福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターの仕事は福祉を支える仕事

高齢者の介護の問題や福祉の問題について日本はまだ問題が山積みで、特に専門家の育成など人材確保については非常に大きな問題となっています。
介護、福祉についての資格者、専門とする人材がこの先さらに求められる状態となっていますし、どのような資格があるのかを理解しておくことも必要でしょう。

福祉関連の資格の中には、福祉住環境コーディネーターといった仕事もあります。
この仕事は高齢者や障害をお持ちの方が日常生活を円滑に快適に暮らせるように、住みやすい住空間を提案するという仕事です。

介護のスケジュールやプランを立てるケアマネージャーや、建物を設計する建築士や設計士、また実際に建物を建築する工務店や建築会社と連携し、暮らしやすい住空間を作ります。

介護が必要な方がいる住宅に、車いすや介護ベッドなどを設置する提案を行う、またどのように利用すればいいかというアドバイスを送るということもありますし、介護やケアの必要な方がどのような住空間なら、安心して気持ちく日常生活を送る事が出来るのか、こうしたことを専門的な知識を元に調べ、実行していく仕事です。

被介護者がいる住宅をより暮らしやすく安全に

被介護者がいるお宅ではちょっとした段差でも転倒の危険がありますし、例えばトイレをもっと部屋の近くにしたいとか、個数を増やしたいとか、廊下、玄関、お風呂場などに手摺を設置したい、お風呂の高さを低くしたいなど、様々なリフォームを考えます。

バリアフリーへのリフォーム、また新築、さらにリノベーションして中古住宅をより快適な設備を持ったバリアフリー住宅に作りかえるなど相談されているご家族も多いと思いますが、そんな時に相談できるのが、福祉住環境の専門家となる福祉住環境コーディネーターです。

介護やケアが必要とされる方にどのような介護グッズが必要なのか、設置、リフォームが必要なのか、専門知識をもってご家族と一緒に考えていきます。
個人住宅以外に、グループフォームなど施設でこうした福祉住環境コーディネーターが活躍されています。

福祉住環境コーディネーターになるために資格は必要?

福祉住環境コーディネーターという国家資格や公的資格は存在せず、民間検定資格があります。
東京商工会議所がおこなっているもので、福祉や住環境に関連する知識を認定します。

1級から3級があり、2級以上の取得によって就職、転職などにも役立てることができるといわれています。

福祉住環境コーディネーターの2級を持っていると、ケアマネや作業療法士以外に認められていなかった住宅改修を必要とする理由書の作成ができるようになっています。
この理由書は、介護保険制度給付金によって住宅改修を行う場合に、助成を受けることができるという資格で、民間資格ですが公的な意味を持っている資格といえます。

About

Categories: 福祉関連