細胞検査士

医療関係の仕事に就くためには必要となる資格を取得しなくてはいけないことがあります。
医師として働くには医師国家資格を受験する必要がありますし、看護師、歯科衛生士なども同様です。
また、医療の世界で必要となる資格は多岐に渡り、その中には細胞検査士と呼ばれる資格が存在します。
ここでは、細胞検査士の資格について記述していきたいと思います。

細胞検査士とは

細胞検査士とは、細胞病理検査を専門に行う病理検査室の臨床検査技師のことを指します。
顕微鏡などを使用して細胞の検査、研究を行い、癌の早期発見や診断を目的として業務に携わっているのです。

また、細胞検査に必要となる素材の採取を行ったり、検査結果の精度管理、採取した標本の管理や保存といった一連の検査実務に携わることが多いです。

極めて専門性の高い知識と技術が必要となる仕事ですし、この仕事に就くためには国家資格を取得する必要があります。
詳しくは後程記述しますが、子宮癌をはじめあらゆる臓器や器官に生じる主要検査に細胞診検査が必要となりますから、現代医療において必要不可欠な仕事であり、医療の進歩という観点からも重要な職種となります。

資格について

細胞検査士として業務に携わるためには、細胞検査士の資格を取得する必要があります。
れっきとした国家資格であり、誰もが簡単に就くことのできる仕事ではありません。

この資格を取得することで大学病院や検診センター、一般的な医療施設や研究施設、製薬会社といった職場で活躍することが可能となります。
細胞検査士を欲する施設は多いですから、資格を取得することによって様々な職場の中から活躍できる場所を探すことが可能となるでしょう。

医療におけるスペシャリストとして重要度の高い職業である細胞検査士ですが、受験するには臨床検査技師、もしくは衛生検査技師の資格を取得した後、細胞検診検査実務に1年以上携わる必要があります。

資格試験は一次と二次があり、一次試験では筆記テストとスライド投影を用いた細胞像判定試験が行われます。
また、二次試験は実技試験となり、一次試験合格者のみこの試験を受けることが可能となります。

資格試験は毎年11月と12月にそれぞれ一次、二次試験が行われます。
合格率は約25%と非常に狭き門であることには変わりありませんが、資格を取得することで更に活躍の場を広げることが可能となるでしょう。

医療に関わる仕事の中でも、特に専門性が強いと言われ、また重要度も高いと言われる細胞検査士ですが、目指してみるのも良いかもしれませんね。
細胞検査のスペシャリストとして多くの患者を救う手助けとなり、ひいては医療の進歩にも貢献することができる立派な仕事です。

About

Categories: 療養・薬剤関連