理学療法士の資格と仕事とは?

理学療法士は、身体機能が弱った方などの機能回復や日常生活に
困らない動作ができるように導く、いわば、動作の専門家です。
理学療法士の仕事を行うには、理学療法士及び作業療法士法に基づいて、
厚生労働大臣から国家資格としての免許を得なければなりません。
理学療法士の国家試験を受験するためには、健康福祉やリハビリテーションの専門学校など、
指定を受けた養成校で3年以上、必要な知識を学び、実戦的な技術を身につけることが必要となります。
養成校にも様々な種類があり、専門学校(3年制、4年制)、短期大学(3年制)、大学(4年制)そして、
視覚障害者を対象とした特別支援学校があります。

また、作業療法士の資格を持っている場合は、養成校で2年以上学ぶことで、
理学療法士の受験資格が得ることができます。
外国に住んで居て、そこの養成校を卒業したり、また理学療法士の免許をその国で取得したという場合は、
所定の手続きをし厚生労働大臣の認定を受けることで、養成校に入らなくても受験資格が得られる場合や、
日本の養成校において不足の単位のみ取得すればいいというケースもあります。
理学療法士の活躍の場は、どんどん広がっており、ニーズも高まっています。
以前は、理学療法士の仕事といえば、病院などのリハビリテーションセンターで、
事故などのケガで運動機能が低下した人の機能回復をサポートするというのが主な役割でした。
次第にケガだけではなく、病気の後遺症で身体機能が麻痺したり、低下した方のリハビリも増えてきました。

例えば、心筋梗塞や脳梗塞で倒れたものの一命を取りとめたという場合です。
昔は、心筋梗塞や脳卒中で倒れると命を落としてしまう方が多くいましたが、
今は、医学的な知識の広まりや、医療技術の進歩により、命が助かる方が増えています。
しかし、手足の麻痺などの後遺症が残ることが多く、箸が持てない、指先が細かく動かせない、
思うように立ったり、歩くことができないという状態になる場合があります。
こういった場合も、理学療法士の1人1人の患者さんの状態を見極め、
適切な改善プログラムを作成することにより、時間はかかっても、
日常生活に支障のない程度の動作ができるようまでに回復させることができるのです。

また、高齢化社会の進行が著しい日本にあっては、寝たきりなどの介護状態になることを防止し、
最期まで、できる限り自分の力で、元気に暮らすことが、社会的なニーズであると同時に、
高齢者自身はもとより、家族の願いでもあります。
理学療法士は、ケガや病気からの機能回復にとどまらず、介護状態にさせない、
身体機能を低下させないための予防的なリハビリテーションをも行うようになっています。
そのニーズは高まる一方で、老人ホームや、デイサービスセンターなどで、引っ張りだこの状態です。
こうした運動機能や動作の知識やスキルを持つ専門性を生かして、
利用する福祉用具の相談やバリアフリーへのリフォームなど住宅改修相談も行うこともあります。

さらに、高齢者とは対極にある子供に対し、成長をサポートする役割を場面も出てきました。
生まれつき身体機能に障害があったり、発達障害などを抱える幼児、児童に対し、
継続的に、身体機能のリハビリや日常動作の指導を行うことにより、
1人で日常生活に関する行動をとれるようにしたり、お友達と遊べるように発育成長をアシストすることが、
理学療法を通じてできるのです。
また、プロスポーツチームや、スポーツ選手の専属トレーナーやアドバイザーなど、
スポーツを行う人の体を整えたり、より能力を発揮させるための指導を行うなど、
様々な分野で理学療法士が活躍しています。
最近では、理学療法士の専門求人サイトも増えています。理学療法士の仕事探しに大いに役立てましょう。

About

Categories: 療養・薬剤関連