MR

Medical Representativeと聞くと少々難しい事のように思えるかもしれませんが、これはいわゆる「MR」の略です。
名前くらいは聞いた事があるという人も多いかとは思いますが、具体的にMRがどのようなお仕事を行っているのかは実はあまり分かっていない人も多いのではないでしょうか。

横文字なおかげで何やら洗練されたビジネスマンといった印象をお持ちの方もいるかもしれませんが、日本語に訳すと「医薬情報担当者」になります。
製薬会社等に所属し、医薬品の情報を取り扱いながら病院に情報提供するのが主なお仕事です。
特に薬は常に新しいものが登場します。
どのメーカーも様々な形で研究しているのです。

常に研究

そのため、MRは常に勉強しなければならないのです。
MRになった時点での知識がいつまでも通用すると思ったら大間違いであって、常に新しく確実な情報が無ければならないのですが、具体的にMRはどのような一日を過ごしているのかと言えば、基本的には先にお話ししたように製薬会社や医薬品メーカーに在籍していますので、会社員として出社し、自分の足で様々な病院を回り、良い薬があれば契約を取ってもらったりするのです。
営業活動を重点的にするのではないのですが、良い薬であれば病院としては採用したいと思うものです。

言葉のイメージからすると、常に研究でも行っているのではないかと思うかもしれませんが、実際にはそうではなく、むしろ足でお仕事を行うのがMRなのです。
ですので一番大切な事は薬の知識です。
新しく出てくる薬の情報を正しく理解しておかなければならないのです。

ましてやMRは一人ではありません。
他のMRに後れを取るような事があれば、メーカーの開発陣の足を引っ張ってしまう事にさえなりかねないのですから、そのような事にならないためにも常に新しく、そして正しい知識を持っていなければなりません。
MRはなって終わりの職業ではなく、日々勉強しなければならないのです。

他のお仕事であれば、仕事に就くために知識を集め、その知識を元に仕事を行うものです。
ですがMRに関して言えばなって終わりのお仕事ではありません。
むしろなってからの方が断然勉強しているMRもとても多いのです。

コミュニケーション能力

さらには知識だけではなく、医師や病院とのつても大切ですし、コミュニケーション能力も求められます。
正しい知識はもちろんですが、医師や病院にその薬を使ってみるのも良いかもしれないと思ってもらうためには、やはりコミュニケーション能力も求められるのですから、思われている程簡単なお仕事ではありませんし、言葉から

イメージするようなお仕事でもないのです。
常に新しい薬の情報とコミュニケーション能力。
これらが求められるのがMRです。

About

Categories: 療養・薬剤関連