作業療法士はどんなことをする仕事か

作業療法士はOccupational Therapist でOTと呼ばれています。
作業療法士になるには養成学校へ3年から4年通い(学校によって違うが最近は4年制が多い)
「作業療法士」という国家資格に合格してはじめて作業療法士として勤務できます。
作業療法とは簡単に言うと心身に障害をもった人に対して、
生活の質の向上や社会復帰を目指して応用的動作を中心に回復を図る事です。

療法士はできる限り最大限に回復が図れるよう運動を提案していく人となります。
応用的動作とは日常生活に必要な動作でトイレ動作や入浴動作、整容動作、食事動作などを言います。
理学療法士や言語療法士とともにリハビリテーション科に勤務することが多いですが、
老人ホームなどの福祉施設にも勤務しています。
理学療法士は反対に基本的動作の回復に関わりますが、
作業療法士は応用動作という事もあり幅広く関わる事が多いです。

また基本動作を獲得して、それに応じた応用動作をつなげていくため
チームワークを組んで仕事することが主になってきます。
障害の状態に応じて課題も変えて行きます。
また人を相手とする仕事なので医師や看護師と同様、全身状態の把握も必要になってきます。
医療・福祉業界はこのように状態の変化が激しいため、多方面での知識が必要です。
病院ではカンファレンス(会議)があって、一人一人の患者さんに対して、
医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語療法士・ソーシャルワーカー・看護師などが
話し合う事が多く、他部門の知識もある程度必要になってきます。

就職状況ですが、今では作業療法士の養成学校も増え、作業療法士が増えています。
そのため看護師のように就職先が余るほどという訳にはいかないです。
その分作業療法士としての質が求められてきています。
また、現役で作業療法士の学校に行く方もいますが、再就職で養成学校に行く方も結構多いです。
就職してからは様々な講習会が全国各地で開かれていますので、
病院・施設ごとにや個々で選んで自主的に勉強しています。

また地域ごとに作業療法士協会があって、定期的に症例発表会や交流会を開催しています。
新人研修会もしっかりあって、就職してからも勉強できる環境にあると思います。
病院によっては外部に公開の勉強会を開催している所もあります。
勉強会と言っても徒手手技などの実技や理論など種類もさまざまです。
大まかな仕事内容は評価して問題点を抽出し考察、治療の繰り返しとなります。
評価内容は全身から局所までたくさんあります。
直接動作をみて問題点を探すこともします。
目標は人によって違います。

例えばピアニストであれば・・・主婦であれば・・・スポーツ選手なら・・・
などひとによって動作の優先順位や必要度が変わってきます。
限られた時間の中で個々の生活の質を上げる事を考えていきます。
リハビリテーション科の中でも一番患者さんの以前の生活などを把握しているのが
作業療法士ではないでしょうか。

About

Categories: 療養・薬剤関連