AGA治療の流れとは

AGAとは

薄毛は今までストレス性や遺伝性で治療ができないと考えられてきました。
最近の医学では薄毛や抜け毛は治療できるようになり、AGA専門クリニックやサロンが増えてきています。
年齢による抜け毛とは異なり、AGAは若い20代の男性や女性でもなる可能性があります。

AGAは前髪の生え際からくるM型薄毛、後頭部付近からくるO型薄毛、その両方が同時に進行する複合型薄毛という種類があります。
男性ホルモンの乱れや頭皮の血行が滞ること、ストレスや生活習慣の影響が原因で進行する病気です。

生活習慣の見直しや抜け毛を抑えるシャンプーの使用をしようしたり、頭皮マッサージなどをするだけで症状が軽くなったりする場合もあります。
抜け毛の抑制はできてもフサフサに生えてくる見込みは少ないと言われているため、専門治療病院へ通って治療するのが一般的です。

AGA治療クリニックでの診察

AGA治療クリニックでは、AGAの原因である男性ホルモンの乱れを整えるため、症状に合わせた治療薬を処方してもらえます。
治療薬は、主にプロペシアやザガーロという2種類から症状に合わせて使用し、飲み薬以外にリアップなどの発毛剤なども利用されることがあります。

プロペシアは、悪性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)やテストステロン、5α還元酵素の動きを抑え、脱毛ホルモンが生成しないよう抑制するための治療薬です。
ザガーロはプロペシアと同様に、悪性ホルモンの動きを抑える働きがあります。

プロペシアの正しい服用方法と処方【浜松町第一クリニック】
ザガーロの正しい服用方法と処方【浜松町第一クリニック】

プロペシアは、5α還元酵素の「Ⅱ型」を抑制しますが、ザガーロは「Ⅰ型」と「Ⅱ型」両方の働きを抑えるのが特徴です。
その分、ザガーロのほうがプロペシアに比べ、高めの値段で販売されています。

どちらの薬も、使用する際は医師監修のもとで服用するようにしてください。

育毛サロンとの違い

サロンとクリニックの違いは、医師が在籍しているか、医療行為の有無、治療薬が処方できるかどうかが異なります。
育毛サロンでは、医師が在籍していないため、医療行為や治療薬などの処方はできません。
治療というよりは、リラクゼーションの一種と捉えてもいいかもしれません。

主に髪に栄養を与えるシャンプーや育毛剤を使って頭皮マッサージや髪のケアをします。
AGAクリニックで処方されるようなホルモンバランスを整える治療薬は処方してもらえないので、ご注意ください。

薄毛や抜け毛が気になってきたら、一度専門クリニックで診察してもらいましょう。

About

Categories: 療養・薬剤関連