ケースワーカー

日常生活に悩みを持つ人たちの相談役「ケースワーカー」

身体的にまた精神的に障害をお持ちなどが理由で、また健康であっても何らかの出来事から日常生活を送るうえで支障をきたしている、また困りごとがあるという方の相談に乗るのが、ケースワーカーです。

相談援助業務を行うケースワーカーに寄せられる悩みや相談は、生活保護のことや高齢者や病気をお持ちの方の介護についてなど多岐にわたります。

最近はひきこもりや不登校になっている子どもたち、学生さんも多く、大人世代もひきこもりとなっている方が大勢います。
こうしたひきこもりや不登校などについての相談もケースワーカーによさられています。

日常生活を円滑に送る事が出来ない、精神、肉体に障害があり困難な状態となっている方の相談に乗って、医師、医療関係者などとも連絡を取りながら援助を行っていきます。

ケースワークというのは個別援助技術という意味を持っている

ケースワーカーが相談に乗る業務について、ケースワークといいます。
このケースワークというのは、個別援助技術という意味で、解決することが1人では困難な問題を持っている対象者が主体的な生活ができるように、支援や援助を行うというもので、福祉的な援助技術をケースワークとしています。

最初に面接員が対象となる方から相談を受け、内容を聞いてから必要な措置を検討します。
どのような援助が必要なのか、その方法はどうするのかということが決まると、築担当員が家庭訪問を行ったり、何度か面接を行うなどして、実際に悩みを持っている住宅事情や問題の把握を行い、より具多的な援助方針を打ち出します。

援助が開始されると、問題が本当に解決できているのかどうか、家庭訪問や面談など行いながら生活状況を把握するということも、ケースワーカーの仕事です。

ソーシャルワーカーとよく似ている仕事

このケースワーカーというのは、ソーシャルワーカーの仕事は実際によく似ていて、判別がつけにくい部分もたくさんあります。

またソーシャルワーカーというのは、「社会福祉」に係わる仕事についてこうして読んでいましたが、近年国家資格を保有されている社会福祉士についてソーシャルワーカーとしています。

そしてソーシャルワーカーの場合、病院で相談業務などを行う場合、メディカルソーシャルワーカーという呼び名になりますし、精神科などで働く人は精神科ソーシャルワーカーと呼びます。

こうした仕事の全てがソーシャルワーカーで、公的機関で働く人も同じ部類となりますので、実際の業務についてソーシャルワーカーもケースワーカーも同じような仕事をすることが多くなっています。

線引きとしてもあいまいで、民間の病院などで相談員として働く場合も、ケースワーカーとすることがあるので、いずれも似たような仕事内容と考えておいていいと思います。

About

Categories: 福祉関連