー、サプリメント開発メーカーなどでも、
管理栄養士へのニーズが高まっており、活躍している人がたくさんいます。
最近では、病院における献立作成にとどまらず、
食事の改善などを通して体調回復を目指すための栄養管理チームの中心的な役割を担う人材として、
医師や看護師、薬剤師とチームを組んで仕事を行うなど、活躍の場が広がっています。

管理栄養士資格を得て、自宅やカルチャースクールなどで料理教室を開いたり、
ガス会社や電力会社をはじめ各種企業の主催するイベントなどで健康によい料理を披露したり、
雑誌などのダイエット特集で、バランスのとれたダイエットメニューの提供や、
栄養に関するアドバイスの執筆を任されることもあるのです。

管理栄養士になるには、まずは、栄養士の資格を取得する必要がありますが、栄養士になるには、
栄養や料理の専門学校の栄養科など、国が指定する栄養士の養成施設で、2年から4年に渡り、
栄養学と調理の実践技術を学び、定められた過程を修了すると、卒業時に栄養士の資格が得られます。
卒業後、上記に挙げたような施設やメーカーなどで栄養士の資格を活かして
一定年数以上の実務経験を積むことで、管理栄養士の受験資格が得られます。

なお、栄養大学など4年生の大学卒業により栄養士の資格を取得した場合は、
実務経験なくして、管理栄養士の試験を受験することが可能です。
試験科目は、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論、
食べ物と健康、人体の構造と機能および疾病の成り立ち、社会・環境と健康となっています。
大学などで学ぶほか、仕事に就きながら試験を受ける場合は、
通信教育で管理栄養士の資格対策で学ぶ方も多いようです。
試験はマークシート方式で、正答6割で合格することができます。

About

Categories: 療養・薬剤関連