ソーシャルワーカー

病気・けがを持っている方の味方「ソーシャルワーカー」

病気やけがをすると、日常生活の中で今までと同じようにいかない状況も出てきます。
けがをしてリハビリなどを行ったその先、家で移動する時にどうしたらいいのだろうと悩んだり、介護してくれる人を探さなくてはと思ったり、様々なサポートが必要になる事も多いです。

高齢者や障害をお持ちの方、またそのご家族が日常生活上で不安になっていること、困っていることなどを支援してくれるのがソーシャルワーカーです。

医師や看護師などの直接治療に係わる人ではない立場で相談される方へアドバイス等行い、社会復帰、社会参加が早くできるようにサポートしてくれます。
この名称は社会福祉事業に係わるすべての従事者に対して総称した形で利用されてきましたが、現在は国家資格者を指すことが多くなっています。

例えば、国家資格者となっている社会福祉士、精神保健福祉士などの資格者がソーシャルワーカーと呼ばれています。

こうした相談やサポートを行う業務では、広義でソーシャルワーカーを利用することが少なくなっており、効率の施設出こうした相談業務等に従事される方はケースワーカーと呼びますし、社会福祉施設の場合は相談員、児童福祉施設では児童指導員といいます。

ソーシャルワーカーはどこで活躍されているのか

高齢者福祉施設、障害者福祉施設、病院、学校、行政機関、さらに民間企業と、ソーシャルワーカーの需要は多岐にわたります。
小さいお子さんから高齢の方まで、あらゆる支援の方法を考えサポートするのがソーシャルワーカーです。

病院などの医療機関に勤めるなら、病気やある程度の医療知識を持っていることが必要ですし、学校ということなら学校に投稿されているお子さん、学生さんたちの年齢にあったサポートが必要となります。
雇用される場所によって学ぶことも違ってくるということです。

ソーシャルワーカーは、福祉、医療、様々な方々と連携して仕事を行っていくため、コミュニケーション能力も必要となりますし、幅広い年齢層の方々と接することもありますので、様々な知識、情報なども常に学ぶことが必要な仕事です。

またソーシャルワーカーとして働く場合、各領域の専門家と連絡を取って、問題について一緒に考えてもらう必要がありますし、地域に暮らす方々の相談にも乗る事が基本の仕事となりますので、様々な分野の方々と連携をとっていくということも必要です。

最近は児童に対する仕事も多くなっている

ニュースなどでもよく聞くようになった、いじめ、虐待、不登校などの問題を抱えているお子さんたちも多くなっています。
こうしたお子さんたちを支援するということもソーシャルワーカーの仕事です。

いじめや虐待などは露呈させることが難しい問題で、学校、そして家庭の場を確認しなければわからないことも多いです。

そのため、児童のサポートについては非常に気を使いながらの仕事となりますが、こうした児童の問題が多くなっていますので、対応できるように情報を持っておくことも重要だと思います。

About

Categories: 福祉関連