医療事務管理士

医療業界で働くために必要となる資格は様々なものが存在しますが、その中には医療事務管理士と呼ばれる資格もあります。
これは国家資格ではなく、民間資格の一種となりますが、この資格を取得することで医療系の仕事に就くことができたり、就職に有利になることもあります。
ここでは、医療施設に必要となる医療事務管理士について記述していきたいと思います。

仕事内容

医療事務、という名前を聞いたことがある方は多いと思います。
病院やクリニックにおいて、患者の受付業務や治療費の清算、診療報酬明細書作成、カルテ管理といった業務に携わるのが医療事務であり、通常の事務職とは違った専門的な知識が必要とされます。

医療保険制度や診療報酬の仕組みをしっかりと理解していないとこの仕事に携わることはできず、通常の事務職のように経理能力やパソコンの操作能力だけが勝っていてもこの仕事はできません。
通常の事務スキルはもちろんですが、しっかりと医療に関する専門知識が必要となるのです。

実際の治療行為や医療行為に携わるわけではありませんが、医療の現場を裏からサポートしているのが医療事務であり、現在の医療施設において医療事務スタッフは必要不可欠な存在であるとも言えるでしょう。

医療事務管理士の資格

医療事務の必要性についてはさきほど述べたとおりですが、この仕事に就くために絶対的に必要となる資格は特に存在しません。
医療事務管理士はあくまで民間資格であり、この資格がないと医療事務の仕事に就くことができないということはありません。

しかし、この資格を持っているということは医療事務に関する高い知識を有していると判断されるため、持っていることにより就職や転職に有利に働くことは想像に難しくありません。
医療事務という仕事は前述したように医療施設においてなくてはならないものなので、資格保持者を優遇する職場は少なくありません。

医療事務管理士の資格を取得するための試験はとくに受験資格などもないため、誰でも受けることが可能です。
また、この試験では医科と歯科から選択することができ、いずれも学科、実技といった2種目の試験が行われます。

医療事務管理士という称号は現在商標登録が認められており、知名度も高まりつつあります。
有資格者の多くが全国の様々な医療機関で業務に携わっていることからも、この資格の重要性が伺えるのではないでしょうか。

医師資格や看護師資格のように、業務に携わるために絶対的に必要な資格ではないにしろ、医療事務管理士という資格を取得することにより活躍の場を広げることができるというのは紛れもない事実です。
医療業界で活躍を夢見るなら視野に入れておいても善いでしょう。

About

Categories: 療養・薬剤関連