視能訓練士の職業について

視力が落ちたり、突然目がぼやけるようになったりすると、不安でしょうがなくなりますが、
眼科医の適切な治療を受け、視能訓練士の指導に従うと、また元通りになる可能性も十分にあるので、
市販の目薬などで効果があらわれない場合は、まずは最寄りの医師の診断を受けることが大切ですね。

視能訓練士とは耳慣れない職業かも知れませんが、1971年(昭和46年)に制定された
「視能訓練士法」という法律に基づいた国家資格を持つ医療技術者のことを指しますが、
欧米の視能矯正の歴史は古く、1929年イギリスで始まったといわれています。
主に眼科で医師のサポートを行い、医師の指示で視力検査を行って、
患者が斜視であったり弱視である場合は治療だけでなく訓練の処置を行う事が仕事です。

眼科で行う視機能検査で有名なのは視力検査ですが、遠視、近視、乱視といった屈折異常に関する
検査をはじめ、白内障、緑内障などの眼疾患に関する検査、眼鏡やコンタクトレンズの処方に関する
検査などがあり、超音波や、電気生理学、写真の撮影検査などを行うこともあります。

医師は、これらの検査結果を見て、患者の症状を判断することになるので、
視能訓練士は医師を手助けするために大切な役割を果たすことになります。
また視能訓練士は検査以外にも、斜視や弱視などの訓練指導を行うことがあり、
両眼視機能を回復させるための視能訓練や検査には
両眼視機能検査、眼筋機能検査、斜視訓練、弱視訓練、精密屈折検査などがあります。

それ以外にも検診業務分野があり、眼疾患の予防のため、早期発見、早期治療が出来るよう、
3歳児健康診査、就学時健康診査、生活習慣病検診などを行っていますし、
拡大鏡や、拡大読書器、単(双)眼鏡、遮光眼鏡などの使い方を
教えるお年寄りや視力低下者のためのリハビリ指導の仕事もあります。

視能訓練士になる方法は、高卒の場合は3年以上、大学・短大卒、看護学校卒の場合は
1年以上の所定の教育課程を修めた後、年に1回実施される国家試験に合格しなければなりません。
試験地は東京都や大阪府で行われ、試験科目には基礎医学大要や基礎視能矯正学、視能検査学、
視能障害学、視能訓練学などがありますが、全国に25校ある視能訓練士養成施設に入学すれば、
専門的な知識や技能をきちんと学ぶことが出来ます。

合格して視能訓練士の資格を取ると晴れて、最近求人が増えている大学病院や国公立病院、
地元の眼科クリニックなどで働くことが出来るので安泰です。
視能訓練士の有資格者は、全国に約6000人強と言われていますが、
パソコンやゲームなどで目を酷使する現代人にとって、目の病気は深刻な問題となっており、
この先ますます需要が見込まれる職業だと考えられているので、年々志願者が増加傾向にあるようです。
視能訓練士は、医師よりも患者と接する時間が長い仕事であり、不安を取り除いたり、
コミュニケーションを取ることで患者に安心感を与えることが出来るので、
これほど有意義で役に立つ仕事もないと思いますね。

About

Categories: 療養・薬剤関連