リフレクソロジスト

リフレクソロジスト?一体どういう仕事?

リフレクソロジストという仕事の名前を聞いたことがあるという人はまだ少ないと思います。
アメリカで19世紀ごろに発足した民間療法を施術するのがリフレクソロジストです。

足の裏、手のひらなどの反射区と呼ばれる部分、チャートと呼ばれるツボのような部分を刺激します。
これによって内臓の調子がすぐれない人の自然治癒力を向上させたり、血液の流れをよくし、新陳代謝を活発にします。

国家資格などではありませんが、民間資格がありこの資格を取得することで、リフレクソロジストとして、リフレクソロジーを行っている施設や、フィットネスクラブなどで活躍することができます。

独立開業することもでき、リフレクソロジストとして知名度が高くなれば高収入の可能性もあります。
最近はリラクゼーションを生活の中に取り入れることが人気となっていますので、この先、こうした資格を取得しておくことで、就職などにも有利になるかもしれません。

リフレクソロジストの仕事はどんな仕事?

リフレクソロジストはリフレクソロジーの施術を行う仕事です。
このリフレクソロジーというのは足の裏、手のひらのチャートと呼ばれる「反射区」を刺激することで、内臓の動きを活発にしたり血液の流れを促進するなど、新陳代謝を向上させるものです。

病院にいっても病気はない、でも何となく体の調子が悪いという方も大勢いらっしゃると思いますが、リフレクソロジーによって新陳代謝を向上させることで、体内の体液の流れがよくなり、不調な部分も次第に向上していくかもしれません。

日本で行われているリフレクソロジーは英国式と台湾式があり、手技に違いがあります。
こうした手技を習い資格を取得することで、サロン、整体院、またそのほかの施設などで、カウンセリングや施術などを行っています。

施術を受けにくる患者さんが体にどのような悩みを持っているのか、またそれによりどの部分を刺激すればいいのかなどを判断し、顧客にあった施術を行うのがリフレクソロジストです。

リフレクソロジストになるために必要な資格

リフレクソロジストには国家資格などがないため、誰でも自分はリフレクソロジストということができるのですが、何も資格がないままに仕事をしても患者さんが集まりませんし、就職するにしても転職するにしても、資格なしですぐに雇用されることはないでしょう。

国家資格はありませんが、民間資格はありますのでリフレクソロジストとして働きたいという意思を持っている人は、民間資格の取得を考える事が先決でしょう。

日本リフレクソロジー協会、日本ヒーリングリラクゼーション協会などによる認定機構がありますので、こうした場所で皆さん資格を取得されています。
資格講座については、通信講座や公認スクールなどがあります。

About

Categories: 療養・薬剤関連