心理職とは

心理職とは、福祉厚生、教育、司法、産業などの分野において、
心理学の専門知識を活用することを求められる職業と、
その仕事をしている人のことを指しています。

医療分野でのこの職業に属する資格には、
臨床心理士、精神保健福祉士、認定カウンセラーなどです。

これらの人々は、精神科や心療内科、小児科、神経科、精神保健センターなどで活躍しています。

医療現場で働く心理職には、
子供から高齢者までの幅広い世代の相談に応じられることが必要です。

さらに彼らには、カウンセリングの技能はもちろん、医学的知識も求められています。

心療内科や精神科で働く場合、医師と共同で心理テストなどを行うこともあるのです。

学校に勤務する場合は保健室でのカウンセリングも担当することがあります。

教育現場で活躍できる心理職の資格には、
教育カウンセラー、スクールカウンセラー、交流分析士、家族相談士、キャリアカウンセラーなどがあります。

なお、教育現場で心理カウンセラーの仕事に従事するためには、
臨床心理士の資格を取得することが必要不可欠です。

しかし地域によっては、資格がなくとも大学院で心理学を専攻し、
2年以上臨床経験を積んでいればスクールカウンセラーとして働くことができる、
と定めているところもあります。

教育現場で心理職として働く場合、
小中学校に設けられている相談室などで生徒のさまざまな相談に応じたり、
保護者のカウンセリングを行ったりすることになります。

ここでは、学業や進路などの相談に応じるというケースが多いです。

相談内容によっては保護者、児童相談所、家庭裁判所などと連携しながら
問題解決にあたることもあります。

臨床心理士、応用心理士、認定心理士、認定カウンセラーの資格を持つ人は、
司法の分野での心理職として活躍できます。

彼らは家庭裁判所、少年鑑別所、少年院、刑務所でカウンセリングや
支援を行う仕事に携わっているのです。

司法分野の心理職の人たちは、相談者が問題を起こしたその背景や
心理、家庭環境などを見極めつつ、社会復帰したときに
また問題を起こすことのないように努めなければなりません。

こういったことから、彼らには豊富な犯罪心理学の知識や深い洞察力などが求められています。

心理職には、産業カウンセラー、心理相談員など、
産業の分野で活躍できる職種もあります。

産業分野の心理職は、企業の人事部などで
すでに働いている人がその資格を取得している場合が多いです。

彼らには企業の従業員が心の病で倒れてしまうことのないように、
その早期発見や予防につとめるという役割があります。

About

Categories: 療養・薬剤関連