メンタルトレーナー

メンタルを強くすることは現代に必須です

スポーツの世界でも、学生、大人の社会でもメンタルが強い人というのは、いざという時、ここぞという時に自分が持っている最大限の力を発揮することができます。

でもメンタルが弱い人も多く、最近はプロスポーツの世界でもメンタルを強くする訓練が当たり前のように行われ、こうしたサポートを行う専門家として、メンタルトレーナーがいます。

クライアントが抱えている問題、ストレスなどをケアし、どうすれば解決できるのか、目標を達成できるのか、精神的な面でサポートするという仕事が、メンタルトレーナーの仕事となります。

記録が伸びないとか、いざという時にびびって結果を出せない、表現したいことがうまく表現できない、100%の力を発揮できたことがない・・・という人も少なくありません。
こうしたクライアントが抱える課題や問題を一緒に解決していくためにサポートする、それがメンタルトレーナーです。

クライアントの話をよく聞いて何が必要なのか考える

クライアントの話をよく聞くことで、何が必要なのか、どのような事を行っていくべきなのか見えてきます。
心に大きな不安を抱えていると、自分が思うような行動がとれませんし、進み方もわからなくなります。

身体と精神は常につながった状態で、精神的に不安定になっているとレベルの高いアスリートであっても初歩的なミスを犯すなど、メンタルは競技にも強くかかわってきますし、サラリーマンの場合、仕事のミスから自信を無くしてその先同じ失敗をしてしまうのでは?と前に進めなくなっている方も少なくありません。

このような場面で緊張や不安を取り除く術を伝え、主体的に動いて結果を出すために必要なトレーニングを行います。

メンタルトレーナーの活躍の場は広がっている

以前は主にスポーツの世界でプロスポーツ選手のメンタル面を強くする、また維持するということで仕事されていた方が多かったのですが、最近はその他の分野でもメンタルトレーナーを必要とするところが多くなっています。

例えばビジネスの中でも、企業のストレスメンタルトレーナーネジメントを行ったり、コミュニケーション能力が低い人に対する指導やトレーニングを行うなど、一般企業へのサポートも多くなっています。

企業のトップ、組織のリーダーとしてこの先大勢の従業員を引っ張っていく強靭な精神力を持つために、メンタルトレーニングを行っている方は少なくありません。

音楽家、俳優、アーチストなど人前に出る職業の方についても、メンタルトレーニングを行う機会が多くなっていますので、これから先、さらに活躍の場が広がっていくことが予想されます。

お子さんの豊かな自己表現をさらに大きく広げていくために、幼児教室などでもメンタルトレーナーとしてサポートしている方もいるようです。

About

Categories: 福祉関連