Showing all posts by SLmed7uK

Next Page

オプトメトリスト

視る力を向上させる仕事「オプトメトリスト」とは何か

目に病気があったり、視力が落ちたりすると私たちは眼科にいくかメガネを販売しているお店に行って、適切な治療を受ける、また目にあった矯正グッズを購入します。
また目の病気を持っている方は病院で治療を行いますが、目が悪いという時には視力検査等、病院で行ってもその後、矯正装具を購入しつけるのみで、後は何もしないことが多いです。

オプトメトリストは、視る力に問題がある患者さんについて視力を向上させるためのサポートを行います。
眼科の様にお薬や手術を行うということではなく、独自のトレーニング方法で、患者さんの視力向上のための訓練を行ったり、生活習慣におけるのアドバイスといったものを行っていきます。

またメガネやコンタクトレンズのお店やメーカー、眼科などの医療機関で働く人が多いのですが、こうしたオプトメトリストが専門職として浸透しているアメリカなどでは、よく知られている仕事です。

アメリカはオプトメトリストの歴史が長く、大学院などで学ぶこともできますので、日本からアメリカにわたり、オプトメトリストの知識を深めて日本で活躍されている方もいます。

IT化によって視力が低下している人が多い

元々目が弱いとか慢性的な病気があるということではなく、視力が落ちてしまったという人も多いです。
例えばゲームをする時間が長く目に大きな負担となってしまったことで、視力が落ちたというお子さんもいます。

仕事上、パソコンで作業をすることがほとんどで、視力がかなり落ちたという人も非常に多くなっています。

どこにいてもスマホやタブレットで画面をみているので、こうした画面を見続けることによって視力が低下している人が多いのですが、訓練、トレーニングを行う事で視力が上がる可能性も高いのかもしれません。

スポーツ選手は視力が関係する協議が多い

バスケット、サッカー、バレー、卓球、テニス、いずれも視力が高い方がピンポイントでパスをしたり、スキマを狙うなど、高度なプレイができると思います。

ゴルフなども視力が深く関係するスポーツなので、レーシックなどを行って視力を向上させる選手も多く、このレーシックなどはゴルフ選手から一般に広がったといってもいいほど、多くの方が受けています。

でも施術するのは怖いとか、後遺症はどうなのか?など不安も多いと思います。
そんな時、外科的手術などが必要ないオプトメトリストが役立ちます。

視力が向上するように目の訓練を行ったり、目の健康は食べ物にも起因するため、食生活の改善方法などもサポートし、目によいことを指導します。
生活習慣などが原因となって視力が落ちている人は、こうした生活を継続するだけでも、目がよくなっていくと考えられています。

Posted on , By
Categories: 眼科関連
ソーシャルワーカー

病気・けがを持っている方の味方「ソーシャルワーカー」

病気やけがをすると、日常生活の中で今までと同じようにいかない状況も出てきます。
けがをしてリハビリなどを行ったその先、家で移動する時にどうしたらいいのだろうと悩んだり、介護してくれる人を探さなくてはと思ったり、様々なサポートが必要になる事も多いです。

高齢者や障害をお持ちの方、またそのご家族が日常生活上で不安になっていること、困っていることなどを支援してくれるのがソーシャルワーカーです。

医師や看護師などの直接治療に係わる人ではない立場で相談される方へアドバイス等行い、社会復帰、社会参加が早くできるようにサポートしてくれます。
この名称は社会福祉事業に係わるすべての従事者に対して総称した形で利用されてきましたが、現在は国家資格者を指すことが多くなっています。

例えば、国家資格者となっている社会福祉士、精神保健福祉士などの資格者がソーシャルワーカーと呼ばれています。

こうした相談やサポートを行う業務では、広義でソーシャルワーカーを利用することが少なくなっており、効率の施設出こうした相談業務等に従事される方はケースワーカーと呼びますし、社会福祉施設の場合は相談員、児童福祉施設では児童指導員といいます。

ソーシャルワーカーはどこで活躍されているのか

高齢者福祉施設、障害者福祉施設、病院、学校、行政機関、さらに民間企業と、ソーシャルワーカーの需要は多岐にわたります。
小さいお子さんから高齢の方まで、あらゆる支援の方法を考えサポートするのがソーシャルワーカーです。

病院などの医療機関に勤めるなら、病気やある程度の医療知識を持っていることが必要ですし、学校ということなら学校に投稿されているお子さん、学生さんたちの年齢にあったサポートが必要となります。
雇用される場所によって学ぶことも違ってくるということです。

ソーシャルワーカーは、福祉、医療、様々な方々と連携して仕事を行っていくため、コミュニケーション能力も必要となりますし、幅広い年齢層の方々と接することもありますので、様々な知識、情報なども常に学ぶことが必要な仕事です。

またソーシャルワーカーとして働く場合、各領域の専門家と連絡を取って、問題について一緒に考えてもらう必要がありますし、地域に暮らす方々の相談にも乗る事が基本の仕事となりますので、様々な分野の方々と連携をとっていくということも必要です。

最近は児童に対する仕事も多くなっている

ニュースなどでもよく聞くようになった、いじめ、虐待、不登校などの問題を抱えているお子さんたちも多くなっています。
こうしたお子さんたちを支援するということもソーシャルワーカーの仕事です。

いじめや虐待などは露呈させることが難しい問題で、学校、そして家庭の場を確認しなければわからないことも多いです。

そのため、児童のサポートについては非常に気を使いながらの仕事となりますが、こうした児童の問題が多くなっていますので、対応できるように情報を持っておくことも重要だと思います。

Posted on , By
Categories: 福祉関連
メンタルトレーナー

メンタルを強くすることは現代に必須です

スポーツの世界でも、学生、大人の社会でもメンタルが強い人というのは、いざという時、ここぞという時に自分が持っている最大限の力を発揮することができます。

でもメンタルが弱い人も多く、最近はプロスポーツの世界でもメンタルを強くする訓練が当たり前のように行われ、こうしたサポートを行う専門家として、メンタルトレーナーがいます。

クライアントが抱えている問題、ストレスなどをケアし、どうすれば解決できるのか、目標を達成できるのか、精神的な面でサポートするという仕事が、メンタルトレーナーの仕事となります。

記録が伸びないとか、いざという時にびびって結果を出せない、表現したいことがうまく表現できない、100%の力を発揮できたことがない・・・という人も少なくありません。
こうしたクライアントが抱える課題や問題を一緒に解決していくためにサポートする、それがメンタルトレーナーです。

クライアントの話をよく聞いて何が必要なのか考える

クライアントの話をよく聞くことで、何が必要なのか、どのような事を行っていくべきなのか見えてきます。
心に大きな不安を抱えていると、自分が思うような行動がとれませんし、進み方もわからなくなります。

身体と精神は常につながった状態で、精神的に不安定になっているとレベルの高いアスリートであっても初歩的なミスを犯すなど、メンタルは競技にも強くかかわってきますし、サラリーマンの場合、仕事のミスから自信を無くしてその先同じ失敗をしてしまうのでは?と前に進めなくなっている方も少なくありません。

このような場面で緊張や不安を取り除く術を伝え、主体的に動いて結果を出すために必要なトレーニングを行います。

メンタルトレーナーの活躍の場は広がっている

以前は主にスポーツの世界でプロスポーツ選手のメンタル面を強くする、また維持するということで仕事されていた方が多かったのですが、最近はその他の分野でもメンタルトレーナーを必要とするところが多くなっています。

例えばビジネスの中でも、企業のストレスメンタルトレーナーネジメントを行ったり、コミュニケーション能力が低い人に対する指導やトレーニングを行うなど、一般企業へのサポートも多くなっています。

企業のトップ、組織のリーダーとしてこの先大勢の従業員を引っ張っていく強靭な精神力を持つために、メンタルトレーニングを行っている方は少なくありません。

音楽家、俳優、アーチストなど人前に出る職業の方についても、メンタルトレーニングを行う機会が多くなっていますので、これから先、さらに活躍の場が広がっていくことが予想されます。

お子さんの豊かな自己表現をさらに大きく広げていくために、幼児教室などでもメンタルトレーナーとしてサポートしている方もいるようです。

Posted on , By
Categories: 福祉関連
福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターの仕事は福祉を支える仕事

高齢者の介護の問題や福祉の問題について日本はまだ問題が山積みで、特に専門家の育成など人材確保については非常に大きな問題となっています。
介護、福祉についての資格者、専門とする人材がこの先さらに求められる状態となっていますし、どのような資格があるのかを理解しておくことも必要でしょう。

福祉関連の資格の中には、福祉住環境コーディネーターといった仕事もあります。
この仕事は高齢者や障害をお持ちの方が日常生活を円滑に快適に暮らせるように、住みやすい住空間を提案するという仕事です。

介護のスケジュールやプランを立てるケアマネージャーや、建物を設計する建築士や設計士、また実際に建物を建築する工務店や建築会社と連携し、暮らしやすい住空間を作ります。

介護が必要な方がいる住宅に、車いすや介護ベッドなどを設置する提案を行う、またどのように利用すればいいかというアドバイスを送るということもありますし、介護やケアの必要な方がどのような住空間なら、安心して気持ちく日常生活を送る事が出来るのか、こうしたことを専門的な知識を元に調べ、実行していく仕事です。

被介護者がいる住宅をより暮らしやすく安全に

被介護者がいるお宅ではちょっとした段差でも転倒の危険がありますし、例えばトイレをもっと部屋の近くにしたいとか、個数を増やしたいとか、廊下、玄関、お風呂場などに手摺を設置したい、お風呂の高さを低くしたいなど、様々なリフォームを考えます。

バリアフリーへのリフォーム、また新築、さらにリノベーションして中古住宅をより快適な設備を持ったバリアフリー住宅に作りかえるなど相談されているご家族も多いと思いますが、そんな時に相談できるのが、福祉住環境の専門家となる福祉住環境コーディネーターです。

介護やケアが必要とされる方にどのような介護グッズが必要なのか、設置、リフォームが必要なのか、専門知識をもってご家族と一緒に考えていきます。
個人住宅以外に、グループフォームなど施設でこうした福祉住環境コーディネーターが活躍されています。

福祉住環境コーディネーターになるために資格は必要?

福祉住環境コーディネーターという国家資格や公的資格は存在せず、民間検定資格があります。
東京商工会議所がおこなっているもので、福祉や住環境に関連する知識を認定します。

1級から3級があり、2級以上の取得によって就職、転職などにも役立てることができるといわれています。

福祉住環境コーディネーターの2級を持っていると、ケアマネや作業療法士以外に認められていなかった住宅改修を必要とする理由書の作成ができるようになっています。
この理由書は、介護保険制度給付金によって住宅改修を行う場合に、助成を受けることができるという資格で、民間資格ですが公的な意味を持っている資格といえます。

Posted on , By
Categories: 福祉関連
ケースワーカー

日常生活に悩みを持つ人たちの相談役「ケースワーカー」

身体的にまた精神的に障害をお持ちなどが理由で、また健康であっても何らかの出来事から日常生活を送るうえで支障をきたしている、また困りごとがあるという方の相談に乗るのが、ケースワーカーです。

相談援助業務を行うケースワーカーに寄せられる悩みや相談は、生活保護のことや高齢者や病気をお持ちの方の介護についてなど多岐にわたります。

最近はひきこもりや不登校になっている子どもたち、学生さんも多く、大人世代もひきこもりとなっている方が大勢います。
こうしたひきこもりや不登校などについての相談もケースワーカーによさられています。

日常生活を円滑に送る事が出来ない、精神、肉体に障害があり困難な状態となっている方の相談に乗って、医師、医療関係者などとも連絡を取りながら援助を行っていきます。

ケースワークというのは個別援助技術という意味を持っている

ケースワーカーが相談に乗る業務について、ケースワークといいます。
このケースワークというのは、個別援助技術という意味で、解決することが1人では困難な問題を持っている対象者が主体的な生活ができるように、支援や援助を行うというもので、福祉的な援助技術をケースワークとしています。

最初に面接員が対象となる方から相談を受け、内容を聞いてから必要な措置を検討します。
どのような援助が必要なのか、その方法はどうするのかということが決まると、築担当員が家庭訪問を行ったり、何度か面接を行うなどして、実際に悩みを持っている住宅事情や問題の把握を行い、より具多的な援助方針を打ち出します。

援助が開始されると、問題が本当に解決できているのかどうか、家庭訪問や面談など行いながら生活状況を把握するということも、ケースワーカーの仕事です。

ソーシャルワーカーとよく似ている仕事

このケースワーカーというのは、ソーシャルワーカーの仕事は実際によく似ていて、判別がつけにくい部分もたくさんあります。

またソーシャルワーカーというのは、「社会福祉」に係わる仕事についてこうして読んでいましたが、近年国家資格を保有されている社会福祉士についてソーシャルワーカーとしています。

そしてソーシャルワーカーの場合、病院で相談業務などを行う場合、メディカルソーシャルワーカーという呼び名になりますし、精神科などで働く人は精神科ソーシャルワーカーと呼びます。

こうした仕事の全てがソーシャルワーカーで、公的機関で働く人も同じ部類となりますので、実際の業務についてソーシャルワーカーもケースワーカーも同じような仕事をすることが多くなっています。

線引きとしてもあいまいで、民間の病院などで相談員として働く場合も、ケースワーカーとすることがあるので、いずれも似たような仕事内容と考えておいていいと思います。

Posted on , By
Categories: 福祉関連
整体師

人の体の不調を改善してくれる整体師という仕事

肩こり、腰痛などは日本人特有のもので、欧米ではこうした言葉もないといわれています。
でも日本では昔から、肩こりに悩む人、腰痛に悩む人が多いですし、病院に通っている方も少なくありません。

交通事故などから腰痛や肩こりとなっている方もいます。
しかしほとんどの場合には、普段の姿勢から自然と骨盤がゆがんだり、筋肉のバランスが悪くこりを感じるなど、自然に起こる不調もあります。

こうした不調を取り除くために改善の治療を行ってくれるのが、整体師です。
整体師の仕事は大きく三つに分けることができますので、この三つの仕事についてよく理解していくと、整体師とはどういう仕事を行っているのか、理解できると思います。

カルテへの記入、カウンセリングや検査などの仕事

整体師の仕事の一つとなるのが、カルテに症状など必要な事を記載すること、またカウンセリングを行うこと、検査を行うなど、事務的な作業とその方の身体を知る作業です。

どういう悩みをもって施術を受けに来たのか、過去にどういった病歴があるのか、問診票に記入してもらい、実際に患者さんとの問診も行います。

その後、骨盤や関節のゆがみの有無、また筋肉量はどうなのか、それによってどこに不調があるのかなどを検査し、その後、実際にこれからどのような施術をどのようなスケジュールで行っていくかを決定し、患者さんにわかるよう丁寧に説明します。

実際に整体の施術を行う

整体師の施術は東洋医学に基づくもので、特に中国整体の推拿(すいな)と呼ばれる施術を基礎とする施術が多いようです。

体を整えることが文字通り整体になり、体の中心、上半身と下半身を支える役割がある骨盤と、骨盤につながる背骨のゆがみを調整します。
体の不調の多くが、この歪みからくるものと考えているので、独自の手技により患者さんの体のゆがみを矯正し、不調を改善していきます。

症状に合わせて不調が出てくる場所も違ってきますので、その部位の筋肉をもみほぐすということも行います。
筋肉、骨などへの圧迫を改善し、上手くゆがみを矯正することで、人が本来持っている免疫力や治癒力を高めることができるといわれています。

筋肉やコリがある、痛みがひどいという場合、電気マッサージなども施し、血液の流れをよくしてから主義を行うということもあります。

アフターフォローも整体師の仕事

施術した後は、日常生活で気を付けるべきことや、この先ゆがみが出来る限り生じないようにストレッチ、マッサージなどを行っていくようにアドアイス、アフターフォローします。

現代に多い生活習慣病をお持ちの方、またストレスによって体に不調を感じている方も多いので、こうした人たちの悩みなどをきいて、的確なアドバイスを行うのも整体師の仕事です。

Posted on , By
Categories: 看護・医師関連
カイロプラクター

カイロプラクティックとはどういう事を行うのか

カイロプラクティックというのは、1895年、アメリカで発祥した代替え医療の手技療法を行うもので、これを行う人の事をカイロプラクターといいます。

治療というと医師が施す治療と同じように感じますが、このカイロプラクティックというのは、自然治癒力を高めるということを目的として行うもので、日本の場合、厚生労働省医務局が医療類似行為として分類しています。

法律によって決められた資格制度はありませんが、専門的な知識と技術が必要となるため、特定の講座をうけてから民間資格を取得することが求められます。
働く場所としてはカイロプラクティックの専門施設、サロン、整骨院などがあります。

カイロプラクターとして知名度が高くなれば独立開業して成功するということも夢ではなく、実際に成功されている方もいます。

カイロプラクターはどのような施術を行うのか

代替え医療の手技療法の施術といわれてもどのような事を行うのかピンときません。
このカイロプラクティックは、人の体の中で筋骨格系部分の障害や、健康に対して影響を及ぼす部分をみつけ、その部分の悪影響を改善、予防するというものです。

推滑の異常を「サブラクセーション」といい、カイロプラクティックではこの部分に薬黙示、様々な手技療法を行い、関節アジャスメントという方法や脊椎マニュピレーションなどの方法で、体の不調を調整します。

この原理を応用している手技によって脊椎、骨盤などがずれている方のずれを調整し、ゆがみなどを矯正することで、体の不調を少しでも改善します。

西洋医療の場合はお薬や外科的治療を行い、病変の治療を行いますが、カイロプラクティックの場合、自然治癒力を高めるということが目的となっているため、日本国内では医療行為ではなく、医療類似行為と分けられています。

資格は必要なの?資格取得には条件がある?

アメリカを主軸として40か国ほどは脊椎ヘルスケア専門職として法制化されているのですが、日本ではカイロプラクターの国家資格は存在せず、公的資格もありません。
資格を取得する場合、民間資格の取得となります。

2014年からは、日本カイロプラクティック登録機構という所によって、その業務を行うことができる登録カイロプラクター認定制度というものがあります。
この登録名簿囲ついては、厚生労働省に提出されています。

この資格については、民間資格ですが世界保健機関による教育基準を満たしていることが証明される資格となりますので、就職、転職などには有利になると思います。

書く教育機関で専門的教育を受け、こうした民間資格を取得される方が、カイロプラクターとして働く近道になると思いますし、開業などを考えておられる方は、こうした資格を取得する方が安心です。

Posted on , By
Categories: 看護・医師関連
病棟クラーク

病棟クラークは看護師や医師をサポートする仕事

病棟クラークと聞いても、ピンとこない人も多いかと思いますが、病院に入院することがあると、必ずかかわってくれる人ですし、医師や看護師にとってなくてはならない存在です。

入院施設が大きく患者さんが多いという病院は、病棟ごとに病棟クラークがいて、医療関係者は医療に従事し、患者さんは治療に専念できるようにサポートしています。

実際に病棟クラークがどのような仕事を行っているかというと、まず患者さんが入院される際の書類の受取、病室の手配、ベッドに着けるネームの準備など行っています。
入院してきた患者さんの名簿の作成やカルテ管理なども行うため、管理という仕事も病棟クラークの大切な仕事です。

医師が診察を行う前に、今日どうして病院にきたのか?どこが不調なのか?などの様子を聞くことがありますが、医師のかわりに患者さんの待ち時間中にある程度の質問を行い、診察がスムーズにいくようにするのも病棟クラークです。

看護助手とかなり近い仕事になりますが、病とクラークは医師、看護師の仕事がどのようなことをしているのかを把握しなければいけませんし、病棟クラークが起点を聞かせてスピーディに、正確に働くことで、診察がスムーズに進みます。

橋渡しという大きな仕事を担っている

医療事務と病棟クラークが同じような仕事だと思っている方も少なくありませんが、医療事務のメインの仕事は会計窓口、レセプトと呼ばれる診療報酬に関する仕事で、病棟クラークはナースステーションに常に待機して、医師、看護師が診察、治療などを行う際、近くでサポートするという仕事に成増。

医療事務と比較すると病院にもよりますが、より、患者さん、医師と近い、つまり医療の現場に近い存在ということがわかります。

医師と看護師との連携が重要な役割となりますが、医療事務との連携も必須です。
例えば、患者さんが別の病院に移動するということになった場合、その紹介状を書いてもらわなければいけないので、これを病棟クラークが依頼するのは医療事務です。

また患者さんの治療が終わり退院となって、その伝票を処理するなどの仕事も必要となってきますので、この時にも医療事務との連携が必要となります。

様々な医療関係者とのかかわりがある

医師、看護師のほかにも時に医療事務と連携し、時に看護助手との連携が必要という時もあります。
病棟クラークはとにかくいつも忙しく、病院内を回っているという印象があり、サポートするという仕事は苦労もあります。

ただ病院内の事を最も詳しく理解されているともいえる病棟クラークの存在は、医師や看護師にとってまた他の医療関係者にとって非常に大切な存在です。
気をくばり様々な事に気づきを持ち、患者さんが気持ちよく治療、入院等できるためにも病棟クラークは非常に大切な存在です。

Posted on , By
Categories: 看護・医師関連
ケアマネージャー

介護保険の利用を詳しく伝えてくれるケアマネージャー

日本では平成9年に介護保険制度が始まりましたが、これによって介護についての資格なども多くなり、その中で、福祉サービスの充実、促進等を行うために生まれた資格が、ケアマネージャーです。

介護保険サービスの中核的存在となっているこの資格は、正式名称が介護支援専門員という名称で、介護を必要とされる高齢者に介護保険サービスを説明し、適切なサービスを受けてもらうようにサポートする仕事です。

ケアマネージャーの仕事は非常に幅広く多岐にわたっていますが、大きく分けると、高齢者、そのご家族の介護相談を受ける仕事、ケアプランの作成の仕事、要介護認定書類の作成の仕事に分けることができます。

被介護者となる高齢者やご家族のサポート

介護を受ける高齢者とそのご家族から介護についての相談に乗る事は最も重要な仕事ともいえます。
被介護者本人から相談を受けることもありますし、ご家族から相談されることもあり、また地域包括センターなどから介護についての相談を受けることもあります。

相談された内容に沿って、その被介護者がその方にあった介護サービスを受けることができるようにサポートします。

利用者が介護サービスをすでに受けている状態という場合には、主治医、事業者より情報を得て、この先さらに必要となっていく介護や、日常生活を円滑にするための相談に乗ります。

要介護認定の複雑な書類を作成するという仕事

要介護認定は、介護保険サービスを利用したいという時や、病気などをしたことでより一層介護が必要となった場合などに行うもので、地方自治体に要介護認定という手続きを行わなければなりません。

介護が必要な状態である事を認定するのが要介護認定です。
この認定を受けなければ介護保険給付を受ける事が出来ないので、介護を希望される方にとって重要な書類となります。

専門的知識が必要となりますし、非常に細かい書類作成が必要となるので、ケアマネージャーなど専門的知識を持っている専門家が作る方が手続きもスピーディです。

実際の介護についてケアプランを作成する仕事

どのような介護サービスを行い、どのようなスケジュールで行っていくのか、このケアプラン作りは、最適な介護サービスを受けるために必須です。

介護の方法については、訪問介護、デイサービスなど様々な方法があるので、この中から、介護を必要とされている方にあった最適なプランをケアマネージャーが作成します。
ご家族の要望、被介護者の希望などをきいて、実際にどのサービスが適してるのかをしっかりと考えて作る事が必要です。

この仕事は、ケアマネージャーの仕事の中でも非常に大切なもので、主軸となる仕事です。
ケアマネージャーがケアプランを作り、実際に介護サービスが始まった後は、定期的に訪問し、健康状態のチェック、サービスの適正などのモニタリングもケアマネージャーの仕事となります。

Posted on , By
Categories: 看護・医師関連
あん摩マッサージ指圧師

体の不調を改善する仕事 あん摩マッサージ指圧師

肩こり、腰痛、慢性的に首が痛いなど、大人になると様々な部分に症状が出てきます。
何か病変がなくても、こうした体の不調を持っているという方も多いですし、事故などで怪我をおい、後遺症に悩まされている方も少なくありません。

こうした方々にあん摩、マッサージ、指圧などの施術するのがあん摩マッサージ指圧師です。
なでる、揉む、押す、さするなどの手技で行うもので、血液の流れを促進し、それにより新陳代謝を向上させ、人の体の不調を改善する仕事です。

あん摩マッサージ指圧師は、東洋医学に基づく施術なので基本的に器具を使用しない施術となります。
こうした手技を施すことによって自然治癒力や免疫力を向上させます。

あん摩マッサージ指圧師というと、視覚障害者の仕事という印象が強いのですが、現代では視覚障害者がおこなっている仕事としては2割程度といわれており、健常者の多くが技術を身に着けて仕事されています。

あん摩マッサージ指圧師は国家資格取得が必要

あん摩マッサージ指圧師になるためには、整体師やマッサージ師と異なり、国家資格の試験を受けて合格する必要があります。
合わせて、あん摩マッサージ指圧師の養成学校で知識や技術を学び修了し、その上で国家資格の試験を受けて合格することが必須です。

マッサージについて独立した判断をもって行うのは、医師とあん摩マッサージ指圧師以外、行う事が出来ません。

はり師ときゅう師をあわせ三つの国家資格を持っている方を、鍼灸マッサージ師、若しくは三療師と呼び、試験科目が重複している部分もあるため、三つの資格について受験資格を同時取得できる学校も多く、三つの資格を全部持っている方も多いです。

あん摩マッサージ指圧師はどこで就職、活躍できるのか

あん摩マッサージ指圧師の仕事場は治療院やマッサージ店だけはなく、病院や介護施設などでも活躍されています。

主な就職先としては治療院などがありますが、ここでは患者さんにマッサージを施しますし、希望される場合、訪問してマッサージを行うということもあります。
最近は町中、またデパートの中などに、クイックマッサージやボディケアなどを行う施設も多くなり、ここで働くあん摩マッサージ指圧師も少なくありません。

美容関係の職場で活躍されている方もいますし、有資格者の場合、多くの施設が優遇措置をとっているので、就職先はかなり多くなっていると思います。

病院やこうした治療院など施設のほかに、スポーツ選手のサポートとしてクラブチームや部活動に帯同し、試合後のマッサージ、怪我の予防のために働くというあん摩マッサージ指圧師も多くなっています。

様々な場所に活躍の場が広がっているあん摩マッサージ指圧師は、やはり資格をしっかり取得し働く方が、就職転職に有利です。

Posted on , By
Categories: 看護・医師関連